« 草原に蕾でそろう杓子山 | トップページ | あやめはどうかな帯那山 »

柳沢峠~倉掛山~白沢峠

2008年6月18日 (水) 晴れ  

おととしに続き三窪高原にツツジ見物にきた。このメンバーでは9年ぶり、そのときは、レンゲツツジやヤマツツジの競演、草原にはアヤメ・・と大感激したのだ。サテ今回は?

柳沢峠から柳沢の頭に続く道沿いには、レンゲツツジが少ないながらも良く咲いている。

Img_1059s_2
カラマツ林の若い緑と青い空。
そんな中にポツリポツリと
目も覚めるような澄んだ朱色の
レンゲツツジ
キバナのレンゲも少しあり、なかなか華やかだ。

9年前には「こんなものじゃなかった」という思いもあり先を急ぐ。

柳沢の頭を越えるとハンゼノ頭が見えてくるはず。大株のドウダン、ヤマツツジ、そして溢れるばかりのレンゲツツジ・・・と みなの心も高なり期待に胸膨らます。

Img_1076_2 しかし ハンゼノ頭はただの茶色のはげ山、

頭を越えたミクボ高原の、しゃれた東屋のまわりはさらに荒れ放題。張られたロープが空々しい。

ツツジは枯れ、下草のアマドコロやウマノアシガタ、スミレの類さえ、ほとんど見られない。

ドウダンは枯れてはいないが、花はほとんどなく、幹には治療の薬が塗られていた。

Img_1091 電波塔から板橋峠に向かう道。

花はない、人もいない、鳥の声や蝶がひらひらと。。

わずかに残るレンゲツツジの満開なのがかえっていたいたしい。

枯れたレンゲツツジの下から緑の幼葉が若干見られる。

Img_1103_2 そして草地からは小さなホントに小さなレンゲツツジが芽生えている。

復活の兆しなのだろうか?
だったら いいな

Img_1099
いつの日か この斜面がレンゲツツジで真っ赤に埋めつくされる日を期待しよう。

板橋峠に近づくと、緑の防火帯が始まる。

高いところから 幅広い緑のスロープを下るのは ちょっとした浮遊感があり ストレス解消かも?

ズミの花が、満開
柳も負けじと満開。あ…花じゃなく種?

Img_1150s_2

嬉しい出来事があった、それはドウダンツツジの復活だ
種類の違いはよく分からないけれど サラサドウダンのシロっぽいのや赤っぽいのが、
鈴なりに花をつけている。
地味な花なのに遠くからでも目立つのだ。
防火帯脇の樹林帯にもドウダンツツジが多く、大木に鈴なりの花である。

Img_1128s
トウゴクミツバツツジもまだ咲き残り、

ヤマツツジは色濃く花も大きめで、「もしやレンゲ?」と思えるほどの華麗さだ。

← 前方に見えるのが倉掛山。
ランチタイムまで
あと少し 

ところでこの辺りにアヤメが咲いていたはずよね・・探してみたけれど、どこにもないのであった。

Img_1155s ランチのあとは、おととし見かけたアズマシャクナゲを確認し 歓声 

そして 白沢峠までの防火帯では 『花よりワラビ採り』に つい夢中になっておりました。
今回も かなりの収穫でしたぞい

【コース】)塩山→(タクシー)柳沢峠09:05-柳沢の頭09:40-三窪高原10:10(15)-板橋峠11:05-倉掛山12:45/13:35-白沢峠 14:25(15)-林道終点15:25(10)-白沢橋16:20→(タクシー)塩山        【地図】昭文社:大菩薩 2.5万:柳沢峠

防火帯でひときわ目立った大株のレンゲツツジです。

Img_1124s

ではまた (^^)/~~~         あしあと(山域別一覧)へ 

|

« 草原に蕾でそろう杓子山 | トップページ | あやめはどうかな帯那山 »

コメント

こんばんわ~、拝見しました。
レンゲ、ホントにどうなってしまうのでしょうね。
三窪高原も色が失せ、寂しくなってしまいましたね。

でもサラサドウダンは当たりだったようで(^_^)
シロっぽいのはシロバナフウリンだったかもしれませんよ~^^;

あそこのシャクナゲ、今年もちゃんと咲いてくれたのですね。

投稿: Hg | 2008年6月23日 (月) 22時59分

Hgさん こんにちわ
あんなにさっぱり消えてしまうとは驚きです

鹿のせいだけじゃないと思います
(ビョウキとか?)
杓子山に レンゲツツジがあったのには驚きました
群生というほどではないのですが ある一角に 
登山道沿いにはそれほどないのですが
ヤブに埋もれた斜面は けっこう華やかでした

しろっぽいドウダン
憧れの「シロバナフウリン」ではないと思いますが
あおぞら掲示板にのせておきます みてくださいませ。


投稿: ba_sobu | 2008年6月27日 (金) 18時30分

黄色いレンゲ!
見たことないですよ~。
きっと僕が歩いたところとは違うところに咲いていたんでしょうね。
見たかったなあ。

>いつの日か この斜面がレンゲツツジで真っ赤に埋めつくされる日を期待しよう。

僕も同じようなことを、新芽を見つけて思いました。

投稿: かず | 2008年6月29日 (日) 20時06分

かずさんのサイト拝見しました 
かずさんも歩いたはずのところです
でも 柳沢峠の近くだし あそこのレンゲツツジは オレンジのも黄色のも もしかしたら植えられたモノかも知れません。(谷の奧にも黄色があったので 自生かも知れない)

櫛形山のアヤメも鹿に食われ無惨と聞きました
甘利山のレンゲツツジは 大丈夫かなぁ
気になりますが、もしかしたらと思うと確かめられません

ところで かずさん 
藤谷の頭は、下から登れそうでしたか?


投稿: ba_sobu | 2008年6月30日 (月) 15時24分

とても参考になりました。
今秋11月中旬に山の会で貴兄と同じルートで倉掛山に行く計画があります。
板橋峠から倉掛山~白沢峠~白沢橋ははじめての山行ですが登山ルートの標識などははっきりとしていて迷うことはないでしょうか。
このコース初めての小生がリーダーを仰せつかったのですみませんが留意点など教えていただけないでしょうか。

投稿: いわさん | 2011年8月19日 (金) 13時45分

いわさん はじめまして

お尋ねの件ですが、迷うことはないと 思います
道標類がハッキリしていますし 水源巡視路でもあるので

11月に行ったことがないのですが どんな様子なのでしょう
できましたら おきかせください。
紅葉の様子とか・・・

投稿: ba_sobu | 2011年8月20日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳沢峠~倉掛山~白沢峠:

« 草原に蕾でそろう杓子山 | トップページ | あやめはどうかな帯那山 »