« 大岳と海沢探勝路 | トップページ | あなたならどうする? »

あおぞら*博物館

2008年7月14日 (月) 晴れ

 あおぞら*博物館には展示物を並べる建物がありません。

 ふつうの博物館は、展示物を集めて並べる建物ですが
 あおぞら*博物館の場合は 「展示物」のところに 
 わたしたちが訪れ、 見たり聞いたりするのです。 
 
 それは歴史をものがたる遺跡であったり、

 地域の古老のお話であったり、
 昔からの伝統  しきたり
 そこに暮らす人々の生活ぶりであったりします。
   生活はその土地の自然,と深くかかわっていることも知るのです。

・・・ですから 見る人の意識によって見えるものも違ってくると思う  (^^)

ホンの一例、

◇◇◇◇川尻石器遺跡

敷石住居跡が発掘されたことで国指定の文化財になっています。

Img_1733s_2

土器石器住居跡が発見され調査ののちは埋め戻され、ただの原っぱになるのです。
この夏も発掘調査が行われています。

木立の向こうには相模川が流れています。
水のほとりで 人々は暮らし始めたということがわかります。

Img_1736s

雨の降ったあと、表土が流れて、土器のかけらが露出します。
教科書に出ているような、模様があったりするのを見て・・ほんとに 昔の人もここでくらしていたんだ、としみじみ思います。

◇◇

大正寺にある 百体地蔵 
江戸~明治にかけて この地区は栄えました。人々の信仰の篤さと富の象徴です
百体地蔵は それぞれのお顔で それぞれのお姿です。 

Img_1728s

涼しくなったらスケッチをしてみたい。お地蔵さまを写している時間は、お地蔵さまと語らっている気がします。

下↓ は 近くの清滝不動
百体地蔵と同じ石工による お不動さまと龍。

ユーモラスな表情に惹かれましたImg_1767s

◇◇◇◇

そして現在

津久井発電所
この地域では、一番古い発電所とのこと。

Img_1747s

Img_1743s  右→ は、明王坂という相模川に通じている昔からの道。

もしかしたら古代のひとはこの道を使って、住居などの石を得ていた?のではないかといわれています。

今は 鉄門ができ 通行止めになっていますが。

上↑ の写真の山の下が茶色くなっているのは、圏央道のICの工事をしているからです。 どんどん 景色が変わります。 
そして 目には見えない地下の水脈も変わっているのでしょう

Img_1756s_4

← 横浜水道、初期の水管のトンネル(今は使われていません)

明治時代に作られ、そののち赤煉瓦造りになりました。その煉瓦がツヤツヤ美しい、ということは 上質の煉瓦を使ったということでしょう?

← 当時の 水道に対する気合いを感じるのです。

 

◇◇◇◇
あまり人も歩かない、道には 野の花が咲いています

Img_1738s

Img_1745s

煩いほどに蝉が鳴き
ちょうが舞っています。
小鳥のさえずり、
草むらには へび

そのどれもが いとおしい。

みんな みんな、次の時代に受け継がれなくてはならない たからもの ですもん  

 

* 「あおぞら博物館」はわたしが勝手にそうよんでいるだけ 。 
正式には 「エコ ミュージアム」 といいます。
城山町エコミュージアムを育てる会 
042-782-1111(相模原市教育委員会城山教育課)

ではまたね (^^)/~~~

 あしあと(山域別一覧)へ 

|

« 大岳と海沢探勝路 | トップページ | あなたならどうする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あおぞら*博物館:

« 大岳と海沢探勝路 | トップページ | あなたならどうする? »