« 宝鉱山から鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 高川山*東尾根とシラノ沢コース »

倉見山~錦繍の堂尾尾根

2008年11月19日 (水) 晴れ

さすが、  雪をかぶった富士山は!

Img_4406s_3 倉見山から

中央線や富士急の車窓を流れる低山は、どれも錦繍をまとい朝日に輝いています。
紅葉も、いよいよ麓まで降りてきたようです

なんどか歩いている東桂駅からの道は、家屋や庭のたたずまい、裏の山山のようすが親しげな雰囲気でお気にいりです。
右に発電所、お寺、そういえば十年くらい前、倉見山が有名でなかった頃でした。友人が「トリツキは寺」だけを頭に手前のお寺から山に入ってしまい、発電所のパイプ沿いに尾根に乗ったがいい道だったと 結果オーライな話をしてくれたこと思いだしました。

Img_4362s_2

今は「トリツキの寺」の長泉院には、道標が立っています。

落ち葉の季節になって気がついたことは、この尾根がホウノキだらけということ。
ホウノキの落ち葉は豪快な音を立てるんです。ザック・ザック・ザック…

黄色が多い。逆光の朝日で目が眩むようです。コナラやケヤキや、モミジやダンコウバイやワカラン葉っぱが道を隠すほど散り積もっています。
ザクザクザクザク、カラ松林になればおしとやかに音を立てず、見上げれば真っ青。

Img_4373s_2 木を透かして御正体山

一陣の風がふくと、ザンザン落ち葉が大量に降ってきます。

Img_4380s_2  ホウノキ 
 ダンコウバイ
 ミツバアケビ
 
ケヤキ
 イタヤカエデ
 イロハモミジ
 コナラ
 クリカモ
 ワカラン
 シラヌ
 ナンダロウ
 ハテサテ
 


送電塔を過ぎ、倉見分岐を過ぎたあたりから 雑木林は落葉し、日だまりたっぷりな冬景色。ムラサキシキブの実がぱぁ~と梢に散りばめられて、林を飾っていい感じ。

Img_4397s あれが倉見山(北峰)

三角点は南峰にあり、初めて富士山が姿を見せます(トップの写真)
ランチをいただくには木枯らしが冷たく、ちょっと下った西にベロのように張り出している枝尾根にシートを広げました。
日だまり&富士山もばっちりで、ベストな選択でした。
この枝尾根を下ればグランドから西桂に出られるとか、ザクザクと踏み込む加減がなんとも快適で、いつか下ってみたいと思いました。

きょうは堂尾尾根を下山の計画Img_4425s_2 
目印はこの構築物です。→
いったい何なのだろうと前から
不思議だったコイツは、前回の
堂尾尾根を登りのとき、うすうす…

 Img_4433s  
 つまりは、電気系のなにかでしょ。
尾根に沿って←こんなケーブルが張られていました。

落ち葉の堂尾尾根も前半は、藪っぽく趣に欠けるのですが

じき

鞍部に出るとImg_4438s

こんな感じの、朗らかな道になり、ふり返れば黄色のカラマツと ヒノキの緑が 
お互いを引き立たせ

Img_4444s

富士見台に出れば 目の前には三ッ峠のドッシリした姿

Img_4447s

堂尾山公園では けだるい午後の富士山をながめつつ 最後のお茶としゃれこみました

【コース】 東桂09:05-長泉院09:25-送電塔10:25(10)-1020m11:25(10)-倉見山12:00(50)-相定ヶ峰13:00-堂尾山公園14:00(15)-富士見台入口14:30 
【地図】昭文社:富士山  2.5万:都留、河口湖東部、富士吉田

堂尾尾根 倉見山~相定ヶ峰からImg_4422s

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は     あしあと へ 

|

« 宝鉱山から鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 高川山*東尾根とシラノ沢コース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉見山~錦繍の堂尾尾根:

« 宝鉱山から鶴ヶ鳥屋山 | トップページ | 高川山*東尾根とシラノ沢コース »