« 越沢から鉄五郎新道へ | トップページ | めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) »

津久井・久保田酒造

2009年秋 そして 2010年春のこと 

                               
                                                                 Img_2170s                                               ”相模灘”で有名な久保田酒造は、津久井の根小屋(今は相模原市緑区)、串川のほとりにあります。

創業1844年という古くからの 造り酒屋とか、
いまは 久保田家の若い兄弟が中心になって酒造りをしています。

その一日を、
相模女子大学の学生が
取材させて頂くことになりました。

2009年10月7日  打ち合わせ

この冬の酒造りはまだ 始まっていません。
蔵の掃除をし、道具を準備し 酒米の到着を待っているところでした。

Img_0128s

Img_0136s

Img_0148s

静けさの中に、
「いよいよ これから!」という緊張感が漂っていました。

Img_0133s

お酒造りについての 楽しいレクチャー 

2009年10月25日 いよいよ 撮影当日 

Img_2158s

雨模様の寒い朝でした。

窓から吹き上げる白い湯気は
酒造りがはじまったしるしです

さぁ、撮影だぞ

Img_2159s

Img_2169 扉をあけて中にはいると、ふわっと香るお米の匂い、
真っ白な湯気に圧倒されます。

正面のドームのようなのが蒸し布。

大釜の上に甑と言われる蒸籠?を載せ
お米を蒸しています
今まさに酒米が蒸し上がったところでした

Img_2179s

蒸したお米を計量し

バケツに入れて

廊下を走ります

Img_2180s  

きょうは 100㎏の
お米を蒸したそうです

Img_2183s

蒸し上がったばかりの熱いお米は、
素手で広げ さまします。

全体が」均一になるように何度もひっくりかえすのです。

Img_2178s

カメラアングルの調整

Img_2202s

ある程度冷ました米は 、
麹室(こうじむろ)にはこびます

ありがたいことに麹室の内部でも撮影させて頂けることになりました

きちんと消毒をしましょう

Img_2230s 狭い麹室は二重扉
室温は35度に保たれているそうです

まだ熱い米を 麹の繁殖に相応しい温度まで冷まし、
米の上に
麹菌を撒いていくのです

細かな麹菌が無事米の上に舞い落ちるよう、動いてはいけませんし、声をたててもいけません

Photo

祈るような緊迫感があり、取材側もその緊迫感にとりこまれています、

まわり続けるカメラは、この空気をどのように 捉えてくれたでしょうか。

Img_2213

取材する学生も真剣です

カメラはけっこう重い!

狭いところで三脚が使えず…

Img_2195s_2

別の部屋では
酒母(しゅぼ)を作っています

タンクの中は
お米と水と麹だそうです

Img_2254s

午後は 久保田兄弟に
インタビューをさせていただくことになりました。

現在、お酒の販売所になっている、久保田本家の母屋にて。

Img_2248s_2       母屋の内部              酒造を見下ろす

それから5ヶ月 すっかり春になりました

Img_1812 ニリンソウが咲いていました  
酒造の奥に祀られている熊野神社? 水の神さまだそうです

Img_2029

酒造では、最後の お酒も絞り終えたそうです

これから 焼酎造りとか

今回 学生たちの撮影した映像は 11月いっぱいかけて、『若き蔵人たち』というドキュメンタリー作品になりました。

 12月 j:comチャンネルで放映され  
さらに 3月
「さがまちバンバンアワード2009」の最優秀賞に輝いたのです

取材に応じて下さった 久保田酒造に心から感謝します

相模女子大学人間社会学科宮澤ゼミのみなさまがたと
一緒に楽しい夢を見させていただけました 
 
ほんとうにありがとう  

Img_2179 なお ただいま
 伊勢丹相模大野店 2Fにて

久保田酒造がお店を出しています  
 4月14日(木)~19日(月)
相模原市政令指定都市移行記念 
さがみはら自慢  2階ギャラリー

お近くの方はぜひ いらっしゃってみて下さい

久保田酒造 ホームペ-ジ  

もう一枚

Img_2223s_3

 

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 越沢から鉄五郎新道へ | トップページ | めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) »

コメント

ウヘッ、力作!!

ずーっと追っかけてたんですね。

投稿: タカ | 2010年4月20日 (火) 07時40分

ただ 見ていただけなんですが・・・
内部を見ることが出来たのは ラッキーでした。

ココの酒蔵には 前からお酒を買いに行ってました

投稿: ba_sobu | 2010年4月21日 (水) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津久井・久保田酒造:

« 越沢から鉄五郎新道へ | トップページ | めぶきと桜とつつじと春の陽ざし (鐘ヶ嶽) »