« イデン沢をたづねる | トップページ | すわらし(寸沢嵐)から石老山 »

雪の九鬼山

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2010年1月14日 (木) 晴れ 

おととい、けっこうな雪降りだったようです。中央線の車窓から見下ろす田んぼや道路、家々の屋根は真っ白だし、前道志の鳥屋山~倉岳も大分積もっていました。
禾生駅に下りると、ホームは雪かきが済み、小さな駅舎内では火鉢に乗せられた鉄瓶がチンチン沸いていました。

Img_0488s_2

落合橋から朝日川沿いに右折し、レトロ感たっぷりなアーチ型レンガ造りの落合水路橋を潜ります。

Img_0491s

きょうはラクチンな杉山新道を登ります。登山口から雪の道、まだ誰も歩いていな道でした。あばら沢出合では 「山腹道1号路」を選択。「みゆき尾根」方向は草深く雪がかぶっていました(みゆき尾根は2005年11月)  

歩きやすい1号路といえども、登山道脇の笹の雪が道にしなだれかかり、ザックや帽子が雪まみれになってしまいます。
じき 植林のジグザグ道になると快調に高度を稼げます、

Img_0513s 展望台から

あっけなくみゆき尾根に合流できました(弥生峠)
けれど、どこもかしこも雪でザックが下ろせない。

Img_0520s 久美山のダブル道標

そのまま山頂直下の富士見台まで歩いてしまいました

「わっお、」す んばらしい富士山、雪煙をあげて寒そう。
北風が吹き抜けるし、ベンチには雪が積もっているので 
九鬼山の山頂まで行ってしまいます。

山頂付近には 謎の文字テープ

Img_0527s


「立入禁止」は意味不明 と みなで謎解き 枯れ木ばかりに張ってあるの気づき
「登るな危険」「触るな危険」の意味ではないかと 判断しました

そして九鬼山の山頂へ!

Img_0530s
大菩薩奥多摩方面

山頂からは 大菩薩から大峰その奥の雲取山など奥多摩の見晴らしが素晴らしい。
やはり雪に覆われていたので、すぐ北の尾根を下りました。

Img_0537s_2 岩場なのだぞ

なうての岩道ですが、雪がかぶっている分、怖さは半分ですんだかも。
ロープあり。岩道が終わりホッとしたところで、道は尾根を外れ左の尾根をトラバースします、

Img_0544s トラバース

トラバース道もまっさらな雪のまま、ちょっくら緊張するけどワクワクも大きい。

最後はご褒美で、銀色のクリスマス・イルミネーションのような梢のアーチを潜ることができます。

Img_0553s

アーチが終わると陽ざしがどっと押し寄せる雑木林。
明るい道は 紺屋の休場へとわたしたちを導いていきます

Img_0560s 紺屋の休場

 「11時半だけどランチにしましょ♪」 紺屋の休場は見晴らしの良い展望地。
桂川沿いに開ける集落や田んぼ、高速道路や富士急の線路が鳥瞰できます。
下りてきたばかりの九鬼山が堂々と立派だし、富士山も、大菩薩も!!
ベンチの雪をのけてハイテンションなランチタイムになりました。

札金(サッカネ)峠は暗い切通しです。目の前の急坂を一気に登り馬立山に立ち、
少し戻って田野倉尾根(7667m植野山を通る)に入ります。

Img_0587s 田野倉尾根に

午後の田野倉尾根は陽ざしいっぱいで、とても明るい。

途中、、南側が開け風も来ないという絶好な場所でティタイム。
真正面の富士山や、下りたばかりの九鬼山を惚れぼれと眺め、ゆっくりしました。
きょうの山行きの良い締めくくりでした

Img_0592s 午後の富士山

Img_0589s 九鬼山を振り返る

【コース】 禾生08:05-落合橋08:15-登山口08:35-弥生峠09:35- 久美山10:05-富士見台10:15-九鬼山 10:25-紺屋の休場11;20/11:45-札金峠12:00-馬立山頂13:05-下山口14:55-田野倉15:00→(タクシー\1700)大月15:15
【地図】昭文社:高尾陣馬  2.5万:大月、都留

Img_0606z 下山したところ

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« イデン沢をたづねる | トップページ | すわらし(寸沢嵐)から石老山 »

コメント

komadoさんのところで昨日はていねいに教えていただきありがとうございました。

意味不明のテープのところの尾根は下りに歩かれていたんですね。登りだと思ったので、あんな調子の表現になりました。失礼しました。私は1月10日に九鬼山に登り、下山道に田野倉尾根を目指して山頂を後にしました。ところがトラバース道に入るところで魔が指し、何の予備知識もなく朝日小沢方面に下りました。

今度は諏訪神社から登りで九鬼山に挑戦することになりそうです。

ところで、こちらのブログはかなり以前から拝見させていただいているばかりではなく、ときおり後追いで山に行くことがあり、実はたいへんお世話になっています。

たとえばキュウワ沢出合いから丹沢山、とくに三角沢ノ頭から日高までの光景は忘れがたいところでした。ヒルにまつわりつかれたのも初体験でしたけども。イワタバコが倉岳山でという情報もこちらで得まして行ったのですが、これは見ることはできませんでした。花の実物を一度も見たことがないので、登山道でキョロキョロしただけでは分からないのでしょうね。

すいません、たいへん長くなりました。申し訳ありません。また何か教えていただく機会がありましたら、その節はよろしくお願いします。

投稿: yygg | 2010年1月17日 (日) 19時02分

yyggさん こんばんわ
ようこそ いらしゃってくださいました

前からご覧になってくださったとは 嬉しいやら恥ずかしいやら Komadoさんの記事と違ってとんちんかんなところもありますので ご容赦を

倉岳の イワタバコは翌年 仲間が行きましたら
減っていたと言うことです、
年によって お花は違うのかも知れません
イワタバコは 沢の水が流れている岩に咲きます
花より葉っぱに注目で 一回見つかれば そのあとは何度でも見つかると思います。
ぜひことしは 対面をはたされますように 

yyggさんの楽しい山のお話も ぜひお聞かせくださいませ


投稿: ba_sobu | 2010年1月18日 (月) 22時41分

 こんばんは 初めてTさんのブログ見させて頂きました。

山行きも実際に雪の輝きや、富士山からの風までも

感じられる素敵な写真と文ですね。

 おいらは木だぞは50枚全部開きましたがタイトルの

入れ方がいいですね。季節のお花の繊細な絵も優しい

感じです。
 
 本日お出で頂きただならぬご縁も感じました。

これからも宜しくお願いします。

また遊びにきます。

  
 山を自然を愛するって素敵なことですね。

投稿: 活版屋おじさん | 2010年1月21日 (木) 20時54分

活版屋のおじさん様

ありがとうございます
青空に雲が光るを さっそくごらんいただけたのですね


オイラは木だぞは 第2シリーズを
そして 新シリーズ きらきら☆氷の作品展を 始めたいと思っていますので これからもよろしくお願いします

津久井の話題 情報 たくさん知りたいです
いろいろ教えて下さい

投稿: ba_sobu | 2010年1月21日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の九鬼山:

« イデン沢をたづねる | トップページ | すわらし(寸沢嵐)から石老山 »