« 柳沢峠~倉掛山~白沢峠 | トップページ | 里山の6月 »

あやめはどうかな帯那山

    2008年6月24日 (火) 晴れ  

 『ほったらかし温泉』というのに行ってみない? 運転はするから。

おお、なんたるチャンス、喜んで乗りましょう  

Img_1261sついでに少し歩けたらと
エアリアを眺めていたら
格好の山が見つかった。
甲府の北にある【帯那山】 

アヤメの群生地らしいから
今の季節にぴったりじゃん?  

道沿いの家並み 公民館 元小学校 お地蔵さま 消防倉庫・・・
畑仕事のおじいさん 手描きのカラフルな絵地図看板…
どれも写真にとっておきたい、風景だ 

Img_1212s_3

兄川は激しい水勢。 きのうまでずいぶん降ったのだろうか?
もともと 水の多いところなの?

Img_1219s

いっしょに歩く人は 山登りしない人。
「コレな~に?」といろいろなこと聞いてくる
わたしは興味津々で質問を待つ、
感性の鋭い彼女がどんなことを不思議がるのかってね、

ヤシャブシの実
カラマツの実
いえカラマツそのものにも感激してくれた。

Img_1240s ハンショウズル

これは? ハンショウズルっていう花よ
よく知っているねと感心されて、にがわらい
バイカウツギの香り高し

Img_1226s バイカウツギ

登り初めの林道は水が流れ川のよう。
登山靴のおかげで靴下を濡らさないで歩けた。 
やがてダートの巾広道となると草が被さってくる。

Img_1297s ノバラ

あまりにだらだらとした勾配なので「山頂に向かっているのか?」 と 
心配にもなってくる。
いっしょに歩く彼女は 山頂に着こうが着くまいが
どうでもいいらしい。

野バラやコアジサイが咲き始めた、もう夏なんだなぁ

Img_1310s コアジサイ

バイカウツギ、ふつうのウツギ、コゴメウツギ・・・梅雨時の花たちは今を盛り

途中で林道を横切る。この辺りまで、いえもっと上までも車は入れる、
 

Img_1305s コゴメウツギ

ちょうど草刈り作業中のレンジャーの方のお話
「山頂のアヤメねぇ、、あんまり期待しない方がいいですよ」

「というのもねぇぇ 鹿に食われてしまったのですよ」

え~~ウソでしょう、
そう、・・ なんだ。 ううう ・・・ 
ザンネンダァ・・・ 

ついに 帯那山山頂に到着しました
真っ青な草原~~貫禄の赤松。

Img_1252s_2

ごらんよ アヤメが咲いているよ、蕾も多いし
少ないと思っていたおかげ、
「けっこうあるじゃない、咲いてるじゃない?」 と 嬉しくなった。


Img_1265s

誰もいないなんて、、ふふふ 逆宣伝のおかげかも~
ホーホケキョ ホーホケキョ  
カッコーカッコー 
小鳥たちは賑やかだ

Img_1260s_3

チョウチョ多い
アブハチ多い

これって、花が元気な証拠じゃない♪

Img_1285s フナバラソウ

フナバラソウも咲いていた 湯ノ沢峠以来のであい

↓ヤマハタザオって ぴったりの名前だね        ↓ナツトウダイ

Img_1247s
ミヤコグサ ↑                       ↑ナワシロイチゴ


歩き足りないので奧帯那山まで足を伸ばす
すずやかな気持ちの良い雑木林が続く

Img_1270s 三角点付近 はシダが群生

三角点にタッチして もうちょっと先まで行ってみたけど、並行する林道に下りてしまうので、ユーターンして帯那山に戻った

Img_1269s つぶらな瞳に見つめられ

帯那山から、南のダートの林道を下る。
林道脇にはワラビがごっそりあったのでウハウハ収穫しながら歩く。

Img_1301s_2 キイチゴ

キイチゴが鈴なり、こちらもウハウハ大収穫
(しかし 途中でぐちゃ~っと溶け出した。苦渋の決断で捨てました)
林道添いにもとこどどころでアヤメの花が美しい。

Img_1303 観光的な山と思って気楽にいたのに、道標類は少なくて、このよい道が正しいのかどうか? 地図で確認しながら歩かねばならなかった。

山の中に、お城のような電波中継塔の出現にはびっくら。 草ぼうぼうの広場には東屋あり、なんかそぐわないってかんじ~。 この広場にもアヤメも咲く。

山道を下る。山肌を巻いて行くので、長く感じる。すると突然、立派な林道に下りた。わたしのとっては ここが非常に分かりづらかったところ。自分の行くべき林道の名前をしらかなかったからね(水ヶ森林道)
地図をにらみつけ、コンパスをあてて、用心深くすすんでゆく。

Img_1322s ヤマオダマキ

太良ヶ峠がクリスタルラインとかのピカピカ道だとは予想外
富士山が見えたからよしとするか。

舗装路歩きはホントに足に応える。
お疲れモードで 登山口に戻った。

Img_1324s ヤマグワの実 

疲れていたくせに しぶとくヤマグワの実をウハウハ収穫
完熟してるものは少なし。来週だったらもっと採れたろう。

そうして計画通り ほったらかし温泉の露天風呂にどんぶらこ、
富士山をながめ  甲府の町を眺め、 
さっぱり疲れもとれまして、 
中央道をすっとばして帰路についた。

【コース】 帯那山登山口P-林道横切る-帯那山 -奧帯那山11:05-(ユーターン)-帯那山-電波中継塔-林道に-太良ヶ峠-P →(ほったらかし温泉)
【地図】昭文社:金峰山甲武信

では また~  (^_^)/~   あしあと(山域別一覧)へ 

|

« 柳沢峠~倉掛山~白沢峠 | トップページ | 里山の6月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやめはどうかな帯那山:

« 柳沢峠~倉掛山~白沢峠 | トップページ | 里山の6月 »