« 百蔵山 コタラ沢左岸から | トップページ | 逢いにいったよ♪福寿草 »

大菩薩峠に冬☆再来?

2008年3月30日 (日) 曇

Cimg0824s_2
石丸峠  この一週間で雪は大分とけたそうだ。 でも、ふたたび新雪が…

【コース】林道終点P07:25-フルコンバ 09:20(10)-大菩薩峠10:20(25)-石丸峠11:15(15)-榧ノ尾12:45(35)-P14:10 【地図】昭文社:大菩薩 2.5万:小菅村図

きのうの晴れが一転、けさはどんぐもり。小管川に沿う林道の終点に車をとめる。
日向沢登山口から登るつもりだったけれど、めんどくさ癖が出てすぐ上の急登にとりつき、尾根に出る。
尾根上は涼やかでじき巡視路がのっこす。直進のササヤブを分け上がったのはおととし、左は源流を巡り林道終点にいたる周回路。 
きょうは右折、日向沢を越えると日向沢口からの登山道(巡視路?)と合流する。

P3300057h ミズナラ

ミズナラやブナなどの巨木を眺めながら、歩きよい道をゆるゆるのぼっていく。
アセビの花は、爽やかな香りをふりまいている、

フルコンバは気持ちの良い草地。北側がひらけているけれど、きょうは曇っていて展望はいまいちだった。でも雑木を載せた山並みがなんとなく赤っぽく、もうすぐ芽吹きなんだと知らせてくれる。 傍らをふと見るとマンサクの花だ。

Cimg0779

この春、はじめての出会いに心が弾む♪

フルコンバからの道は、雪が残っている箇所が多くなり、凍っているので気を遣う。
左手の谷の対岸に延びている牛ノ寝の山並みは、北側を向けているせいか真っ白だ。

Cimg0790

ニワタシバから左に入る山道は通行止め(反対側も通行止め)になっていた。
もしかしたら昨年の台風の後遺症かも。こうなる前に歩いておけば良かったな。
「通行止め」が解けたあかつきには、さっそく歩きたい (^^)

峠の手前はもっとも雪が深く、少しの間だが息が上がる。 凍っているので踏み込むことはないけれど、膝丈ほどの坪足の穴が、ぼこぼことあいていた。

大菩薩峠
Cimg0799

小屋の人がおっしゃる 「雪は一週間でずいぶん解けました。 先週、小管から来た人は大変でしたよ~。腿あたりまでの雪でしたから」。

今夜からまた雪、ここは再び、真っ白な世界に変わるのだろう。 

「ザックを置いて妙見の頭まで行ってみる?」「オー ノー」
寒いし富士山も見えないし、一休みして石丸峠に向かうことになった。
お天気のせいだろう、日曜なのに登山者はほとんどいない。

熊沢山の樹林は雪に覆われひっそりとしている。
静けさに包まれ ただ黙々と登って行く、こういう雰囲気は悪くない。

Cimg0803_2 

ほどなく石丸峠に到着す。 
ンチのつもりだったけれど、寒いし疲れてはいないしで、水飲みだけして、あっけなく斜面を下ってしまう。

晴れていれば富士山が見えるのに、ザンネン

Cimg0812h

丘をひとつこえて牛ノ寝通りに入る。こちらも雪が深い。
白い尾根をつ~~~っっと急降下し 

Cimg0838

雪道を♪♪下り、きょうは玉蝶山のピークを踏んでみた。
この先も歩きよいなだらかな、いかにも牛ノ寝の尾根をトントンとくだると、
あっという間に榧ノ尾山(川入)に到着した。 

フルコンバを小型にしたようなカヤトの見晴らし場で、南には雁ヶ腹摺り山が堂々と聳え、眼下には小金沢沿いの林道や発電の施設やらが見え隠れしている。

このあたりも巨木が多い、ン年前、初めて牛ノ寝を歩いた時は紅葉の真っ盛りだったっけ。楓も多いのだろうが、どれが楓か サッパリ分からない。

Cimg0865

榧ノ尾山から10分ぐらいで 破壊凄まじい道標がある。
ここから下山。
深い落ち葉を踏みながら、どんどんどんどん下って・・・
1時間もしないで ワサビ田の沢に出、
周回路との分岐もすぎてしまう、
ああ、こんなに早く終わってしまってはもったいないような道だ。 

Cimg0872

というわけで、あっというまに今朝の駐車場に到着してしまった。
車が5,6台に増え、幼い子供連れのファミリーもいた。
そうか、今は春休みなんだ。

せっかくここまで来たので 雄滝を見物してから帰路につく。
素晴らしい渓畔林の広がる小管川…
シオジが芽吹く頃はまたさらに すてきなのだろう。 (^_-)

Cimg0887

ではまた (^^)/~~~

|

« 百蔵山 コタラ沢左岸から | トップページ | 逢いにいったよ♪福寿草 »

コメント

こんばんわ。
一年ぶりですか?大菩薩は。
フルコンバにマンサクですか!あそこはマユミと遠くに見えるダケカンバの林にばかり目がいってました(-_-;)
一月前、スゴク苦労して歩いたのが思い出されます。。

投稿: yamyam | 2008年4月 3日 (木) 23時28分

そういえば ほんとうに
峠まで上がったのは一年ぶりですね

フルコンバのマユミはお見事ですよね
下から、真っ赤な実がすずなりに青空に映えていた景色は
忘れられません

マンサクは マユミの奥(ノーメ側、北側の丘の上)に2本ありました。今回は遠くからでも花の咲いているのにすぐ気付きました 


それにしても 小管川沿い両側の巡視路、気になる存在ですね

投稿: ba_sobu | 2008年4月 4日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩峠に冬☆再来?:

« 百蔵山 コタラ沢左岸から | トップページ | 逢いにいったよ♪福寿草 »