« サルギ尾根のイワウチワ | トップページ | 霧の中にアカヤシオさく ☆ 蕨山 »

高反山、わんぱく登山♪

2011年4月16日 (土) 晴れ  

        西上州の地味山・高反山はこれ↓Img_0006   
取り付けあたりからの眺めです
山頂は奥のピーク、 右に張り出しているのが東尾根で
杉林の上に岩場が見えています。

P4160071 とある催しで、 上野村の高反山に登りました。

← とりつけは橋倉川第二ダム。

小倉橋を渡り最初の沢に入ります。
杉林の中、左岸に仕事道が伸びていきます。

Img_0017 ときどき崩れていたり、道形もさだかでなくなりますが、そこはうまくこなしていきます。

沢に流れなく、いくつもの支流が分かれます。滝であろう枝沢、そんな地形から現在地を確認しつつ、結構急勾配をぐんぐん登ります、
←地図にない林道終点?

P4160076

正面、植林がきれました。
奥に大きな岩がそびえています。

さてあの岩をどうやっつけるか?

初めての場所だったらナンですが 

Img_0021 打田リーダーのおっしゃるには 
「右を回り込むとスラブ状、下見のとき大変だったので、中央の岩の弱点を拾っていきましょう」

ということで、真上に向かい急斜面のザレを四つ足の猫になって登っていきます。

P4160079s 意外や、これは怖くなく、登れちゃうんです。だだ 落石には気をつけましょ。

←このザレ場に珍しいスミレが咲いていました 葉っぱの感じが今まで見たことのない感じ

Img_0040 大岩の基部をまわりこみ、岩の隙間を登っていくと小さな尾根に乗れます

左上に洞窟がぽっかり口をあけていました、その洞窟までトラバースして、ひと休みしました。

自然にできたなんとも大きな洞窟は神秘的。
もちろん展望はグー!

Img_0043 そこからすぐ東尾根に乗れました。

うってかわって 穏やかな、なだらかな尾根のようすです

「これが西上州の山の魅力なんですよ」ということ。

前に見えているのは偽ピークです。

Img_0062 双耳の鞍部に新しい電波塔?(防災の?)が立ち、林道がすぐ下まで来ているらしい。
林道を使うチョーらくらくコースが一般的とか。

最後に、ぐいとひと踏ん張りで高反山に到着しました。
お疲れさま

ものめずらしい展望、春霞。
南側にはギザ山がずらり。

Img_0069

Img_0085s_2 さて下山は西尾根を辿ります

尾根は自然に南に方向を変えます。

こんな雑木林、足元はふかふかの落ち葉です。

やがて大岩が真下に構えているので、左に逃げます

Img_0097s おお! 
そこは落ち葉のプール

打田リーダーは、転んでるんじゃありません
落ち葉の中を滑っているんです

落ち葉の滑り台はフカフカで すんごい楽しいんですよ! ひゅ~~!

P4160112s

林道を横切りますが、あくまで尾根を降り続けます。

しかし4本目の林道は横切らず、林道を歩きます。

やがて水道施設などが現れ、ほどなくして お里に出ます。

Img_0133s_2 白い花はプラムということ
なんとも可愛い花でした。

こういう催しに参加したのは初めてでしたが、思い切っていってみて良かった。

地図読み、地形読み。ルート判断の基本も教わることができました。

 happy01

おせわになったみなさま。 ありがとうございました

 

【コース】高橋・とりつき 10:00-林道終点 11:15-ハイ登り-大岩下11:45ー洞窟12:00-東稜12:15-高反山13:0045)-岩上14:00-林道① 14:20-送電塔209号14:30(15)-アンズ畑15:00-上野村ふれあい館
【地図】昭文社:西上州 2.5万:神ヶ原、両神山

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   soon あしあとへ

 

|

« サルギ尾根のイワウチワ | トップページ | 霧の中にアカヤシオさく ☆ 蕨山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/51421349

この記事へのトラックバック一覧です: 高反山、わんぱく登山♪:

« サルギ尾根のイワウチワ | トップページ | 霧の中にアカヤシオさく ☆ 蕨山 »