« 大島亮吉 山 紀行と随想 | トップページ | パン屋さん »

丹沢表尾根にて山納め

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年12月26日 (日) 晴れ

三ノ塔から烏尾山に向かう 川越高校登山部 ↓Photo_2

富士見橋で準備をしていると、ぞくぞく登山者がやってくる。
ヤビツ峠から歩いてきたひとたちだ。

平日ばかりのわたしにとって、休日の表尾根の人気は眩しい。

とはいえ、山の中は静かなもの。10㎝くらいの霜柱をザクザク踏みながら、快調に登っていく。急登もほどなく林道にでると、幾分なだらかになる。でも、石が多くて歩きにくいことに変わりない。

Img_8211 45分くらいするとあたりがひらけてくる。
振り返ると大山がなかなか端正な姿を見せている。
その右には相模湾がのっぺりと光っていた。
江ノ島も光る海にとろけそう。

← 丹沢にも若者が多くなったなぁ。

Img_8214 やがて二ノ塔に出る。

きょう初めて富士山とのご対面
ああ、残念、頂上付近に雲が湧いていた。 
これから晴れ上がってくれるかなぁ

← 目の前は三ノ塔
 どっしりとした風体です。
すぐ行きますよ♪

Img_8218 三ノ塔に出ると、北風ぴゅーぴゅー、ひえ~、身を切るようだ。

富士山は依然として,顔を見せてはくれない。
遠く南アルプスもおぼろに霞んでいる。

あんなに空は青いのに。

Img_8225s でも、目前の丹沢の尾根は見事なラインだ、 雄大な眺めをしばし鑑賞。

とりあえず、烏尾山まで行ってみる。
三ノ塔にはしょっちゅう来ているけれど、烏尾山は久しぶりだぞ

あれ、ガレバはこんなに荒れていたっけ。崩壊が進んでいるのかな?

Img_8234 烏尾山への登りの道の両側の笹は逞しい。
昔の丹沢の写真をみると、どれもこんな笹藪に登山道が綿々と延びているのだ。
かつての丹沢って、こんな笹が一面に繁っていたんだろうな

Img_8237 烏尾山の小屋は閉まっていた。ここ営業しているのを見たことがない

←設定を間違えたゆえ 幽霊のような風景です 

意外に広い山頂にテーブルベンチ、方位盤。
ひとけのない なんとも静かな山頂だ。

富士山を眺めながらパンを囓っていたら、中年の夫婦がけんかをしながら通り過ぎた。
ほんとうはここで、みやま山荘泊の友だちと待ち合わせの約束だが・・・

Img_8245s 塔の岳方面からの登山者は、みな前泊尊仏山荘という。
みやま山荘からなら、まだ時間がかかるのかも知れないと、少し先に行ってみることにした。
一本道なので、必ずやすれ違うだろう。

烏尾~行者岳の鞍部で、きょうはこんな富士山でした。

Photo 見かけほど登りは苦でなく、ずんずん、先に進んでしまう。
稜線の左側は崖が多く、丹沢って荒々しい山なんだなぁとしみじみ思った。

岩っぽい道を上がったところが行者岳だった。
北尾根をちょっとなつかしく覗いて、腰を下ろす。
ここで友だちを待つことにする。
石碑の水入れ?がガンガンに凍っていた。

Img_8252 ← のっぺり光る相模湾

ほどなくして友だちが来た。
無事合流、めでたしめでたし。

新潟は長岡のひとで、「富士山を眺めながら歩いてみたい」と、わざわざ新幹線でやってきたのだ。

Img_8258 「きのうは良かったのよ。 富士山はずっと見えていたし 日の出も綺麗だったし、それに霧氷が凄かった

「霧氷なんて見慣れてるのじゃない?」

「北国と違って、周りが白くないから、まるでお花のようなのよ 

Img_8255s 枯草がソヨソヨ、風に靡いているのも珍しいとか、
「だって雪で草なんて見えないの」

あ、そういえばそうか

Img_8261s_5  三ノ塔の小屋でランチをすませ 下山はヨモギ平経由にした。
富士見橋直行道は、おそらく霜どけで、ぬかるんでいるだろうから。

← 表尾根の写真撮影

Img_8273s この判断は正解、北斜面ゆえ、凍っている道を快適に下れた。それに、あちらより幾分なだらかだ。

ヨモギ平あたりまでおりると日向になりほっとする。ぶなの美しい台地でゆっくりする。

テンニンソウやマツカゼソウがトライフラワーになってそよそよ、風情がある。

Img_8274s ボスコキャンプ場を目指し、右折。 陽ざしをたっぷり浴びている大山に向かって台地を下る。

壊れかかった鹿柵潜りも面白かったみたい。

最後は立派なヒノキ林のジグザグ道、新潟に檜は少ないと、ここでも珍しがってくれた。

Img_8276s ボスコキャンプ場からは車道歩きになるが、
沿道のミツマタの蕾が白く膨らみ、まるで小さな白い花のよう。

もしかしたらこの春は、ミツマタ花、アタリ年かも・・ね。

【コース】富士見橋P 9:00-二ノ塔 10:00-三ノ塔10:10-烏尾山10:45(15)-行者岳11:20(30)-三ノ塔12:50(30)-ヨモギ平14:00-ボスコキャンプ場14:45-P15:10
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:大山

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 大島亮吉 山 紀行と随想 | トップページ | パン屋さん »

コメント

こんにちは~
先日は大変お世話になり
ありがとうございました!

初丹沢縦走で
富士山もバッチリ、霧氷も最高!
下山ルートもとても楽しかったです。
みつまたの蕾も初めてでした。

今日の越後長岡は晴れてます!
明日から大荒れの予報でチョッと心配です。

また、ご一緒して下さいね!

投稿: じゅんこ | 2010年12月30日 (木) 14時30分

こちらこそ とても楽しかったです
マタよろしくお願いします

長岡はまた大雪ではないですか?
お大事にして下さい

そういえば 先日奥只見に行った息子は遊んでもどったら
車が雪に埋まったいたそうです、
そんなにも降るものなのですね !!

投稿: ba_sobu | 2010年12月31日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢表尾根にて山納め:

« 大島亮吉 山 紀行と随想 | トップページ | パン屋さん »