« 横尾山と飯盛山を繋ぐのは  緑の笹とススキ道 | トップページ | 秋を待つ なべわり »

夏は終わりぬ・篭坂峠~鉄砲木ノ頭

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2009年9月10日 (木) 晴れ 

初秋の 篭坂峠~鉄砲木ノ頭 出発は山中湖・パノラマ台

Img_0961s_2

カメラマンたちも集合し、駐車場はいっぱい。
出揃ったススキの穂が光を受けて眩しい朝です

Img_0969s 東電寮BS(今はハイキングコース入り口)に向かう道すがらクサボタンのステキなヤツを見つけました♪  
お花の向こうの深い青が嬉しいよ

タクシーで籠坂の墓地まで (2600円ぐらい)

墓地を突き抜け、樹林の中の火山灰地の登山道を歩きます

Img_0975s ワサワサしすすぎな林ですが、きょうは光が行き届き、隅々まで明るいのです、
やまぶどうの蔓やミズヒキ・ヤマハッカななどを見ていると、あっと言う間に アザミ平・立山分岐に。

分岐は右の立山方向に。
溝状の道はふだんなら 憂鬱になりますが、きょうはコケさえ朗らかな道!

Img_0981s_2

稜線に出るとそこはブナ林。

「わっ! 恐竜の足だっ」

涼やかなブナ林は
ひとけなく
大好きです

やまなしの実はまだおちてないねぇ・・・

小山町の基準点(三角点?)の平まで足を伸ばしユーターン
アザミ平に向かいますImg_0992s

うっすら秋を匂わせる森

Img_0989s_2  マムシ草もグラデーション

アザミ平に到着しましたが

今は「あざみ」の名が付いた由来もわからない、(フジ)アザミどころか お花がない、いえ植物が生えていない
火山灰地の荒涼としたハラッパになってしまいました。

昔の姿に戻そうと ロープが張られ植性回復の努力が続けられています

Img_1020s 大洞山のブナの森

三国山付近、以前訪れたときはこんなふうだったのですが、
今回は トリカブトがほとんど見られす、ポツポツと 矮小な株があるだけで…

Img_1005s

いったいどうしちゃったのでしょう?

Img_1064s 鉄砲木ノ頭

大分雲が出てきました

Img_1070s 山頂の白のフジアザミは健在

これからが見頃のよう♪

Img_1056s

ハンゴンソウはすすきの中から

鉄砲木ノ頭はなんといってもすすきです

お花が少なくなってしまったのが寂しいけれど

すすきの中を下って行くのは これはまた楽しいものでした。

Img_1074s

【コース】パノラマ台P-東電寮 08:45→(taxi2600円くらい) 篭坂峠・墓地 09:00-立山(三角点) 10:00-アザミ平 10:40-大洞山11:30(60)- 三国峠 13:45-鉄砲木ノ頭14:05(30)-15:00 
【地図】昭文社:富士山  2.5万:駿河小山

Img_1080s では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

|

« 横尾山と飯盛山を繋ぐのは  緑の笹とススキ道 | トップページ | 秋を待つ なべわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏は終わりぬ・篭坂峠~鉄砲木ノ頭:

« 横尾山と飯盛山を繋ぐのは  緑の笹とススキ道 | トップページ | 秋を待つ なべわり »