« 竜門峡と栖雲寺と天目山温泉 | トップページ | 大島亮吉 山 紀行と随想 »

水根沢林道って楽しいな(^-^) 石尾根からカヤノキ尾根下山

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年12月18日 (土) 晴れ 

          <水根沢谷・悪谷中間尾根>

岩っぽい尾根にはブナの巨木たちが生えていました。
どのブナもマッチョ。  根っこは逞しく 筋肉もりもりです。

Photo

一年ぶりの石尾根へ、奥多摩湖から歩き始めます

     < まず 水根沢林道を >

水根沢林道は初めて、なんかこういう当たり前のルートを歩いてないんだと思いながら、沢沿いに延びるくねくねした道を辿っていきます。

榧ノ木尾根の上の青空がすごいPc180017

ときおり現れるワサビ田、水の流れの美しさ、植林ばかりと思いきや、葉を落とした雑木たちの明るい景色、すべてが心を浮き立たせてくれます ♪

ひゅ~ ニホンザルの一団が斜面を走っていきます。、
背中に小猿を背負った母親もいます、みんな流れるように走っています。

Pc180048s

水根沢谷の右岸に移り、いよいよ山襞の奥に入っていきました。
ぐるりと山に囲まれ、沢音と抜けるような青空

Photo_4ここまで来たのだから、悪谷っていうのを見たいなぁ

で、石尾根直下のヒノキ林を回り込み、水根沢を渡りました。

さらに奥に道が延びていて
悪沢にはワザビ田のあとがありました。
生活ひとの逞しさ、

Pc180053s  
腰を下ろして、ひと息つきます
。 
温かくて、明るくて、
ちょろちょろと水音が静けさをひきたてている、今このとき。
きょう欲しかったものは、すっかり手に入れたと思いました。

< さて、悪谷・右岸尾根を登りましょ。>
Pc180065s_2 なんと幹周り4m20㎝(メジャー携帯してるのだ) 立派なブナくんは、ウェルカムツリーか?

すぐ、大きな岩が立ちはだかってました。
注意深く巻いていきます。
地表に飛び出ている岩はなんとも頼りなく、スコスコ抜けるので油断なりません、頼りになるのはおまえだぞ、木の根くん 


Pc180077sふ~ やっと
緩斜面です
おそらく1200m圏?。なんと40分もかかってます。

この先も、緩急取り混ぜた尾根が続きますけど、危険なところはありません。

枯れたスズタケが出てきます。ちょっと前なら、猛烈なヤブコギを強いられたと思います。

1350m圏の緩斜面あたりになると、ブナの巨木がどかどか現れてきました。

Pc180084s まっちょな ブナの根っこが印象的 (トップ写真)

ほら見て! 悪谷の斜面を鹿の親子が駆けてく。

大きな木々を誉め、くまだなを見つけ、隣の山並みや、抜けるような青空にしびれながら歩く道は 最高に楽しい

Pc180099s スズタケの茂みの向こうに、オオミズナラが見えました。辿り着いたら、そこは石尾根の巻き道(登山道)でした。 さっそく計測(笑)

さらにひと登り、スズタケを漕いで石尾根に上がります。 ごほ・ごほ・ごほ・ごほ(咳止まず)、

石尾根にでました。
あらもう 12時半
どうりでおなかが空いてるわけだ

   <ランチは水根山を越え、南がひらけた展望地にて>

Pc180110s
風もなく 素晴らしいお天気。
う”~ 鷹ノ巣山は遠いなぁ こんどは、行くよ~ん

Pc180112s  <で、下山はカヤノキ尾根 >

大好きな尾根です。

とはいえ 久しぶりに歩く尾根

こんかい、ダケカンバが多いってことに、気がつきました。

Pc180120s 落ち葉も深い。陽が斜めに射しこんで 影が長くのびてます。

がさがさ がさがさ 軽快な音がします

しかし、いつしか音が消え、わたしたちは静けさの中を歩いていました。フカフカな足裏、そう、今はカラマツ林を歩いています。

ホウノキ地帯では じゃぶじゃぶ 盛大な音がします。わざと大きな音を鳴らしていたりして(笑)

耳や目や香り きょうは足裏の感触さえ楽しめてしまう (ふふ、わけあって運動靴なのさ)

Pc180122s 驚いたことは、倉戸山近くは くまだな多いことです
これじゃ、完全に定員オーバーでしょう?

倉戸山には 15時30分着
お天気がいいのでずっと明るくて助かります。

Pc180116s ←カヤノキ尾根の旧型の林班標

カヤノキ尾根から大麦尾根に入り なおも盛大に落ち葉を踏みながら、コケながら、ふざけてるんじゃないです、マジです。転びます、転がります ハハハ・・

そして鹿柵のドコデモドアから、園地に滑り込み、
ベンチで温かいお茶を飲みながら、奥多摩湖や御前山の大ブナ尾根を眺めたりしました

Pc180127s 園地の道を駐車場に向かう間です。

じゃーん、お立ち台には
カモシカ登場です!

♂♀カップルが仲良く、わたしたちを見下ろしていました。

バイバイ、ってか?

冬の奥多摩って なかなかなもんでございますね 

【コース】奥多摩湖P07:30-ハンノキ沢・滝08:50(10)-カヤノキ沢出合 09:45-悪谷右岸尾根 10:30(5)-巻き道12:15-石尾根12:35-ランチ場13:15/14:00-榧の木山14:40-倉戸山15:35-大麦尾根-鹿柵16:15-P16:30 
【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:奥多摩湖

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 竜門峡と栖雲寺と天目山温泉 | トップページ | 大島亮吉 山 紀行と随想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水根沢林道って楽しいな(^-^) 石尾根からカヤノキ尾根下山:

« 竜門峡と栖雲寺と天目山温泉 | トップページ | 大島亮吉 山 紀行と随想 »