« 7月の終わり・草原の丘 | トップページ | 白山1 別当出合から室堂 »

白山のすてきな人

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年8月6日 (金) 晴れ  Img_5062s 

8月1日~3日 加賀の白山を歩きました。たくさんのお花や巨木は想像以上の素晴らしさでした。

でも、その話をする前に、ぜひ留めておきたいすてきな人のことを 書きます。

大汝峰から中宮道に向かう・→

今回は、白山の北側の道を下りますが 選んだのは中宮道。

お花松原、北弥陀ヶ原・・ 次々に現れるお花畑に酔いしれながら、たっぷりな時間を楽しみました。

Img_5202_2 やがて緩やかな登りになり
地獄覗きのピーク
その後は地図で見るより急な下りです。 


← 真名古の頭(2129m)を振り返る

三俣峠を通過し、小屋までは、あとひとつ、ゆるいピークを乗り越えるだけ

Img_5205_2 道は明瞭なのに、両側から笹とか草が被り足元が見えづらい、
道には溝があり、木の根ら石があって、
左は切れ落ちているので かなり気を遣います

そんなとき 前方に人影・・
登山道の草刈りをしているお二人でした。
Photo

「ゴマ平避難小屋までまだですかぁ・・」
「もう少し ここ下れば着きますよ」
わたしたちが小屋に着いたのは 20分後の15時50分です

Photo_3 二人が戻られたのは さらに2時間後の18時でした。  この日の登山者の4人は1階に陣取り、夕食を済ませ、冷えたビールでいい気分になったころ。

「これはこれは! お疲れさま。今まで作業を?」

はい。陽のある間はやっています。

Img_5221 こうやって小屋泊まりで作業するのは 3日間が限界ですから、 休みはほとんどとりません、油を注したり刃を研いだりするとき止まるぐらいかな。
あすは 小屋から草を刈りながら下山なのですよ。

← 刈り払い前 笹が繁茂してるが道は明瞭

Img_5267_2  自分らは石川県から委託され、白山の登山道を整備をしているんです。

以前は 役所にお金がありヘリが出せたので、業者が年1回、入っていました
でも緊縮財政でヘリが出ないとなると、やる人はいなくなったので、自分が会社を興してやることにしました

Img_5229← 道が綿々と続く

草刈りというのは 年に一度ではダメなんですよ。
以前の業者は雪渓の所は刈り残して終わらせてしまう。だから夏にはヤブコギが必要な道になってしまうのです

役所は「夏に草を刈れ」というが、それではダメ。

Img_5330_2 まず春、雪が消えたとき、笹を刈ります

すると今まで笹の間で、ひ弱に生きながらえていた花たちが、芽を出し成長します
花たちは いくら笹が繁茂しても絶えないで 続いているんですよ。

← 道沿いにイワカガミ

Img_5227

それから 秋にも刈ります。来春の芽生えのため?です。
そうやって じょじょに笹が後退し、草の道になり、草を刈っていればと花の道になるんです 

← 道沿いにマイズルソウ(実)

Img_5230 そうしたら あとは春にだけ刈れば、良いのです
そうなるまでには 何年もかかりますけどね。手を抜いたら すぐ元に戻ってしまいます

← 道沿いにシモツケソウ

「年に一度」という役所とは、ずいぶん言いあいましたよ。
なかなか分かってもらえないです。

Img_5305 自分は、役所の発注以上のことを やっている、という自信はありますね(笑)
ここを任されたころは 中宮道も 加賀禅定道も、岩間道も、ヤブコギの道で それはそれは大変で、そんな道は誰も歩かなかった、

← 道沿いにサンカヨウ(実)

Photo_5 いまは どの道もヤブコギはいりません 
でもね、 年間100人?くらいしか 歩く人はいないんだなぁ:::

ぜひ秋には歩いてほしいです  
加賀禅定道はお勧めです~

Img_5297 この避難小屋から下はね、今は面白くないですよ。
というのはウソ。

巨樹を見ながら歩いて下さい、
なかなか素晴らしい。
たとえばカエデ、あらゆる種類のカエデがあるんですよ、だから秋は素晴らしい、さまざまな色に染まります。

Photo_4 巨樹の中でも ぜひシナノキを見ていって下さいね。すぐわかります。春先はほんのりした芽吹きの色が、それは綺麗なんです。

雪が消えると。最初の入山です。
まず 倒木の処理ですね、
道の崩落があるかなどもチェックします。

Photo_6 雨が降っても、ブユに刺されながらも、草刈りはやりますよ

白山を愛していらっしゃることが、びんびん伝わってきます
「身をもって白山を守る作業を続けられている」って すごいことです

Photo_7 偶然出会えたすてきな人、こういうひとがいるのだから。。いいなぁ

この出会いが 今回の白山登山の 最大のいいことだったなぁ、と思います

草刈り人の お名前は
乾 靖さん 49歳 

乾さんのサイト→ white mountain
(リンクさせていただきました)

じつは乾さんって、白山の草刈り人というだけでなく
 いろいろな活躍をなさっている、なかなかな御方なのでした。

どうか いつまでもお元気でご活躍ください

次回は 白山の登山レポで~す 
まず 白山1 別当出合から室堂へ

    

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 7月の終わり・草原の丘 | トップページ | 白山1 別当出合から室堂 »

コメント

こんにちは!
先日はお疲れ様でした!
秋にもまた来て下さいね!

白山の凄い映像見ることが出来ます。
NHKエコチャンネルをご紹介します!!
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_mountain_20100410_0389

投稿: 乾 | 2010年8月 8日 (日) 00時02分

こんにちわ、はじめまして。

白山のお花松原のクロユリをなつかしく拝見しました。今度は加賀禅定道を是非歩いてみたいです。
そうですね。自然との出会いに感動する我らですが、なにより心に残るのは、人との出会いではないでしょうか。乾さんのような方に出会えるなんて、格別な事でしょう。
今年は荒島岳のついでに白山神社等を巡り、白山信仰、山岳信仰への想いを益々深くしていた折、御ブログを眼にし思わず書き込んでしまいました。
リブルさん、komadoさん経由でいつも拝見しています。
これからも、相模湖情報愉しみにしております。

投稿: zio | 2010年8月 8日 (日) 09時54分

乾さん 百四丈の滝の大きなツボを見せていただきました
ああいう造形ができるなんて びっくりしました。
壺のところまでいらっしゃいましたね。
大きさにまたもや 驚きました
酷暑に涼しい風が吹きました
ありがとうございました

投稿: ba_sobu | 2010年8月 8日 (日) 18時18分

zioさん
お名前は前から存じておりましたので 「はじめまして」という感じではありませんね

こちらにもきていただけて 嬉しいです
わたしも次はぜひ 加賀禅定道をと思っています

秋は本当に素晴らしいそうです。

白山レポこれからアップするつもりで 頑張っています 中宮道は楽しい道でした

zioさンの歩かれたころと 変わっているでしょうか? 同じでしょうか?

 

投稿: ba_sobu | 2010年8月 8日 (日) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白山のすてきな人:

« 7月の終わり・草原の丘 | トップページ | 白山1 別当出合から室堂 »