« 里山たどりて卯年観音巡り | トップページ | 高反山、わんぱく登山♪ »

サルギ尾根のイワウチワ

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します~ happy01

2011年4月14日 (木) 晴れ 

Img_9864s
いわうちわ・・・サルギ尾根は咲きはじめ

Img_9855s 真夏日にもなろうかという晴れ晴れのお天気。
登山口の養沢神社に、あきる野市の指導標ができていました。
登りだしの急登には鉄製の手すりがあったし 昭文社地図も赤線昇格したらしいので、サルギ尾根は全国デビューです。

←養沢神社の龍の狛犬

Img_9879
杉・ヒノキ林が雑木林に変わるあたりから岩がちになります、
イワウチワの棲家です。

あれー 葉っぱがまだ小さい。
赤い葉っぱから、たくさんのピンクのつぼみが頭を突き出しています。
でも少しだけ咲いていました 
(トップの写真)

Img_9868 岩稜を過ぎるとしばらく雑木林が続きます。ダンコウバイ、キブシ、芽吹きの青緑、遠くの山腹には桜のピンクの塊。 なんともうきうきな早春の山です♪

高岩山を越えるとイワウチワ第二群生地ですが、やっぱし早すぎ、
っていうか、この春は遅いんですよ、いろんな花が、

Img_9893 そのまま展望台に上り詰めます

ジャストお昼。先客のかたがたとお花の情報交換などできて、有益なひとときをすごしました

ここが上高岩山と思っていたのですが、どうやら少し北の小山が正解のよう。そこからロックガーデンへの道が降りています、現在は「注意喚起」レベル。

Img_9901s_2  30分ほどで芥場峠にでます
峠のちょっと上にあったはずのカタクリやイチリンソウ、アズマイチゲの花園。
見逃したのか、わからないまま進みます。
いよい大岳山の山深い懐に吸い込まれていくような、岩場の道になります。
左側の切れ落ちた谷は、じゃっかん恐怖を誘います

Img_9916 そんな岩場にもたくさんのイワウチワがありました
大岳山の一帯はイワウチワの宝庫だったんですね

←大岳神社の狛犬
となりの御前山。湯久保尾根の鑾野御前神社のと似てません?

Img_9922s 馬頭刈尾根への巻き道は崩落のため通行禁止というので 大岳山頂を回ることに。

← 大岳山頂の道標

鋸尾根~馬頭刈尾根のトラバース道。
春霞ながら展望が開け、西日を大いに受け、足元は小笹に縁取られ、なかなかいい感じです。

白倉分岐をすぎ、上養沢への分岐で下ります
驚くほどの急降下道をぐんぐんくだり大岳沢に

Img_9940s    ハシリドコロ(左)、ユリワサビ(右)と思う、

Img_9952s      ハナネコノメ(左)、ヨゴレネコノメ(右)、
 Img_9961s   ヤマエンゴサク(左)、アジマイチゲ、キケマン(右)、

スミレも各種、エイザンスミレは自信あるけれど、あとはちょっと、ナガハノスミレサイシン?、タチツボスミレ?、アオイスミレ? 綺麗なスミレ

花に浮かれて、渓谷美を創り出す岩肌に浮かれていると大滝。
そしてすぐ林道にでました。

林道沿いも花花花の競演、キケマン、スミレ類はもちろんのこと、

Img_9988s   ヤマルリソウ(左)、ヒメレンゲ(右)、ジュウニヒトエ、

そしてソメイヨシノより小さな桜の花や桃の花・・・

このころ丘歩きばかりしていたので、今日はちょっぴり足に来ました

コース】養沢神社P09:00-836m 10:30(10)-高岩山11:00(15)-展望台12:50(40)-芥場峠 13:00-大岳神社 13:30(20)-大岳山 14:00(10)-大岳沢分岐 14:50-大滝 16:00-P16:50

【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:武蔵御岳

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   soon あしあとへ

|

« 里山たどりて卯年観音巡り | トップページ | 高反山、わんぱく登山♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/51393984

この記事へのトラックバック一覧です: サルギ尾根のイワウチワ:

« 里山たどりて卯年観音巡り | トップページ | 高反山、わんぱく登山♪ »