« 徳並沢ノ頭~大日影トンネル | トップページ | じっくりと冬の陣馬山 »

鳥屋からの仙洞寺山

2009年2月1日 (日) 晴れ

仙洞寺山は低山ながら 山頂は大きく波うち 堂々とした山容です

ちなみに5日前の夕焼けには…Img_5133
   檜洞丸      焼山  富士山      大室山       御正体山
           仙洞寺山        三角山
              
津久井湖沿いの低山 

 

仙洞寺山の北側、津久井・青山に「仙洞寺」という寺があるらしく、ここから登るのが順当と思うのですが いつも別のルートになってしまいます。 今回もまた・・・

鳥屋のBS「局前」の鳥屋支所に駐車。 北を見れば青い空に、雑木の尾根がのほほんと横たわり、なんだかすぐ登れそうじゃない?  あそこを登りたいナァ  と
気分むくむくと沸いてきました。

Img_5138s_2

畑や荒れ地に綿々と伸びる小径を辿りて尾根に近づいていきます。
嬉しいじゃありませんか。オオイヌノフグリ、ホトケノザ、タネツケバナ…、早春の花たちが出迎えてくれるのです。
がが、尾根裾には背丈以上の笹バリケード。

Img_5139s

すぐ上には尾根の背中が見えている、仕方なし、うすいラインを分けてあがってしまいました。ァ~ぁ、上もやっぱり笹藪だ、
イノシシくん作成の径路を辿り西に進むうち、北側の谷から杉林が寄ってきました。
相変わらずのうす藪だけど、これが里山らしさというものなり・・・

やがて境界標が現れ、足元涼やかなルンルンルルン道になりました。

Img_5144s
梢透かして、仙洞寺山が見えた

ひだまり、雑木林、足取り軽く快調なペース。 そろそろ送電線ルートと合流か?

「なんじゃ?」 目の前の急斜面は岩屑だらけ。
おちついて大岩を巻き台地に乗りあげたら、そこは神社でした

わたしは真南から上がってきたことになるのです。
西から送電塔経由の道。東からは参拝路が通っています。

祠じゃなく立派な社殿。こんな山の中にかくも立派な!と 驚くこと間違いなし。
前来たときも立派だったが、新しい気がします。 立て替えられたのかも?

Img_5149s

参拝路は手すり付きの急階段です。

Img_5153s

そのまま火海峠に至ると参拝路は右折、中開戸の集落に下りていくようす。
帰りはここを下ろうと決めて、わたしは直進、なおも北に向かいます

廊下のような尾根すじを軽くアップダウンして辿る道は、大木も現れ、両サイドは山襞に包まれているので、なんとなく深山にいる気分。
宮マークの石標が点々と…

現れたる壁のような山腹は伐採地か? ヒノキ林とのキワを一気に登り切れば、穏やかな、涼しいヒノキ林に変わります。 
左に回り込みつつ目の前のピークを目指すと、じき
山頂を巡る鉢巻き林道に出ました。

Img_5173s

あら? 展望が良かったなんて記憶違い?
北風避ける南向きの、静けさ+うららかさ、春ともなればダート道には野の花・里の花で飾られるのかもしれません。 ♪♪ オボエテオコウ

15分ほどで仙洞寺山の山頂ですが、ただの森の一角、ちっともピークらしくない。
青山村、青野原村、鳥屋村と彫られた 三鏡をしめす石標が山頂のしるし 

Img_5162s

仙洞寺山は凸凹ピークなので、北端まで足を伸ばしてみます
照葉樹がこんもり繁る、あまりにふだんッぽい道沿いに、こんな大岩が鎮座。
大きさ、形、佇まいが なんとも魅力的に思えてなりません。

Img_5167s

北端のピークはヤヤ広い台地ですが、ただそれだけ。
梢越しに、津久井城山、橋本相模原方面がボンヤリ霞んで見えます
「仙洞寺山の狼煙台跡」 っていったいどこにあったのだろう? 
ここが狼煙台には最適に思えますが・・

さてさて、来た道をたったか戻り、先ほどの火海峠を左折。
棒道を一くだりすれば最後は杉林。
張り巡らされた鹿柵の扉を開ければ、河岸段丘に畑が広がり、サンサンと午後の陽ざしのあふれる豊かな世界がありました。

Photo

対面に南山が横たわり、右端にちょこんと鍋嵐の凸凹群、その奥にゆったりした大山を見たときは、位置関係に面食らい、一瞬ビックリ。

串川沿いのバス道を、鳥屋支所まで戻る途中、福寿草自生地のお宅に寄ってみました。屋敷の山が黄色の絨毯に変わるのは、まだ一ヶ月ほど先でしょう。
それでもチラホラと先駆けの福寿草、めいっぱい微笑んで嬉しい予告をしてくれていました。

Img_5188s

【コース】鳥屋支所P11:45(10)-とりつき12:05-権現様12:50-林道13:20(10)-仙洞寺山13:45-500m峰13:55-火海峠14:40-中開戸14:55-福寿草ーP15:25
【地図】2.5万:青野原      

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は     あしあと へ

|

« 徳並沢ノ頭~大日影トンネル | トップページ | じっくりと冬の陣馬山 »

コメント

それにしては新しい社殿!
これが金太郎権現?
小さな石祠が本来そこにあったものなのでしょうね~。

ヒルさんが下った手摺の階段を登ったわけだ~!
う~ん気になるなあ。

仙洞寺山周辺は、雛鶴姫が落ち延びた道ということもあり、金徳山光明寺には、護良親王の供養塔があるそうです。
それと絡めて行けないかなと模索中です。

石標って僕はまだ見たことないですよ~。
他の山にもあるのかな?
大きな岩をチェックしているところはさすが!

フィナーレがフクジュソウっていうのもいいね。
実は僕…まだ見たことないんですよ~。
鳥屋の辺りで聞き込みしてみればいいのかな~。

投稿: かず | 2009年2月14日 (土) 18時01分

> 金徳山光明寺には、護良親王の供養塔があるそうです。
光明寺はいったことがあるけれど 通りすがりに素敵なお寺と思って寄ったので 雛鶴姫や護良王ゆかりのお寺とはのことは知りませんでした
もっともそのころは 歴史も山も何も知らなかったけれど。

ということで
  光明寺ー仙洞寺山ー鳥屋ー南山ー
余裕があったら 明日原にでもというのはいかが? 

あとそれから わたしは石段を下ったのです、ヒルさんは登ったと思います。

いろんなコース 組めて面白そう 期待しているね

投稿: ba_sobu | 2009年2月14日 (土) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥屋からの仙洞寺山:

« 徳並沢ノ頭~大日影トンネル | トップページ | じっくりと冬の陣馬山 »