« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

横尾山は秋も花ぞの

  2008年9月24日 (水) 晴れ

樹林帯の岩岩急登を乗り越えると目の前には、広々とした草原が眩しい。
ふり返れば 瑞牆山の姿が目に飛び込む。後ろになびく奥秩父の山並み。
金峰山の五丈石もクッキリ見える ♪

Img_3348s
カヤトの台地から 瑞牆山と金峰山 ~ 奧秩父

きょうのような 秋らしい日よりには の~~~んびりとね、
広々とした草原で高い空と白い雲をながめ、優しい風にふかれたいな。
と、選んだ山は甲信国境の横尾山。

chickchick  

【コース】 信州峠-横尾山ピストン 【地図】2.5万:瑞牆山(平成18年)

Img_3316s_2 横尾山は1818m、とりつきの信州峠は1450mです。

最初はカラマツの植林、じょじょに雑木帯になると活きの良いダケカンバが目立ちます。

下草のクマザサも元気よし♪  
ヤマトリカブトの青い花が そこここに咲いてます。

Img_3308s
サネカズラ??の実Img_3326s                   ウマノスズクサの実

1600mあたりから岩っぽくなり、急登がはじまります。

ヨイショヨイショ、
一歩一歩ゆっくりと。

山慣れない相棒は「息が上がるよ~」と悲鳴をあげます

Img_3328s

木透かしの向こうは青い空。
もう少しだ、ガンバレガンバレ

ホラ、思ったとおりの
ススキのハラッパだ、
「やっほー!」

相棒はびっくりしたみたい
綺麗なお花が咲いてるわ!」 
(^_-)

まさか お花があるとは思ってなかったのね??
ススキの中に灯るように、青い花が点々と。

Img_3329s
タカネ?マツムシソウ                  ヤマラッキョウ

トップの写真は草原台地から東方向を。 下の写真は↓は西方向です

Img_3336s
八ヶ岳がみえる

晩夏~初秋の、花はとぎれることなく咲いています。
盛りのノコンギクや、ヤマハハコならぬヤマババコが群れ咲き
ハンゴンソウは繁栄の名残りを一角に、
そして今、いろんなアザミたちが主役になろうとしています。

Img_3344s
りんどう                           おけら

Img_3358s_2
こんなふうに ススキの草原を越えて行きます

Img_3369s_3
タムラソウ                          ハコネ??トリカブト

Img_3367s
 やがて樹林に入り、
 岩っぽくなった尾根を辿り、
 いくつかのコブを越え、

 横尾山の山頂に着きました、

Img_3386s

八ヶ岳が間近なはずなのに、木々に邪魔されよく見えません、残念。

横尾山がこじんまりとした山頂だったとは意外。

このひっそり感がなんともいいの…

Img_3387s

尾根をさらに西に辿れば 飯盛山まで行けそうだけど、きょうは車なので 信州峠に戻ります。

← 色づきはじめた がまずみ

木の実が赤く熟したり、葉っぱはほのかに色抜けしたりと、
本格的な秋は もうすぐのよう。


絹のような毛が噴きだし、風の来るのを待っている草たちも。

Img_3395s
ボタンズル                            ヤナギラン

Img_3399s

昼下がり、東に雲が湧きはじめました、
瑞牆山が日に照らされて浮き上がってみえます。

草原の夏を華やかに彩っただろう花は、しっかり種を結びました。 

Img_3403s_2
ハクサンシャジン??                ナンダロウ???

帰りの道は 背中に太陽

Img_3408s Img_3398s


ススキの穂が光り
風も少し騒いでいます

Img_3402s_2
???                             ヤマハハコ

草原の最後の台地でひとやすみ 名残惜しくてゴロンと横になりました

背中に地面を感じながら空をながめるひととき・・

(^^)

Img_3416s_2

トンボが たくさんたくさん とんでいます
遠慮なく 帽子や背中に止まります

風にふかれて、ススキの穂 それぞれが勝手に揺れてます
くすくす 笑っているみたい

こんな時間がもてて きょうはほんとによかったなあ  (^^)

Img_3421s

草原から、ふたたび樹林帯を下れば  きのこが、顔を出してました

Benitenngu
ベニテングダケ                   サンコダケ

chickchick

そんなにたくさん 歩いたわけじゃないきょうの山
なのに とても豊かな一日でした

Blue_3
ヤマトリカブト         (タカネ)マツムシソウ     リンドウ

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は  soon  あしあと へ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

初秋の小楢山は静かです

2008年9月17日 (水) 晴れ

秋晴れといっても夏の空気がまだ残る、そんな9月の一日を、おなじみ小楢山で遊んできました。このコースは2度目なので、心から楽しみながら歩けました。というか、あれれ、こんないい森だったのか、と 初めてきたかのようにときめいたのです。

Img_3297s_4 幕岩にて

【コース】 塩山→(タクシー \5120)塩平 08:30-小楢峠-錫杖ヶ原~小楢山11:00-幕岩-天狗岩12:15(ランチ)-妙見山-鼓川温泉 16:00*→塩山  
【地図】昭文社:奥秩父Ⅱ  2.5万:川浦 

塩山からタクシーで塩平まで。山に詳しい運転手さんは登山口にピンポイントで下ろしてくださいました。 沢沿いの山陰の道はヒンヤリ涼しく、尾根を回り込む作業道が尾根を乗越すとき、朝日がどっと流れ込みます。このエネルギッシュな瞬間は、なんど味わってもぐっときます。

Img_3270s どっと朝日が!

尾根に乗ると、緑の雑木林は軽やか。ミズナラ、カエデ類、クリなどなどの明るい緑の中にシラカバの白い幹が引き立ちます。

Img_3273s

台地状の広尾根になっても、涼やかな雑木林には藪なんてありません。右からせり上がる尾根に乗りそのまま詰めて行くと、右はからまつ、左にはぶな、あいかわらずシラカバの多い! なんともすてきな 尾根が延びていきます。

Img_3278s

やがて露岩が現れてくるので、ますますハリきってエイヤエイヤと越えていくと、おまんじゅうのようなコブに乗る、下に登山道が走っています、すぐ先が十字路の小楢峠。

今回は左折し、巻き道から錫杖ヶ原に出ることにしました。あいかわらず美しい雑木林に老ブナも佇んでいたりする道が下りだしたところで、右の林の薄い踏み跡を追って高みを目指します。藪なしのすてきな林をたゆたいながら5分ほどで、ススキとシラカバの錫杖ヶ原に出ます。

Img_3290s 錫杖ヶ原

ススキのボウボウなクサヤブ。その中で若きシラカバの美しさが引き立ちます。盛夏はそれなりにお花畑だけど、今はウメバチソウが ふたつみつ、思ったより花は少ないのでした。

Img_3296s_2 小楢山はススキがない分広々としていますが、小虫が多く逃げるように下山路へ。

Img_3295s

ふたたび来た小楢峠は直進、南の「妙見山」方向に進みます。ひとしきり下ったところに聳える大岩が双耳の弟、幕岩です。

垂直の岩を鎖を使ってよじ登るので、正直怖いのです。でも全員無事山頂に立てました。隣の大岩にも、全員乗り移ることが出来まして、さてさて、360度の大展望を満喫!の、はずが、きょうは雲が湧いてしまい 金峰も八ツも南アルプスも見えません、残念。(トップに記念写真)

Img_3298s
岩場に咲く花

小楢山も幕岩もクリアしたので、次の目標はランチ。
みだれ岩も大沢山ノ頭もカンカン照りでゆっくり出来ず、天狗岩がレストラン。
切り立つ鋭い岩の上、ザックを落とさないように&自分も落ちないように場所を確保。ここは、日影で風が通り涼しく登山道から引っ込んでいるという、ランチ場のグッドポジションでした。

Img_3300s シラビソ然としたカラ松林

天狗岩から降り、ふり返ると「さすが天狗」とうなってしまうような、垂直に突き出た大岩でした。次に現れる大岩は横幅もある垂直なカベ。きっと名前があるのだろうな。

Img_3233s_2 砦のような大岩

この尾根のほとんどのピークが木立の上に飛び出た岩岩で、展望もよければ日当たりも良いし、変化も楽しめます。とくに見返リ岩はクサリ付きの岩山で、わいわいいいながら登りました。

Img_3242s_2 見返り岩から大沢山の頭

途中いくつか峠をこえますが、なかにこんな絵地図もありました。「妙見尊」という岩マークに惹かれます。もしかしたら妙見山の参拝路なのかも・・・興味湧きます。

Img_3255s_2

そんなこんなで快調に下ってきたわけですが、最後の最後でひと苦労。 鹿柵扉の向こうは濛々な草藪なので、道ハズした??のかもとみなで探すという 余計な手間がかかってしまいました。結局、この扉しかないと草藪に突っ込んだらなんて事はない、5mで踏み跡が見つかり5mで舗装の林道に合流、そのまま立派な県道にでまして入り口に「小楢山登山口」の板きれがありました。 ちょっと藪刈ってくれていればなぁ。 ここまでの懇切丁寧な道標や道の明確さが 最後にどんでん返しとは!

きょうは故あり、こんなおまけ付き、 お腹いっぱいでお家に帰りましたのよん。

Img_3264s_2

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は  soon  あしあと へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行者岳~新大日~長尾尾根

2008年 9月10日 (水) 晴れ

久しぶりに丹沢を訪れました。
さすが
丹沢のブナ林。緑を一日中愉しんできました。

札掛を起点にし行者岳へ直登、長尾尾根を下る周回コースを設定しました。
行者岳は2.5万図の1209m
峰でなく、東の1230m峰、昭文社の山と高原地図に表記されているピークとします。

Img_3176s
長尾尾根のブナ林

札掛からタライゴヤ沢沿いの林道を歩きます、途中でモノレール基地を2回通ります。丹沢にもこのシルバーなラインが徐々に増えているようです。1時間ほどでようやく境沢・ヤゲン沢出合いに到着。いよいよ入山です。

きょうの登りは、合流する二つの沢に挟まれた尾根、のっけは見上げるばかりの急登で、木の根をひっつかんでの這い登りです。

Img_3104s_5 尾根はしっかりしているし、手掛かりも十分なので、ひたすら体力に任せての這い登り、800mくらいで尾根の背にのることができました。ふ~っ! 藪はなくともワイルド感溢れる雑木林にわくわくです。

じょじょに勾配も穏やかになり、立派なアセビが多くなり、やがてブナも姿を見せ始めました。

Img_3112s

左に崩壊地が覗けます。崩壊地の砂地にフジアザミが逞しく育っています。青い空、三ノ塔の大きな緑、やがて右には地図にない小さなガレ地、荒々しい表尾根が青い空にきわだっています、素晴らしいお天気、新大日小屋や書策小屋もクッキリ見えます、

Img_3122s ガレ上部を通過し、再び樹林にはいると、ますます緑は高く涼やかです。
頭上に広がるブナやゴヨウツツジの葉、足元にはマツカゼソウがそよそよ。
歌うような気分で歩いていると、ポンと前方がひらけ、表尾根に出ました。

そこが行者岳の山頂です。


一気に眺望がひらけ、富士山の霞がかったシルエットが南の空に浮かんでいました。 東南方向にはうねる表尾根、手前の烏尾山の小屋も見えます。その後ろにはどっしりと三ノ塔、こちらの山頂にも小屋、札掛に下りるヨモギ尾根が太々と逞しく延びていました。

Img_3127s

わたしたちは西北に塔ノ岳方向に進みます。
Img_3134s
行者岳は荒々しい岩の山。

ハシゴ、ロープ・・、両側は切れ落ち、ザレ地には たくさんのフジアザミが育っています、終わりかけのヤマハハコ、ビランジ、ヤマジノホトトギスやアザミはこれから。

Img_3147s

汗だくで書策小屋に到着。

木陰にいると風も通り、気持ちよく汗が退いていき~
「さすがに秋~~」

riceball

雲ひとつない空には、鷹のような鳥が悠然と泳ぎ、旋回したと思うと急降下、再び空高く泳いでいます

riceball

そして新大日への急階段を、「これが最後」と自分に言い聞かせ登り切り、cafe 

いよいよ長尾尾根の樹林帯へ。 
おり初めの階段が か弱き膝に応えつらく、「こんなハズじゃなかったに…」と文句を言っているうちに、階段はなくなり フカフカのすてきな登山道になりました。

尾根の右は立派なヒノキ林で、モノレールが上がってきておりました。大山北尾根やヨモギ平のヒノキ林と同じ雰囲気なのは もしかしたらここも諸戸の管理下なのかも知れません。 真っ直ぐな見事に手入れされたヒノキたちです

そして尾根の左は素晴らしいブナ林。

Img_3174s

かつての堂平の雰囲気に似ています。 過ぎてしまうのは惜しくコーヒータイムに。
カエデ類も多そうなのでこれからもきっと  (^^) すてきでしょう。

Img_3175s_2 フカフカの登山道にはタマゴタケが可愛らしく頭を覗かせています。

長尾尾根は名前の通り長い尾根。その分なだらかなので歩きよく、紅葉の頃はもちろん、芽吹きや新緑もきっと よいでのでしょうね  

上ノ丸分岐はピーク上でなく巻き道をグネグネ曲がらされ、方向感覚?がワケワカラナクなって、ちょっと不安が兆した頃、ようよう道標。 正直ほっとしました。

あと30分、札掛への道はソヨソヨな草地が眩しいほどの緑でした。

Img_3180s

最後の ←分校 ・ 札掛→ の道標ですが、分校というのはかつて小学校の分校があったそうです。駐車場所にはこちらの方が近く、右は丹沢ホームの横におります。

【コース】 札掛P07:30-出合-1080m台地-行者岳-書策小屋-新大日-P16:35
【地図】昭文社:丹沢  2.5万図:大山

【おまけ、異次元的?】 

書策小屋からの書策新道の途中。水場の近くに「白竜の滝」というのがあります。

Img_3150s_4 ふとかたわらを見ると、滝口に向かう踏み跡があったので登ってみました。
5分もすると、思わぬ光景が目の前に現れたのです。


河原がひらけ、そのまわりはぐるりと砦のような岩壁に囲まれているのです。


Img_3158s_2 

砦のあちこちから 幾筋もの流れが落ちており、その水が合わさって、白竜の滝になっているのです、

岩壁の中程には洞窟のようのも見えますImg_3160s

岩壁にはイワタバコやホトトギスやシダや苔など生え、ヒンヤリと冷たく、静寂に包まれ、

とてつもなく明るく、…まさに別世界でした。

そこは カラタキ?という場所らしい、との情報もありますが、確かなところはわかりません。

では また~  (^_^)/~ 

山域別レポ一覧は  soon  あしあと へ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丹沢の名花を尋ねて

2008年 9月10日 (水) 晴れ

やっと天気も安定し、快晴の青空になりました。
久しぶりに丹沢に入り、あの名花を尋ねにゆきます。

丹沢表尾根でお会いした「公園管理?」の方が 「ことしはダメですね」、
別の方も 「先週、仲間が探してみたけれど、全然なかった」とおっしゃるので、
そうとうショックでした。

ダメモトと、前回この花を見た沢へ降りてみたら、土砂崩れで自生地は埋もれ、
草の一本だにありません。
今年の夏の狂ったような豪雨のため? 沢はずいぶん荒れているのです。

でも奇跡。  ふっと ふり返った目の前に!!

Img_3131s


2~3株だけですが、ぜんぜん沢筋でもない崖の、それも目の高さにあの花が!
「お姿を見せてくださって、ありがとう」 おもわず 手を併せてしまいました。

ぽっちゃりとした形、ほどよい黄色、気品のある艶やかさは、まさに丹沢貴婦人。
こんなに間近かの ホホを寄せられるようなところに咲いててくれるなんて 
信じられません。

Img_3139s

慣れてさえいれば 遠くですが、登山道から覗ける谷底や、対岸の岩壁に点々と黄色の花を見ることができます。株の先に2.3輪づつ重たげな花をつけ、ゆらゆら風に揺れているさまは なんともいえない気品があります。

そもそもこの花は、人を寄せ付けない脆い崖のキワに生きる花。

だから、狭隘な谷筋のあちらこちらに、今も咲いていると、信じます。

そしてかの沢筋の自生地が復活することを!

前回(2005年)は写真を載せませんでしたが、今回はご紹介しました

では また~  (^_^)/~    

山域別レポ一覧は  soon  あしあと へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋を感じる花の今倉

2008年9月3日 (水) 晴れ

今倉山を訪れるのはもう何度目になるでしょう。
あまり知られていないと思いますが、この山の花の豊かさにはいつも驚きです。

Img_2886s_2
今倉山は ヤマトリカブトに飾られていた。

二十六夜山までは尾根道を辿り、帰りは下の林道を歩いたのですが
どちらの道もそれぞれに、夏から秋へと移りゆく季節が感じられ
ちょいっと面白かったです。

☆ 道坂トンネル~今倉山

トンネル横の登山口から道坂峠の吊り尾根にでると、クマザサがひろかります。
いつも最初に出迎えてくれるタムラソウ
の姿がありません。でもオオバウマノスズクサが 馬の鈴を見せてくれました(左) もうすぐ鈴の下がパカッと割れて種が出てくるのですcoldsweats01

Img_2868s
右は ツルニンジン、ほとんどがまだ蕾です。

下はヤマジノホトトギス、今年は初めての出合い…

Img_2876s_3
隣はテンニンソウ、涼やかでく華やかで、なかなか魅力的な花です

下の二つは目立つコンビ  フシグロセンノウ(左)&カイフウロ(右)

Img_2879
フシグロセンノウは 帰りの林道沿いにも     この道でカイフウロを見かけたら
わんさか咲いていました                     山頂も近い (^^) v


その他、モミジハグマ、キヌタソウ、シュロソウ、シラヤマギク、ソバナ、キバナアキギリ、セキヤノアキチョウジ、ヤマハッカ・・・・

☆ 今倉山 ~ 赤岩(松山) 

Img_2901s_2
 やがてカラ松林から
 ブナの森に入ります

 レンゲショウマに歓声。

 三ッ峠であんなに見たのに
 やっぱり嬉しい。

レンゲショウマは終りにかかり 山頂はヤマトリカブトの青花が全盛期を迎えるところです。 その中にレイジンソウが りりしく立派です。 サラシナショウマも もうすぐ咲き出しそう。

Img_2899s 今倉山山頂

奧に見えるブナは山頂で一番大きな木でした。6年前の台風で枝が折れ(手前)て以降、元気がありません。 まだ葉が出ているけれど、幹からキノコが生えていました

Img_2889s
レイジンソウ                トリカブト(蕾もが多い)

今倉東峰から西峰にかけて北側が伐採され、日当たりがよいせいか、花も増えた感じ??です。

Img_2918s
ヤマハハコ                     ハナイカリ

Img_2936s
赤岩から南方を。 御正体山と鹿留山 中央に富士山ちらり、ワカルカナ?

Img_2940s
オケラ                          ハンカイシオガマ

☆ 赤岩(松山)~二十六夜山 

オヤ、どうしたことでしょう。とたんに花の姿が見えなくなりました。端境期かも。
ここは木々の一本一本を眺める楽しさがあります、紅葉のころは見応えのあるところ、その頃には、リンドウやノギクがたくさん見られるでしょう。

Img_2960s_2
↑ ミズナラ                      ↑ ブナ 
                                 背が低いけれど貫禄あり 

Img_2947s_2 
咲き残り マルバダケブキ              落ち葉はほんのり色づく
存在感ある花だ                           

いったん林道に下ろされて、登り返します、ふーふーふー。
お。前方に日だまりがみえたぞ。   二十六夜山に到着です。

Img_2966s_3
                             三角点。

こんなに晴れているのに 眺望はダメ。 
焦げるほど暑い。逃げろ~とばかり ティタイムは森の中。
山頂はオミナエシが群れてたりする、ちょっとしたお花畑なんだけど。
 

☆ 二十六夜山 ~ 道坂トンネル 

帰りは林道を歩きます。コンクリの道にコンクリの擁壁、なのですが
意外や お花も多いのです。日当たりがよいせいかも。 山側の崖は南向き 
ソバナ、フシグロセンノウ、マツヨイクサなど 壁面を飾っていました

Img_2980
                           なにアザミ?
                            ヒゴタイと言いたいところだけど
                            関東に咲くのかしら、
                            ほとんどの花はまだ、丸ボンの
                            トゲトゲ蕾でした。

Img_2981s
クサギ                         初秋はやっぱりススキでしょう
蝶たちは 高い香りに狂喜乱舞、             三日月満ちたその夜が 
                                 中秋の名月だそうな    
  

おととし7月中旬 同じ道。こんなお花たちにあえました。
去年10月下旬 紅葉のようす (コースは少し違います)

*10年前、6年前の記録を見ると レンゲショウマやトリカブトが赤岩を過ぎても咲いていたとあります、もしかしたら花の数が減っているのかも…と思いました。

【コース】道坂トンネルP -今倉山-二十六夜山-P15:20
【地図】 昭文社:高尾陣馬

Img_2895s_3 小さいやつが心揺さぶる!
キミってさ、どうしてそんなに可愛いの?  

では また~  (^_^)/~   

山域別レポ一覧は  soon  あしあと へ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »