« 棒ノ折山 白谷沢コース +うふっ | トップページ | 藤野の秋 »

水ヶ森

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年11月25日 (木) 晴れ 

水と森という名前の山。 水ヶ森。 なぁんかロマンチックでしょ?

帯那山に山頂近くまでタクシーで行ってしまえば、あとは ぐ~たら防火帯を歩けばいい、最後はちょっとだけ登るけどね、と、たいそう なめきった態度で出かけたのです。

Photo

帯那山から見る 水ヶ森。 三角形の堂々たる姿です。
バックは奥秩父の山々で 右は朝日岳から国師岳・・・、
左は金蜂山、五丈石がくっきり見えています。

帯那の山頂では、すっくと美しい富士山か出迎えてくれました、
甲府からの富士山は左右対称の均整の取れた形。しかし画像は失敗で、、、

Img_7624 山頂から北に向かうと、じき奥帯那山、三角点があります

かつてはここが帯那山と呼ばれていたそうです。

カラマツ林を北へ向かいます。

Img_7623s すっかり葉を落としたカラマツの梢越しに、
うわっ!

青い岩肌と雪の華麗な山々。
南アルプスがずらり勢揃いしてました。

ガスが上がる前に。。。早く展望のあるところに出たいなと

せっせと稜線を西に、西に、、、

Img_7638s すると 突然防火帯に出ました

ぜっけい!

南アルプスがどっか~ん。
特に甲斐駒が間近に迫っていきます。

鳳凰三山も迫力満点。地蔵岳のオベリスクが針のように尖って見え、仙丈岳は気高い雪の衣裳です

Img_7644s 眼下には昇仙峡が、みえみえ

そのまま、防火帯を北に進みます。
予想どおりルンルンな道
♪ ♪ ♪
両側はカラマツで パッとひらけているわけではありませんが、 雪を被った山々がかいま見え、楽しい道のり。

Img_7659s 尾根の角度が変わると
八ヶ岳の白峰がそそり立って見えます。

右側には奥秩父、金峰の左の瑞牆山も意外にハッキリと尾根が読めます

おお、そろそろ水ヶ森でしょう。 前方のコブのもひとつ向こう…

Img_7672 ← 弓張峠

峠を越え、一コブ越えたら
なんという、急勾配


なかなか着かない水ヶ森

登りはかなり キツイです
ましては 下りは … 
 大丈夫かしら?   

Img_7697a ←やっと到着した水ヶ森です

訪れる人は少ないかも知れません

静かな静かな
なにもない山頂

そこがなんとも
好ましい雰囲気なのです 

Img_7707 サテ、下山、
予定では、登ってきた道を戻るつもりでいましたが、あんな急なとこを おりるのはまっぴら、 どうせなら反対側に下りてみましょう。

あるやなしやの道を追い1530mまでなんなく来たけれど  いやはやこちらも急なこと!
でもね、さっきよりマシと 恩賜林標を確認しならがら東へと下ります
ま、
急だけど危ないことはなく というか、内心楽しんでしたりして… (笑)

Img_7706s で、1430mからは境界尾根から分かれ、右側の緩斜面に移りました。

さくさくさく、落ち葉の最高にすてきな斜面です、
林道への着地もスムーズに出来た 

めでたし めでたし

水ヶ森の登降で、すっかり満腹したので復路は ぶらぶら林道をいくことに、しました。

左側には ずっと、ずっと すてきな水ヶ森が ついてきます

Img_7720w
ありがとう、楽しい1日を!
ホントに ありがとう!

そして帯那山から富士山にサヨナラをいって、タクシーに電話しました。

【コース】山梨市駅→(タクシー¥5120)山頂下登山口 09:00-帯那山09:30(10)-奥帯那山09:50-防火帯10:20(20)-弓張峠11:25-水ヶ森12:15(35)-林道13:25-弓張峠14:00-帯那山15:00(10)-朝の登山口15:35→(タクシー\5120)山梨市駅16:05
【地図】昭文社:奥秩父(金峰山、甲武信)  2.5万:甲府北部、茅ヶ岳

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 棒ノ折山 白谷沢コース +うふっ | トップページ | 藤野の秋 »

コメント

こんにちは。

水ヶ森、懐かしいです。
以前に戸市から歩いて、昇仙峡に下りました。
単なる藪山という印象でしたが、南アルプスがきれいに見えるのですね。知りませんでした。

投稿: リブル | 2010年11月28日 (日) 21時41分

リブルさん レスおくれてすみません

水か森 不思議な山ですよね
どうでもないただの山で 防火帯やら林道やらで
スポイルされてる感じだったけど
山頂には 急登急降下必須でしょ?
 
舐めきっていたわたしたちには良いお薬でした

昇仙峡まで! 健脚ですね(^-^)
防火帯で展望が開けるのは一箇所だけです
奥帯那山のさきで 防火帯に出会うところ、
ここでガスっていたら見えません
この防火帯を南に下りるとどこにつくのでしょう?
ご存じですか?

投稿: ba_sobu | 2010年12月 5日 (日) 11時21分

水ヶ森は確かに急登でしたね。

昇仙峡へは林道歩きが長いだけであまり面白いとは言い難いですけど、黒富士などの眺めが良かったことと鹿の突進に遭ったことだけは覚えてます。

奥帯那山の先は帯那山、その先は上帯那もしくは要害温泉方面です。自分は歩いたことがありませんが、帯那山から積翠寺に下って要害温泉で入浴するのもいいプランかもしれませんね。

投稿: リブル | 2010年12月 5日 (日) 19時29分

リブルさん こんばんわ
そうですね
あのあたりは 林道が発達しているんですよね
甲府の人はお気軽なハイキングコースとして
温泉とからめて 自由自在に歩いているみたいですね

以前 リブルさんのレポを拝見して深草観音にいったとき
ハイキング道、道標がいろいろできているのに驚かされました

調べればいろいろ歩けそう
良い情報ありましたら ぜひ お教えくださいませ

投稿: ba_sobu | 2010年12月 5日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水ヶ森:

« 棒ノ折山 白谷沢コース +うふっ | トップページ | 藤野の秋 »