« ニリンソウの谷戸へ!!! | トップページ | 花を追っかけ さどに来た »

花咲く川苔山 真名井北稜と獅子口

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ happy01

2011年4月28日 (木) 曇りのち晴れ 

この日の川苔山は花の山でした 

Img_0375s_2 登りの800m圏の伐採地には、可愛いスミレたちが住すんでいます

アケボノスミレ

Img_0381s スレンダーなこのおかたは

スミレ

↑ Hgさんより <(_ _)>

Img_0378s_2 そしてこれは

ニオイタチツボスミレ

↑ 
Hgさんより <(_ _)>

華やかだのう



奥多摩の大丹波川沿いの北川橋あたりに駐車し、歩き始めましたが、
ひとつ上流の真名井橋のたもとに駐車した方が、よかったのでした。

大丹波川に流れ込む真名井沢の、北側に延びる尾根が真名井北稜です。

Img_0366s_2 前半は送電巡視路を伝います。

尾根上は、ゆるゆるとした植林と自然林が交互に現れます、

芽吹きの始まった雑木林の谷間では、ミツバツツジの気品のある紫にハッとさせられました。

Img_0370s 42号鉄塔をすぎると左に広がる大伐採地。
今やカヤトの原となり、よくみればコナラやモミジが植えられていました。

ヒーコラ登る足元にはトップの写真のようなスミレが点々と咲き、心を和ませてくれます。

Img_0395s 正面の檜の尾根に乗り、左折。

ゆるい鞍部を登りかえせば広々とした、すこし岩がちの雑木林になります。

アセビの緑の葉と白い花が可愛らしいアーチを作っています。自然林の続く尾根や谷。春到来を肌身に感じながら、楽しいハイキングが続くのです。

Img_0399s 真名井北稜ってコレなんだナ、この感じ、この感じ。

ときおりコブを越えます、けっこう鋭い岩凸で(巻き道もあります)、なんとなく凸を越えておりますと、岩凸にはご褒美のアカヤシオの花が待っているのでした!ハナガラが散りおちています

1168m 1168m手前の大岩のアカヤシオは満開でした、蕾の混ざる色の濃い木が多く、岩の上にてしばし鑑賞タイム。

その先は、思いもかけぬアカヤシオロードとなり、

あっ!
あれっ!

Img_0418s_2噴き出すように咲く
ピンクの花の豪華さに
つい、足も止まりがち。

1168mピークあたりがきょう一番の見どころでした

尾根はいっときヤセ尾根になります

Img_0437s やがて右側に
ステキな広がりの林が現れました。
この感じの林が、緑に変わったころは、どんななのでしょう・・・・lovely

ぜんぜん芽吹いていないとは、川苔山の標高差の大きいことを実感します、

Img_0439s すぐ先が赤杭尾根との合流。以前、真名井沢の頭という名札を見たような気がするのです・・・

小鳥たちがさかんに鳴き交わしています。
裸木の梢に潜んでいる緑は、いますぐ、バクハツし萌え始めるのでしょう
エネルギーがぐるぐるしています

Img_0448s 川苔山直下に何度も分岐が出てきまして、道標が完備しているのですが
頭の中の地図と道標の方向が一致せず 混乱してしまう辺りです

←曲ヶ谷北峰
 (頭の中では川苔山の向こうに日向沢ノ頭があるはずなのだ)

Img_0453s_2 防火帯をルンルン歩き、川苔山山頂に、到着

オヨヨ、誰もいない
こんな川苔山は 初めてです

オボロながら富士山も見えました
めでたしめでたし

Img_0472s 先の曲ヶ谷北峰に戻り、日向沢の頭方向に直進。

獅子口への分岐から、植林のジグザグ道を下ります。登山道は急降下な上、荒れていますが、フカフカで歩きやすいのです。
下るに連れ、木々の芽吹きが始まります 登りで巻き戻ってしまった季節が、早送りで還ってくる感じ

Img_0475s 獅子口に出ました。川の暴れたあとがあります。
冷たい水で喉を潤し、ゆっくりしたいところですが、小虫が多く焦って退散だぁ。

小屋跡をすぎるとステキな沢沿い道が続きます

Img_0485s_2



コガネネコノメ

Img_0487s_2待ってっていてくれたハナネコノメソウ と ヨゴレネコノメソウ

Img_0494s

清純派
アズマイチゲ

Img_0503s登山道の両サイドに
埋め尽くすように咲き誇るニリンソウ

 Img_0528s_2 清純派 ミヤマハコベ            清純派 ヒトリシズカ

Img_0529s 曲ヶ谷出合い

みんなの視線のさきには
アカヤシオの花があります

このさきも ステキな渓谷美の大丹波川が続きます。

お花は相変わらず咲き続け、水の流れや岩や苔がとても綺麗です

そしてなにより、両側の雑木林が素晴らしい

木々はじょじょに芽吹き、新葉が広がり、眩しい緑が輝いているのです

Photo チドリノキ 花が咲いていた

林道に出たのが 16:30  晴れ上がった青い空は夕方とは思えない明るさでした

しばらくは林道に咲く花を愛で筒の歩きでしたが、1時間半の歩きは少々長かったです

それでも、きょうは一日中 楽しかった。

 川苔山ってすごいね  !! 

【コース】北川橋P 8:50-真名井橋 09:10-尾根上09:45-伐採地上830m 10:40(10)-1002m 11:25-(細尾根)-大岩11:50(10)-1168m12:05(15)-真名井沢の頭(赤杭尾根合流)12:35/13:05-曲ヶ谷北峰13:25-川苔山13:40(10)-獅子口分岐14:10-獅子口14:35-曲ヶ谷出合 15:50(10)-林道16:25-P17:55
【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:原市場、武蔵日原

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   soon あしあとへ

Img_0492s なんやかんや言っても ハシリドコロは美しいのだ   ヤマエンゴサク

|

« ニリンソウの谷戸へ!!! | トップページ | 花を追っかけ さどに来た »

コメント

ba_sobuさん   はじめまして

hgさんの掲示板でお名前を拝見し、時々こちらへも伺わせて頂いていました。
お若いのに花に詳しくて、いつも静かそうな山へ行かれてますよね。
私の知らない山も多くて、どこだろうと思いながら拝見しています。

真名井北稜へアカヤシオを見に行かれたとのこと、
お互い、hgさんのリアルタイムを参考にさせていただいているみたいですね。
私は29日の予定でしたが30日の方が天気が良さそうだったので、変更して昨日行ってきました。
それにしてもba_sobuさんは早いレポUP。
ヤセ岩稜でアカヤシオを楽しんだ先の窪地の広葉樹林帯も素敵でしたね~
前回はガスって何も見えませんでしたが、こんな素敵な林だったんだ~って、嬉しくなりました。
そして、確かに以前は「真名井沢ノ頭」と書かれたあの味わい深い木彫りの山名札がありましたよね。
7年前には既になくなっていて、がっかりしました。

帰路は踊り平のアカヤシオも咲き具合が気になりましたが、
バスがエラク不便になって、16:50になっていました。
足毛岩も気になっていたので、西側へ下りましたが、
午後の日差しが少し出て、ミツバツツジも多くてきれいでした。

そうそう、いつか町田(たぶん・・・)のレポを拝見して、
お住まいも近くなんだと思った記憶があります。
こちらは山姥で申し訳ありませんが、次回更新の際にリンクさせていただいてよろしいでしょうか。
これからも時々お邪魔させて頂きたいと思います。
長くなってごめんなさい。

投稿: sanpo | 2011年5月 1日 (日) 11時21分

こんばんわ~。
大丹波川沿いの道、いいでしょう~。
季節をかえれば違った趣や花が楽しめますよ。
また是非、いらしてくださいませ。
因み、大丹波川沿いのアカヤシオは早い年なら
4月上旬から見られます。

投稿: Hg | 2011年5月 1日 (日) 21時13分

sanpoさま
足毛岩あたりのアカヤシオはいかがでしたか?
川苔山はホントにすごい山ですね
なかなか山頂に着かない大きな山ならでは、底知れぬ魅力があるのですね

リンクの件 もちろんOKです
というか こちらこそ 相互リンクよろしくお願いします
というか sanpo山のサイトのURLは?

投稿: ba_sobu | 2011年5月 1日 (日) 21時19分

Hg様
リアルタイムの輪が繋がっていますね
ありがとうございます

大丹波川、いいですねぇ
初めてだったので驚きました
もっともっと通いたいところです
夏にはイワタバコ咲きますか?
あとブログのスミレ お分かりですか?
このような綺麗なスミレをみると、やっぱり名前を知りたくなります。このほかにもいろんな種類のスミレを見かけました
あっ、Hgさんのココロは すでにツツジにあるのでしたね(笑) では 来年よろしくです sweat01

投稿: ba_sobu | 2011年5月 1日 (日) 21時27分

まあ、びっくり!
「はじめまして」ってご挨拶しておいて、
自分のアドレス抜けてましたね。
ごめんなさい。
最近(って、ずいぶん前からですけど)
○○のせいで、物忘れが・・・
HPは、「山の散歩道」といいます。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: sanpo | 2011年5月 1日 (日) 23時17分

お久しぶりで~す。
参考にさせていただきたいところがいっぱいなのに最近山歩きらしい歩きをしていません。
このレポ読んで懐かしくて つい・・・

うらやましいです。私が歩いたときはすでに遅し。
足元の花がら見てはザンネンだねえ。
その代わり 大丹波川沿いの緑が忘れられません。

やせ尾根の先のステキな広がりの林、やっぱりいいと思いますよね!
私のときは芽吹きが始まったばかり 新緑時はどんなにいいだろう と思いながら眺めてました。

見逃したところや記憶もまだらなところもあるので、また歩きに行きたいとずっと思っていたところでした♪

投稿: カルディナ | 2011年5月 2日 (月) 16時29分

こんばんわ~。
伐採地で見たスミレなら、上からアケボノスミレ、
(頭になにもつかない)スミレ、ニオイタチツボスミレ
と思います。

でも、この時期は大丹波川沿いに咲くシコクスミレが
一番嬉しいスミレとの出会いになるのですが^^;

イワタバコ、咲きますよ。
曲ヶ谷沢の方が多いですが、大丹波川沿いでも少し見られます。
夏もどうぞ。

投稿: Hg | 2011年5月 2日 (月) 20時21分

sanpoさん 本日 こちらにもリンクを張らせて頂きました
山の散歩道 すてきなサイトですね

わたしの行きたいところにも登っていらっしますし
参考にさせていただきます

カルディナさんもですが sanpoさんにも
どこかお山で会えたらなかと思います
そのときはよろしく

投稿: ba_sobu | 2011年5月 5日 (木) 21時52分

カルデイナさん
GWはどちらにお出かけですか??

わたしは どこかに行きたいと思いつ 日々すぎてしまい
直前に 思いついた山があったので 急遽、麓の民宿に予約(直前なのに空いていて良かったと思いました)。
それから 地図を買ったりなんやかんやして
どのコースにしようかなと、ネットで検索したら
カルディナさんのサイトがヒット

んが んが お花は3月末ではありませんか !!
じゃぁ 今は咲いてないのか・・・ということで
あえなく 宿をキャンセル
結果、どこに行ったかというと・・・・それは のちほど。

投稿: ba_sobu | 2011年5月 5日 (木) 21時59分

Hgさん
おこたえ ありがとう ございました
すぐさま直してしまいました

ニオイタチツボ? 鼻を近づけてみれば良かったです

スミレの名を知るのは手に負えないのでやめようと
思ったのですがつい、気になって・・・
こういうふうな生半可で身に付きません
んで、シコクとは?さっそく調べに入ります ^^;

投稿: ba_sobu | 2011年5月 5日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/51529987

この記事へのトラックバック一覧です: 花咲く川苔山 真名井北稜と獅子口:

« ニリンソウの谷戸へ!!! | トップページ | 花を追っかけ さどに来た »