« 加入道山さらり | トップページ | 薮をくぐりて辿りつく☆涼やかな山頂の☆加入道山 »

津久井城山・発掘中

2009年5月25日 (月) 晴れ (写真はポップアップウインドウで拡大できます)

きょうは小倉口から城山で一番険しい男坂コースで山頂をめざしました

Img_7071

新しい道標も出来、男坂も整備され歩きやすくなっています。

津久井城山の東北側は切り立った崖。みおろすと怖いほどです。
その崖沿いに尾根が伸びているので、深山めいてます。 
男坂コースが 他の登山道と異なるところです

最後はぐいぐいワイヤにすがって登りきると女坂と合流、
ほどなくして 鷹射場にでます。

南東が開け、相模川のゆったりとした眺めが見下ろせます

ベンチの下には・・ Img_7373
ありじごくが棲んでいます

鷹射場からは稜線を西に。
3~4本の堀切を越えると、山頂の本城曲輪(くるわ)に到着。


発掘調査はクライマックスを向かえていました(5月末までの予定)

作業はちょうどお昼休み、みなさんのんびりと休んでいらっしゃいます。

Img_7376

専門家の方が、偶然訪れたわたしたちにていねいな説明をしてくださいました。
今回の成果は 山頂を取り巻いている土塁の、切れ目のひとつを掘ったところ

Img_7375 モンと呼ばれる場所

↑階段状の石組みが発見されたということ
本城の入口ではないかと推測されるそうです、 
わたし 「なるほど、なるほど」

別の専門家は山頂の古城碑を示し
「この石はデイサイト(二酸化ケイ素SiO2
なかなかいいものです」との説明。

いつの時代に建てられたじゃなく
なんで出来てるかに興味があるのか
これも 『目からうろこ』 でした

Img_7383_2 発掘七つ道具

ランチは山頂の本城を取り囲む土塁にて

今まで何故山頂がえぐれているのかと不思議だったのですが えぐれているのでなく、まわりを盛ったのであって 昔はもっと高く、おそらく有事には さらに木や竹で高く築き、敵方を上から追い落としたりなど、容易に攻め込まれない工夫がなされてたそうです

発掘作業の方の中には蝶の愛好家がいらして 「ここは凄いところだね、いろんな蝶が集まってくる」と ずっと見続けていらっしゃいます。
4月10日にも、別の愛好家が同じことを仰っていたので、「本当にここは蝶の観察にはすぐれたところなのか!」と 素人のわたしは感心することばかりです、

モンキアゲハ ・・・ 大きな黒いあげは蝶 白い紋が目立ちます 

帰りは南側の道を 車坂の四辻までくだり、左に折れて、山をぐるリ巡るハチマキ道を伝い出発点に戻りました。

花が終わり さまざまな実をつけた植物たち

Img_7372 ハナイカダ

     ミツバウツギImg_7384

Img_7379 ナツトウダイ

     タツナミソウImg_7386

Img_7387                                  

これは
何の実だろうか??

Img_7419

葉です↑

花も新顔たちが登場

Img_7391 スイカズラ

       ホタルブクロImg_7394

そして 花がらも落ちてましたが・・ 
これは分からない  ホウごと落ちているので なにかの雄花?

Img_7395なんだろう

エゴノキ、ノイバラ、ウツギ類が多くありました

Img_7390_2 
キイチゴ、モミジイチゴ、
ヘビイチゴ
、・・・
おいしい季節です
ナワシロイチゴ、コウゾ
もう少し待ってね、

 ナワシロイチゴ→

そうそうヤマグワがそろそろ熟してきましたね、

|

« 加入道山さらり | トップページ | 薮をくぐりて辿りつく☆涼やかな山頂の☆加入道山 »

コメント

お…。
お~!
掘れば出てくるんだね~。
ba_sobuさんは貴重な体験したね。
僕も見てみたいなあ。
っていうか発掘してみた~い!
津久井城山ってとっくに調べ尽くされたと思っていたけど、まだまだ謎があるんだね。
ん~ロマンティック~!

あり地獄すごいね。
棒でつついたりして遊んでみたいなあ。

発掘現場に興味あるなんて、ba_sobuさんの視点には、いつも目からウロコです。

投稿: かず | 2009年5月29日 (金) 19時11分

発掘現場は偶然の遭遇
地味な作業はニガテだなぁ
でもお宝が出てくるんだとしたら、がんばっちゃうかも


まじに城山はロマンありますよ
戦いの時は 500人くらい山上に立てこもっているそうなのですが
下の部落に通じる抜け穴が発見されたとか、
攻めてくる敵をわざと迷わせるような道のつくりとか。

山頂に立つと 仙洞寺山とか藤野の蜂岡山とかみえて
あの山から狼煙が上がったのかなどと想像すると 楽しいです

あと 私の好きな昆虫は ななふしです
理由は かわいいから

投稿: ba_sobu | 2009年5月29日 (金) 21時55分

蟻地獄~~言われなかったら解りませんでしたぁ(^^ゞ

ハナイカダに実が付いてますね~~イイナァ!
黒く熟した頃にお逢いしたいのですが、
思いが通じないのか?
逢うのは雄の木ばかり…(笑)1度は見てみたいです。

ヤマグワ♪
手が真っ黒になるけれど、美味しいですよねぇ。

ナナフシ……って木みたいな昆虫ですよね?
ba_sobuさんってばマニアック??だったりして(笑)
あたしは、青いカミキリムシに逢ってみたいな。

投稿: れれちゃん | 2009年5月30日 (土) 17時12分

れれちゃん 「黒く熟した頃にお逢いしたい」ってなぜ?
ハナイカダの実って 美味しいの?

それにハナイカダに雌雄があるのは知りませんでした


緑のカミキリムシも知りません。
黒いヤツは手を噛むから こんちくしょうなヤツなんです

ナナフシはね、
両手両足をせいっぱい伸ばして胴体と一直線にして葉の主脈に化け 真ん中の足を葉の側脈と同じ角度にして すっかり葉っぱになりきっているのを見つけてから 意地らしくなりました、
もし そんなナナフシの写真をとれたらお見せします。
自分はバレていないと信じて、近づいても動かないんですよ。
飛べないし 歩くのは超へたくそだし、仮装だって実はかなり雑、
良く生きていけると思うのです。

投稿: ba_sobu | 2009年5月31日 (日) 18時39分

気付かないだけかもしれませんが、
ハナイカダの実って1回も見た事無いのですぅ~^^;

私が見たいブルーのカミキリ君は…『ルリホシカミキリ』
図鑑見て一目惚れしたのです~(笑)

ナナフシって、あたしに似てるわ~
…って仮装はしないけれどね(笑)
シャクトリムシのように、木に擬態するかと思ってたんですが~葉っぱの方とはねぇ!w(゚o゚)w
カモフラージュしてるトコ、見てみた~い!
見つけたら激写して下さい~~!面白い写真になりそう!

投稿: れれちゃん | 2009年6月 2日 (火) 08時36分

ななふし

枝に擬態しているのを見ることの方が多いのです
両手をピーンと伸ばしているのがね、かわいいの

葉っぱのね、もし出会えたら もちろん写しますお見せします !!

ななふしは毎年 我が家の玄関の植え込みの決まっている木にいます

まさか 同じ固体じゃないとおもうのですが なんかね
「うちの子」みたいな気がしてくるの

 

投稿: ba_sobu | 2009年6月 2日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津久井城山・発掘中:

« 加入道山さらり | トップページ | 薮をくぐりて辿りつく☆涼やかな山頂の☆加入道山 »