« 透明な空気の中の ヨモギ平~三ノ塔 | トップページ | 藤野丘陵すてきな里山漫歩 »

オッ立南面からお坊山の雑木林

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2009年11月7日 (土) 快晴 

笹子駅から東へ桜公園へ向かうみちすがら、錦繍の衣をまとう滝子山が目の前にあらわれた。山裾の紅葉は、最高潮を迎えていた 

道証地蔵までくると、右下に大鹿沢を隔て、これから歩く尾根が盛り上がっている。

Img_2491s

まずは手前のあの鉄塔まであがらねば。Img_2501s


道証地蔵から滝子山への登山道に入り、途中で巡視路を辿りずみ沢を越えるとひと登りで75号鉄塔の台地に立つ。

おやつを頬張りながら、前方(北)を眺めると、眩いばかりの丸ドームが待っていた、

A_7  オッ立の南尾根はキラキラ

鉄塔から次のコブまでは右半分が植林、
でもそのあとはどこもかしこも
ナラやクヌギの黄色の中に、細かな赤い葉を散りばめたイロハモミジがひときわ目立つ。
朝の強い光が射しこんでいるから 色はますます冴えわたる

Img_2505s

ひゅう とか ひゃぁ とか 感じたことはそのまま言ってしまう
ふだんの生活では味わえない解放感ってここちよい

Img_2542s_2    スゴイ急登だ、
よじ登るようにエイエイエイ
急登は確かなことなのに、休みたいと思わない。
先に行けば行くほど素晴らしい景色が待っているから、しらずしらず登っている。

標高が上がるほど木々は裸になっていく。
けれど点在するイロハモミジだけは、ますます燃えさかる。


その根元に辿り着こうと、紅葉に埋もれながら、ぐいぐい足を動かすのだ。

そんな落ち葉のじゅうたんに身を委ねてみると、まぁなんてフカフカで居心地が良いこと、
見あげれば青空いっぱいに、ぱぁっ~と広がってるのは 赤い細かいモミジの葉。

Img_2550s
背中にフカフカを感じながら見あげてる

オッ立も山頂に近づくと石がちになる。
むこうに見える丸いドームが、しずかにわたしたちを待っている。

A オッ立山頂 

なんだかこのままずっと過ごしてもいいじゃない?と 口に出したくなる空間だ。
うっかりするとほんとうに時間がながれていっちゃうぞ、

Img_2561s

「お昼はお坊山でね」と誘惑を断ち切り西へと稜線を辿る

A_8 伸びやかなり大鹿山の稜線

そういえば大谷ヶ丸からお坊までは、はじめて歩く
いやはや こんなにすてきな道だったとは !

いきのよい若い木々の間に、貫禄のぶなやミズナラがデンと立つ

Img_2571s_2

大鹿山の巻き道にはいると両側には緑の笹が 西日をあびてきらきらしている
「いかにも秋の午後って ふんいき~~~ いい感じ~」 
まだ12時を過ぎたばかり、お昼も食べていないのに
Img_2580s_2

やがてお坊山への登りにはいると、まさにお坊山の軽やかな雑木林になる。
初めてこの山に来たとき(東南尾根)の感触が、記憶の底から蘇るのだ

Img_2593s

A_9お坊山でランチタイム  の~んびり

東峰にて。シートを広げ 靴を脱ぎ ぼそぼそよもやま話しながら お湯を沸かし カップめんをいただき ミカンをいただき コーヒーを入れて ごろん~~~~~~~~~~~

……気がつけば1時間 もう少しいても良かったなあ ~~

A_10 一気に下れるお坊南尾根

南尾根はお坊山への最短経路(と思う)、Img_2605s_3 今まで2度ほど登ったけれど
降りるのは初めてだ
が、いやはや急なこと急なこと、とくに出だしはバランスをとるのに精いっぱい
足だけが勝手に下ってしまい
周りなんか見てられない

1100mほどまできてやっと人ごごちがつく。

落葉した林を透かしてぼやけた山々、笹子雁ヶの台形や、遙か三ツ峠のかんざし頭が見える。

やがて ここでもイロハモミジの競演が。

Img_2608s_2

もう陽ざしは傾いているけれど、さすが南尾根
いい彩りで わたしたちを楽しませてくれる。 ありがとう 最後までありがとう

送電塔台地で一服して、巡視路を下る。川沿いは分かりづらい道である。
堰堤のところで川を渡り 山神さまにチョンと手を併せ、

里におりたち振り返れば、満艦飾のお坊山
西日をめいっぱいあびて誇らしげだった
  

Img_2620s_2

A_11 そしておまけ

恒例の 笹一新酒祭りです、
おかげで笹子近辺の紅葉を 毎年楽しませていただいておりますのです

あ~~ もっと  が 強かったらなぁ
みんなのように ぐいぐい飲んじゃうのだけどなぁ

Img_2488ss_2

 きょうのおたから

←ボタンズルの実

【コース】笹子08:20-道証地蔵 09:20-送電塔75号 10:00(10)-オッ立 11:40(15)- 大鹿峠12:15- お坊山 13:00/14:00- 車道 15:30- 笹一15:40/16:40-笹子 16:48
【地図】昭文社:大菩薩  2.5万:笹子

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 透明な空気の中の ヨモギ平~三ノ塔 | トップページ | 藤野丘陵すてきな里山漫歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オッ立南面からお坊山の雑木林:

« 透明な空気の中の ヨモギ平~三ノ塔 | トップページ | 藤野丘陵すてきな里山漫歩 »