« やっぱし貫禄です 御正体山 | トップページ | 夏の八王子城趾は。。 »

津久井三ヶ木地区

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ 

2011年6月16日 (木) 小雨 

ここはどこでしょう?Img_1965

出発しようとしたら篠つく雨、 丹沢に行く気は失せ 3時間後に再集合し、

Img_0001a こんな地図を歩いてみることにしました。(津久井湖観光センターでゲット。
三ヶ木、串川、青野原・青根、津久井、太井・三井、中野・又野の6種あり、商工会、観光協会が作成したので 
裏面に立ち寄りお店も出てます)

歩いたのは赤く囲んだところです。
  

Img_0001b_6

Img_1962_2 旧道志橋の橋桁

トップの写真も。
道志川が相模湖にながれこむところに、広い河原に残されている近代遺跡です。

な~んか 不思議な異空間。

頭上には現在の新道志橋。

Img_1980 広い河原には葭原があり
柳の木があり
山桑の木があり、
いやにだだっぴろい空間です。

上流のダムによる水位の変化で、水没することもしょっちゅうなのでしょう

それで新道志橋が出来たわけだし。

Img_1987 しっかし、ここに来る道は

昔の津久井と相模湖町を結ぶ街道だったのですね


Img_2000 道なりに行くと
三太旅館

「おらぁ三太だ」の舞台になったそうですが
そのラジオドラマ自体は、わたしにはちょっと伝説で・・

現在の当主の方によると、旅館はもともと、もう少し上流にあったとか

Img_1993 三年ほど前には、作者(青木茂氏)、出演者等々 ドラマに関わった方々が、集まったそうで・・

「お庭にはホタルが飛び交います。皆さま、どうぞおいでください。」

レトロな雰囲気の旅館ですよ

Img_2003 さらに道なりに上流に歩くと
弁天橋

対岸の山は去年登った、石老山に続く金比羅山では ア~リマセンカ。
いやはや 小山ながら急でござんしたのう。

弁天橋をわたり、道なりに行き、めだたない左折をして

Img_2015 寒沢の滝に出ます
「ほとんど地元でも知られていない、落差20mの滝、
水量は天候に左右される」
パンフレットの文章も 
イマイチそそりませんなぁ

しっかしきょうは 梅雨なせいか、けっこう豪快に流れ落ちていました

Img_2024 青山沈殿地

(横浜水道) 明治に作られ現在も使われています

道志の水は赤道を越えても腐らないという水。
フクシマの事故以来、大量の木炭を投入したとか?しないとか?

Img_2028  コーヒー 期待の
美味しいピザ屋さんは
残念ながら休憩時間で
締まってました

とほほ

しっかし、ここのピザはホントに美味しいんだから!

Img_2030 とぼとぼと石段を登り
安養寺をすぎ

裏の道を辿り
中央小学校のわきを抜け

ゴルフ場に沿って歩きながら
雨が降っていてもゴルフをやるんだねぇなんて、おしゃべりしていたら

Img_2034 三ヶ木のバスターミナル
戻ってきました

あ~あ

ちゃんと山に登りたいけど
梅雨空は 続きそうですね



【コース】三ヶ木バスターミナル - 旧道志橋 -三太旅館 -弁天橋 -寒沢の滝 -青山沈殿地 - 安養寺-三ヶ木 
【地図】津久井観光協会の絵地図

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« やっぱし貫禄です 御正体山 | トップページ | 夏の八王子城趾は。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津久井三ヶ木地区:

« やっぱし貫禄です 御正体山 | トップページ | 夏の八王子城趾は。。 »