« 御殿場線に乗るぞ曽我梅林 | トップページ | 御坂 黒駒 釈迦ヶ岳 »

境川源流から高尾山口

2009年3月4日 (水) 晴れ

暖冬に珍しく雪が降りました。明ければ晴れて眩しい陽ざし。
里山だって雪が降ればサプライズエリアに変わる?

2月の境川源流のコースから 高尾山口めざすことにします。

Img_5579s 歩き出しの谷戸

【コース】 上大戸 08:40-雨乞いの碑9:00-草戸峠09:55-四つ辻手前(基準点)10:45-草戸峠11:35-大地沢センター-上大戸12:25

積もった雪の景色は、里山も畑も家も道路も、いつもと違う顔を見せてくれて
気分はハイテンション
山にはいれば 「誰も歩いていない白い道 ♪ うふふ 」 なんて
してやったりの気分良さ ♪♪

Img_5583s

ところが、早くもべちゃべちゃに溶け始め 坂道は滑るわ、竹林では雨が降っているかのようにポタポタと雪解けの雫 ザックも服も濡れてしまうわ、なかなか大変です。

でもでも それでも やっぱり歩くのは楽しいな。 
低山の山ぎわが 澄んだ青色に隈取られ、爽やかな空気に包まれ気分は最高。

Img_5590s 草戸峠

向こうに見えるは高尾山。 ここで右折の北方向、高尾山口に向かうことにしました。
ふだんは大勢のハイカーで賑やかな道ですが、薄雪にあしあとひとつありません。
きょうばかりは 「静かな山」に変身です。

Img_5593s

別れて行く枝尾根の、山肌が白く光り、雑木の一本一本が清々しく見えています。
この風景が好きなのです。

春を告げてくれたうれしいメッセンジャーたち

Img_5599s ?ツツジ系?

Img_5603s ダンコウバイ

Uguisu ウグイスカグラ

もうすぐ四つ辻。
ありゃ、、、、電車の音や車の音だ
きょうはもういいや… と、Uターンすることに。

ふとおもいつき、裏高尾・木下沢のハナネコノメを訪ねてみましたが まだまだ。
ぜんぜん まだまだ。  眠ったまま
木下沢の梅園は 満開なのに。

Img_5612s_2 小下沢の自生地は日陰なのです

コンロンソウがやっとこささきだした

ちなみに 2006年3月22日の
小下沢ハナネコノメは
 
高尾の春・四日後に

木下沢? 小下沢? どっちかな?

梅は満開なのに ニリンソウもイチリンソウもアズマイチゲも咲いていない。 
暖冬といっても、すべての花が早いというわけじゃないのですね。
自然は奥が深いなぁ・・・

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は     あしあと へ

|

« 御殿場線に乗るぞ曽我梅林 | トップページ | 御坂 黒駒 釈迦ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境川源流から高尾山口:

« 御殿場線に乗るぞ曽我梅林 | トップページ | 御坂 黒駒 釈迦ヶ岳 »