« 藤野の秋 | トップページ | 丹沢の はたらくひとたち »

上成木から岩茸石山~黒山

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年12月2日 (木) 晴れのち曇り 

Photo_4 上成木の家並みには、古い村らしい温い雰囲気があります。。
家々も庭もきちんと手が入り、S字のカーブの道が やさしくよそ者を迎えてくれます。。
背後の丘には柚子の大木がずらっと植えられ、黄色の実がたわわに成り、朝日に煌めいて花のようです。

右のガードレールに沿っては、青々としたびわの木の列、白い花が爽やかな香りを漂わしていました。

Img_7782s 下には名坂沢が流れています。

←名だたる庭園のような、モミジや岩や苔や・・・流れる水はもちろん! 自然の調和力はすごい!

この川は護岸工事がされていない、そのせいかしらん、それとも、日常的に手入れされているのか?

Img_7808s 「枡が滝、岩茸石山」の道標に従い、左の道に入ります。名坂峠に繋がる古い道です。

もちろん、升が滝に寄ってみました。
道は大きく高巻き、見下ろす感じに滝見場ができていました。2段の20~30mの滝で 近寄れないけれど、華麗な滝です
なにより滝をなす岩肌が美しく、最後の紅葉に彩られ、実際は写真なんかより。なんぼか美しか、です。

名坂峠に向かう道には大きな岩がいくつかころがり、名札の立っている岩もありました

左 籠石  右 切石  それぞれ伝説があり、いかにも古い峠道らしいです

Photo_5
Img_7829s
峠道は、落ち葉の深い沢沿いに延びて行きます。
両側に迫る岩に刻まれた条線が美しいのです。

この道を歩く人は少ないのか?
有名な高水三山への道にしては サクサク歩きやすい。嬉しい道です。

←ワサビ田あと。

Img_7843s 名坂峠でお水を飲み、ただちに岩茸石山に向かいます。 ここがきょう最大の急登。

着いてみて驚きました。
なんか違うんだよね? 
かなり アッケラカンとしています。

そうか
伐採されたんだ。

Photo ←特に北側のが見え見え
先日行ったばかりの棒ノ折山や、これから行く黒山と小沢峠までの尾根。 
南には間近かに川苔山
その向こうに 本仁田山、鷹ノ巣山、じゃぁ、あのあたりが日原になるのだな。

じみじみ思う・・・川苔は立派だな、 また行ってみたくなってきたぞ。。

Img_7856s 岩茸石山からふたたび名坂峠におり、さらに北(西)の尾根を辿ります。
雑木と植林が交互に現れます。

雑木林はあらかた葉を落としてしまっているけれど、1,2本名残りのモミジが華やかな一画を作っています。

植林帯も、すっくと伸び枝打ちされた幹の列が続くので、気持ちよく歩けます、

Img_7881s さぁ、やっと黒山に到着。

完全な曇り空になり、太陽はもう顔をだしそうもありません。
あまり汗をかいていないと、着替えなかったのが失敗、だんだん体調が怪しくなっていたのでした、

それはさておき、下山道も当初は雑木林です。

Img_7894s 馬乗馬場(まのりばんば)で、林道を行くのも一興か?との案も出ましたが、やはり尾根を下ることになりました。
(季節によってはいいのではないかしら? 情報あればお教えください)

手入のよい植林帯、雑木林が交互に、あるいは尾根を半々に現れます。

名栗村の道標がたくさん立ってました。
名栗村がんばってるんだわぁ

Img_7905s 尾根も後半になると、ところどころに素敵なモミジが燃え残り、あたりに黄色や赤の世界を醸しています。

石の祠が点々と現れると、ヒノキ林の中に一本の大モミジが現れました。

あ、これは!
ときどき心に像が浮かぶあのモミジはここのだったか

( まったく わくしごとですが、このモミジの木を思い出しては、いったいどこのだったっけ?と、考え続けていたのです、一件落着、お祝いしたい気分 )

Img_7925s

そうして、ようやく小沢峠に

直進は 細田安楽寺とありました。
地図で見ると 細田集落には、うねうねと凸凹を超えていかねばなりません。
歩いてみたら昔の人の気分になれるかな?

小沢峠はトンネルのすぐ上、ということで10分も歩かず車道に下りました。

Photo_6 じつは 小沢峠に近づくとあたりのヒノキ・杉林の中に 見慣れた花がさいていました。

どうみても これはお茶ですよね
ほったらかしのお茶の木は、けっこうアチコチに、いえそこいら中に、
いったいこれは、どうしたんでしょう??

下山して真相が判明。 Img_7926s_2

『ああ、あの山はね、
昔は畑だったの。
今は木を植えてしまったけどね、前はお茶とかいろいろ作っていたよ』

小沢峠の下にはトンネル!

時代の流れを思います、昔の風景をふっと想像すると、ある意味で、現代より豊かな景色が思い浮かぶのです。 わたしたちは あちこちで、いろいろなものをなくしてきたんだなぁと、なんとなく思うのです

【コース】上成木P 08:50-登山口09:10-升が滝(+25)-岩茸石山 10:30-逆川の丸12;:10-黒山12:30(35)ー馬乗馬場13:25-長久保山13:55-小沢峠15:00(10)-P15:20
【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:武蔵御岳、原市場

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 藤野の秋 | トップページ | 丹沢の はたらくひとたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上成木から岩茸石山~黒山:

« 藤野の秋 | トップページ | 丹沢の はたらくひとたち »