« 王岳、花待つ御坂のブナ涙 | トップページ | カロー大滝を巡る道☆夏 »

杓子山にまたきたわけは

2008年7月9日 (水) 曇りのち小雨

それは きみに会うために note

Img_1558s
サンショウバラ

そもそもは不動ノ湯から送電巡視路を使って、西尾根にのっちゃえ~という甘い計画だったのです。
ところが巡視路入口を発見できぬまま、林道をゲート前まできてしまいました。(今は分かってる、次回チャンスがもしあれば大丈夫…と思います)

Img_1519s ゲート手前の送電塔から
遠くに見えるあっちの送電塔に行く予定でありました。

しかたない、このまま林道を大ザス峠に行きましょうと腹をくくってブラブラ行きます。
林道沿いはお花の宝庫、けっこう楽しいみちのりです。

Img_1512s いたちささげ

Img_1525s ばらいちご

おっ!、これはこれは サンショウバラではありませんか? サンショウバラの木がずっとデス。… といっても、お花はね、とうの昔に咲き終わり、「宴の後」でござんした
ザンネン

山の中のサンショバラも、花は終わっているかもしれないわ」  「でもあっちの方は、少しは高いところにあるし、一ヶ月前にはあんなに固い蕾だったじゃない?、大丈夫と思うけど」  「いえいえ、ここんとこ暑い日が続いてたのよ、無理よ」  悩んでいても仕方なし、行きましょ行きましょ、行ってみましょ

Img_1537 大ザス峠に到着し、ハングラーダーの基地から見下ろすは、霧の海
 
おや、足元の草原には 点々とアヤメ君がいるじゃない?
シモツケのピンクとのコンビが、おしゃれです (^^)

一服し、いよいよ杓子山への山道になります。

林下には凛とした白い花、クサタチバナが群れるように咲いています。
『くさたちばな&サンショウバラは花期が同じ』説 っての信じる?

Img_1543s くさたちばな

いや この説、アタリダヨ。   ほら、ピンクの花びら落ちているじゃない。
見上げれば紛れもない、サンショバラの花が微笑んでいました。

Img_1548s
このサンショウバラは 縁どりがピンクでキュートlovely

やったやった、来て良かった。
終わりかけだったけど、あえて良かった。
(トップの美しきバラの君をご覧あれ)

そしてこの花も

Img_1550s  バイカウツギ

上に行くほど霧は濃くなり景色は茫洋としてきます。
ヤグルマソウ、ヤマオダマキ茶色黄色どちらもなんとも良い色合い、
クマシデやサワシバはほっこりとした種をつけてます。。

Img_1599s

杓子山頂にはまゆみの花が咲いてます、じっくり見たのは初めて

Img_1584s まゆみ

ベンチに荷物を下ろし、鹿留山への吊り尾根を突っ走ります。
だって、サンショウバラがいるんです、
ほら! ちょうど満開。 お花の咲いているのは高い枝で

写真に撮りにくかったけど、「霧とバラ」は こんな感じ。

Sanshoubara
エレガントな雰囲気

杓子山でランチをいただいていると とうとう 霧が雨に変わってしまいました。
というわけで こぬか雨の中の下山になります。

送電塔の岩場には

Img_1604s ねじき

高座山からは、ひらけた草原です、
期待のギボウシがまだ蕾。 
足を踏み込めない密な草原には、たくさんの蕾が頭を出していました。

Img_1615s ギボウシ

うれしかったのは ゆうすげの花
雨に濡れた花びらがほんとに、溶けそうで消えいりそうな風情です。

Img_1618s Img_1630s_2

               ↑ クララ
←ゆうすげ

あやめ、そばな、シモツケ、ノバラ、ヤマホタルブクロ、アザミ ……

Img_1614s
あやめ                               しもつけ

大きな草原には 幾筋もの道が延びています

Img_1626s

Img_1631s

いつかあっちの道もたどってみたい、ゆっくりお花を数えながら歩いてみたい
と思いながら、 きょうはひたすら 鳥居地峠への道を急ぎました。

← オカトラノオ

chick

そうそう 林の中のレンゲショウマ まだ緑の蕾は小さいけれど、
夏の盛りも楽しそう

では また~  (^_^)/~   あしあと(山域別一覧)へ  

|

« 王岳、花待つ御坂のブナ涙 | トップページ | カロー大滝を巡る道☆夏 »

コメント

去年の秋にあの稜線で見たたくさんのさんしょうばらの実。あれから花期はどんな感じになるのだろうと思っていたけど、盛りすぎでちょっと残念でしたね。

でもおかげでだいたいのタイミングがわかりました。今の時期の下の大草原も。この山にはあと二回歩いてみたい時期があるので来年はいけたらなぁ。。。

来月になれば低山のお花のシーズンも盛りになるけど、う~ん嬉しいやらなんか怖いやら。御坂はどんな感じになるのだろう。

投稿: komado | 2008年7月21日 (月) 23時27分

おっしゃるとおり!

二回のうちの一回は いつだか分かりますよ  (^_-)

しかし 暑くて 暑くて
真夏の花の季節に 出かける勇気が出るかしらん

投稿: ba_sobu | 2008年7月23日 (水) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/41756593

この記事へのトラックバック一覧です: 杓子山にまたきたわけは:

« 王岳、花待つ御坂のブナ涙 | トップページ | カロー大滝を巡る道☆夏 »