« 春四月花のアルバム◇里山 | トップページ | 新緑の林の花たち◇里山 »

春霞・ゆったり相模川は流る

2009年4月16日 (木) 晴れ

花見の季節も終わり丘陵は新緑の季節にう移ろうとしています。
春霞の一日 の~んびり川の流れを追って歩いてみました

相模川が山から平野部に流れこむ辺りに、津久井湖があります。
ここには水の恵みをお借りした発電所や浄水場などの施設が集中しています。

Img_6370_2
スタート地点 奥にみえるのが新小倉橋  上流に城山ダム発電所があります

今回は相模原市の上大島キャンプ場(バス停・清流の里)がスタート
なるべく川沿いを歩き ゴールは昭和橋の先の磯部の予定。

キャンプ場あたりは桜の名所で、1~2週間前は溢れる桜の花・花・花でした 
広い河原に遊歩道が整備され 気持ちの良いお散歩スポットです。

Img_6371s 遊歩道が終わる辺り

遊歩道が尽きると左手が崖になり先に進めないので 仕方なし、山道をエイコラ道路にあがります ”やつぼ” 水のわき出るところ、細いけれど滝などあります

古い家屋や畑と新しい住宅の並ぶ細道を縫って、適当に歩いて行きます。
所々川の方に向かう道がありますが・・・川までは降りられないらしい

Img_6378s_2 

「お、この道はOKじゃない?」と 細道を降りてみると、河原に降りられたのですが、高い塀に囲まれた産廃処理の会社?のような所でした。
脇をすり抜け、河原の車道を下流に向かうと

Img_6381s

神沢(かんざわ)不動尊 なかなか立派な 来て良かったと思える神社です。
もし、あのまま上の車道を歩いていたら、ここまで見に来たかどうかは?  
「正解の道のりだったわね」と結果オーライ、参道を辿り再び上の車道へ。

住宅街を歩いているとまたまた川に降りる道。こいつは見過ごせません

Img_6390s

しかし川べりのポンプ施設(崖の上)で行き止まってしまいました。
そうウマイ話は続かないですね。 戻りましょ。

やがて左には畑地が広がり、右側は川の気配がするのですが高い木々と藪。
おそらく河岸段丘の上を歩いているのでしょう。


Img_6400s

そのうち右側の木々の間から覗くと川沿いの道が見えたので躊躇せず河原に。 
ヤッホー 広々とした河原で~す。

Img_6404s

Img_6409s_2
コゴメツメクサ一面に咲く 

高田橋に到着です。
河川敷で休憩、暑い陽ざしに川風は、なんと心地よいこと 

5月ゴールデンウイークには 1200匹以上の 鯉のぼりが川面を飾るとか
泳げ鯉のぼり相模川

「どこまで行くだね?」 ゲートボールを終えた方々が寄ってきました
「昭和橋まで」と答えると「いい道があるんだだが・・・」と みながわいわい次々と情報をくださります…… 「あ、あ、ありがとうございますっ」Img_6417_2

なおも川沿いの土手道を辿ります。ところどころに池のようになっているところがあり、つりびとが糸を垂れています。 
「これはな、へらぶなダヨ~~」

望地弁天休憩 

Img_6424s 弁財天の南の川沿い

広い農地が広がっています。地元も方を見つけて さっそくお話を伺います。

「左は河岸段丘、もともとあそこまでが、ずっと石ゴロの河原だった。
右の堤防を作り、間をこのような農地にした。その堤防もなんどか決壊し、さらに高く積み上げた、上に出ると段が分かる。 今はダムが出来たり砂利や砂を採ったりしたので、川面が 大分下がった。 もう水が溢れるようなことはない。」

わたしたちは堤防上をのんびり歩いていきました。

Img_6428s

対岸の、柳の新緑の柔らかい景色にうっとり。

Img_6430s

Img_6438s その堤防が尽きるころ
農地から河岸段丘の上に乗り、
閑静な住宅街の脇の公園のような歩道に導かれ、

Img_6440s

やがて工場地帯となり、
建設中の橋をくぐり、
新昭和橋 昭和橋と過ぎると 車の音も激しく、排気ガスなど 現実に引き戻された感じ。

昭和橋からは 河川敷に作られた、何面もの野球場の、その脇の小径を辿ります。

Img_6444s_2 

ふたたびお馴染みの雑草や蔓たちに出会え ホッとしました

河原には葦?が茂り 草も茂り、水たまりもあり 動物たちも 虫たちも 鳥たちも 集まってきそうな雰囲気。

Img_6450s

もちろん人間たちにとっても 心の癒される風景です

Img_6458s_3 

ようよう 磯部の用水路の取水堰に到着。
三段の滝の公園となり 休むのにいいところです。
でも、あと一息と遊歩道を辿ります。 あと一息のつもりが 1時間

やっと広報誌に出ていた 磯部の芝桜まつり会場のピンクの土手に。

ついに
お昼にありつけました。
めでたしめでたし

Img_6467s

わたしが目を引かれたのは これ ↓

Img_6469s

5月の4日~5日に行われる 相模の大凧まつりの準備の 台座
このような骨組みが いくつか作られ、地元の方のリキの入れようが伝わってきました。 

芝桜の土手から JR相模線相武台下駅まで 15分ほど
駅までの道すがらには、れんげ畑が広がっていました。

Img_6474s

【コース】清流の里 08:00-神沢不動 09:00-高田橋10:30(15)-望地弁天11:15(10)-昭和橋12:00(15)ー磯部芝桜土手13:20(80)-JR相武台下14:55
【地図】相模原市の観光地図
(現地での聞き込みと現場での勘を優先)

Img_6460_2 
 
では また~  (^_^)/~   

 山域別レポ一覧は     あしあと へ

 

 そろそろお山が恋しいわぁ

|

« 春四月花のアルバム◇里山 | トップページ | 新緑の林の花たち◇里山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春霞・ゆったり相模川は流る:

« 春四月花のアルバム◇里山 | トップページ | 新緑の林の花たち◇里山 »