« 秋を待つ なべわり | トップページ | 優しい木々たち鶴ヶ鳥屋山 »

御小屋山 神の森は静かなり

(写真はポップアップウインドウで拡大できます)

2009年9月26日 (土) 晴れ

たまたま美濃戸に用事ができました。
せっかく行くのだからちょっと歩けるところありませんか?とお聞きしたら 勧められたのが御小屋山です。
10年ほど前、阿弥陀岳から下山のおり、たしか山頂は踏んでいたはず。
でも、あまり覚えていません。 
登山するほとんどの人にとってはただの通過点、特に下山で使うとなると・・・。

出発は今夜宿泊の太陽館、管理をされている写真家の武藤昭氏に、「奥宮に続く道は 御柱(おんばしら)街道というんですよ」と 小屋の裏手にまっすぐ伸びる道をご案内いただきました。
「ゆっくり遊んでいらっしゃい」

Img_1287s間はたっぷりあるので ほんとに遊びながら歩いていきました。

クサフジ、われもこう、ノアザミ、ノコンギク、名前の知らないつややかな赤い実。

あ、やまぶどうがたわわに実ってるじゃありませんか。ヤホー! さっそく収穫です Img_1296s

の字分岐には道標があり、右へと阿弥陀岳方向にむかいます。

すぐ小沢を渡ります。
小沢といえ水量は豊富、やがてカラマツかな?  ともあれ針葉樹の林になります。

Img_1323s  ところどころに 赤ペンキを施された棒が地面に突き刺してあり、番号と日付と地区名が記され 不気味というか・・ 恩賜林標に似ているような…? 緑の森に赤いペンキがなまめかしいし、棒の数がただ事でない感じ、
「神事のひとつなのかしら?」などと いろんな想像を掻き立てられます。

Img_1317s_2 針葉樹林の中は 
陽射しを浴びたシラカンバの幹が輝き、まとわりつくキズタやハゼの葉は真っ赤に染まり、細かな笹の広がる中に、点々と青いヤマトリカブトの花が散らばっています。

どの木も草も、しっとりした空気が気持ちよいのか、生き生きとして見えるのです
Img_1316s                          勾配もない、はっきりした一本道をブラブラ歩いていると ちょっとした広場があり 鳥居つきの立て札が現れました

文体がなんともいかめしい、

大きな樹木が聳え立ち、もしかしたらそろそろ奥宮かしら・・と、なおも進むと小屋が。

天祖の小屋ほど大きくはないけれど 雰囲気が似ています。物置小屋の立派なのという感じ、まさか、中に奥宮が祀られているってことはないでしょう、地図にある マークはこれ?

こんな雰囲気の森が広がっています 

Img_1342s

巨樹と、笹の広がりと 射し込む光の 静かな静かな森です

Img_1339s

ひさびさに【阿弥陀岳→】の道標が現れました。 
そのままいけば 尾根に上がってしまいそう。

ちょっと待って、こんなすてきな森から、あっさり出るなんていやだわ、
と 道からはずれ、(かすかな)凹地状の底に向かいました、

小鳥の声を浴びながら、静謐という言葉を噛み締めながらてくてくてくてく

そのとき、石の祠にであったのです 

Img_1376s_2


なんともひそやかな祠です。 
「ああ、奥宮だ……」 と 直感したのは雰囲気のなせるわざ?、 
隣には 朽ち果てた大きな切り株があり、鳥居が祀られていました。

なおも 神さまの森を歩きます、
祠の裏には 清水が湧き、小さな流れになっています
トリカブトが点々と咲き、クリンソウの葉がたくさん……6月ころは 
豪華な赤い花園になるでしょう。

Img_1374s

さわら? ひのき? しらびそ? もみ? 
覚えられない針葉樹の名前だけが頭をめぐりました

Img_1380s

かれこれ 1時間もいたでしょうか、
神さまの森を後にし、いよいよ御小屋山山頂への尾根道にのることにしました。



久しぶりの登り勾配をせっせと歩いていくと シャクナゲ道になります。

Img_1429s
シラビソに混じってダケカンバ、カエデも多く、カラマツも色づきはじめました

さっきまで曇りがちだったのに いつの間にか晴れ上がり 
爽やかな空気は、秋の香り♪

舟山十字路からの道を合わせ、なおも高度を上げてゆくと、右側の樹林が薄れ、際立ったおおらかな三角錘がみえました。八ツのひとつ西岳です。山腹は燃えており、濃緑とのコントラストがすばらしい。

松の香りに酔いしれ、寄り道やよそ見をしながら、・・・ フラフラ歩いていると
美濃戸分岐の指導標、その先の広場には境界標識……
アレレ 三角点はどこかいな?


Img_1417s まぁいいか、
あとで探せばいいや
 
それよか 心地よいお休み場ないかなぁと
どんどん行くと 
登山道の一角におひとりさまの草地がひろがっていたので、ありがたく使わせていただくことに。

Img_1415s Img_1423s

Img_1419s  深い苔たちの、、
 
 奥秩父にいるかのような・・・
 風景もあります

 三々五々、
阿弥陀岳から降りてくる人たちが通り過ぎます。

そろそろわたしも帰ろうかな

Img_1425s そのとき腰に籠を下げた キノコおじさんがやってきて マツタケをみせてくださいました。芳しい香りは久しぶり 松林に似合ってるわ~~

おじさんいわく
「もうちょっと行けば、阿弥陀岳が見えますよ せっかく来たのだから見てらっしゃいな」

ということで登っていくと、ところどころ南側がひらけ、西岳、編笠、権現などが かいま見えまました   西日を受けた岩肌や紅葉が輝いています 

Img_1442s_2

Img_1424s_2 15分ほどで ようやく阿弥陀岳が 樹々のスキマから顔を覗かせてくれました。さすがに険しそうな阿弥陀様のおつむです。

御小屋山の三角点も確認でき、美濃戸方面に下ります。

シャクナゲの道をバンバン下ると あっけなく車道にでてしまいした。

Img_1360s ちょうどお散歩中の別荘住人の方がいらしたので お話しをしながら裏道をたどり、朝の御柱街道にぬけ 太陽館に帰りました、

振り返ると御柱街道の先に
阿弥陀岳が聳えていました。
もたもたしていたら 雲に隠れてしまったのだ

では また~  (^_^)/~

山域別レポ一覧は   あしあとへ

【コース】 茅野10:20→(\900)太陽館11:10/11:25- 登山口 11:45-諏訪神社奥社 12:10/13:05-舟山十字路分岐 13:55-御小屋山 14:20- Uターン 15:05- 御小屋山15:25-車道16:05-太陽館17:00→樅の木荘 (\300) 17::50→太陽館 18:00
【地図】昭文社:八ヶ岳  2.5万:八ヶ岳西部

翌日Img_1490s  

諏訪神社
上社(本宮)

|

« 秋を待つ なべわり | トップページ | 優しい木々たち鶴ヶ鳥屋山 »

コメント

御小屋山でしたか。

八ツは茸が豊富でしょ。

投稿: タカ | 2009年10月 2日 (金) 07時18分

キノコ採りの方もそうおっしゃていましたが
わたしには・・・
麓のカラマツ林に ジゴボウも探しましたが
見つかりませんでしたし・・・

掲示板に キノコの話題載せますので
ごらんください

投稿: ba_sobu | 2009年10月 3日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御小屋山 神の森は静かなり:

« 秋を待つ なべわり | トップページ | 優しい木々たち鶴ヶ鳥屋山 »