« めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) | トップページ | ヒカゲつつじの京ヶ倉は、 歴史ある山城である »

倉沢かいわい  ミツドッケ

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年5月2日 (日) 晴れ 

4月はずっと冷たい雨に降り込められていましたが
5月になってやっと 晴れ晴れとした日が続くようになりました

待ってました! 
心は山に向かいます。

久しぶりの日原・・といっても倉沢界隈ははじめて、
林道入り口ちかくに車を止め倉沢沿いの林道を歩きます。 
まばゆい陽射し・豊かな色彩。耳元には心地よい水の音、

Img_2521                         鳴瀬橋付近

ふだんよりずっと水量が多いとか 4月にたくさんの雨が降ったおかげ?

Img_2546留橋から山に入ります。

左の尾根に刻まれた巡視路を、一歩一歩たどっていると

わくわくすると同時に 心があらわれるような心地よさ

Img_2548

桟道をわたり ヒノキ林を抜け、もっと もっと歩きます
やまざくらのピンクが、芽吹き色の中に交じって、
華やかな一角を作っています

Img_2566 川音が聞こえてきました

倉沢の支流 茅尻沢
ああ、休憩かと思っていたら

そのまま尾根を回り込み
そしたら、そしたら 
なだらかな下り斜面になり、
なんとも清らかな林が
待っていて、
その奥にまた川があるようで

Img_2575s
塩地谷ですよ
ああ、ここが・・・

川べりでのんびりすごし

来た道を戻り ヨコスズ尾根の幕岩尾根に乗ります。急登のアセビの尾根です。

中腹に大きな岩が現れたので、すり抜けます。つつじの多いあたりです。
左からの尾根がヒノキ林といっしょにやってきました。
傾斜が少し緩まりアセビが消え 涼やかな雑木林になります。
よこすず山の東尾根  

イヌブナの大木 ミズナラの大木 それはそれは見事です

Img_2624s まだ芽吹きが来ていないこのあたり、

緑の季節はどんなにか重厚な森になるのでしょう。
それとも 軽やかな森?

よこすず山には11時過ぎに到着、思いのほか 時間がかかったものです

「一杯水小屋までまだ遠いなぁ」、地図を見ながら、小さくため息
じつは はらぺこだったので・・ 

Img_2642
よこスズ尾根は歩きよい

意外にスイスイはかどって 30分で小屋に到着

Img_2644 しっかし!
こっから 三つドッケまでがつらかった

なんせ腹ペコが応えました。トホホ

Img_2655 ランチは ←の見える三つドッケの北の岩場

じつは赤ヤシオがいっぱいあるのだけど
残念だねぇ、ほら そこの木だってアカヤシオさ。

わお、赤ヤシオ、たくさんあるのにねぇ

ということから、ランチのあとは ハナド岩まで見に行くことに

ひょいひょい尾根道を ハナド岩についてみると
まだ固いつぼみ、でもたくさん、並んでいました
ハナド岩のアカヤシオはことしもきっと 豪華だろうな

下山は棒杭尾根。名だたる急坂の尾根です
下るにつれて芽吹きが始まり、桜やつつじが咲き出します

P5020080_2 
きょうは そのまま降りないで
巡視路の横道に入り、ふたたび今朝の塩地窪を訪ね出発点に戻りました

Img_2570s_2 やはりあそこはとくべつな雰囲気の場所に思えます

【コース】倉沢林道入り口 07:15- 魚留橋08:20-塩地窪 09:00(15)-横篶山11:10-一杯水小屋11:45(15)-三ツドッケ12:20/13:25-ハナト岩13:50-棒杭尾根15:00-魚留橋16:40-P17:10
【地図】昭文社:奥多摩  2.5万:武蔵日原

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) | トップページ | ヒカゲつつじの京ヶ倉は、 歴史ある山城である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉沢かいわい  ミツドッケ:

« めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) | トップページ | ヒカゲつつじの京ヶ倉は、 歴史ある山城である »