« 10年ぶりに鉄五郎(^^) | トップページ | ワサビ咲く芦川から尾根越えて芽吹きの稲山~桃の里 »

早春の鐘ヶ嶽~唐沢峠

2008年4月12日 (土) くもり

早春の丹沢にゆきました。
谷太郎林道終点に車をとめ、鳥屋待沢出合から北尾根を辿り鐘ヶ嶽へ、
そこから山ノ神に下り、大山東尾根のひとつ(大沢分岐経由)に入ります。
893m点(明星ヶ嶽)で大山~三峰の吊り尾根に合流右折、唐沢峠から不動尻に下山し、谷太郎川沿い遊歩道を通って林道終点に戻りました。
鐘ヶ嶽~明星ヶ嶽の一帯は八菅修験の行者道でもあったとか。
いにしえの道を辿る山旅はなかなか面白いものでした。

2.5万地形図の破線路をと、鳥屋待沢出合で谷太郎川の右岸から延びる峠道に入ります。川を渡ったところに石祠(↓左)があり安全登山のお願いを。

Cimg1230

地形図の四つ辻のあたりにも石祠(↑右)。といっても実際はこのあたり鹿柵ヤブ岩など道はあやふや。   鐘ヶ嶽の北尾根に入ると、なだらかな尾根道が続くようになり、杉ヒノキの植林と雑木林が交互に現れます。

Cimg1245_2
コブシ                             シキミ

途中の420m峰には『福神山』の板がかかっていました。縁起の良い名前ですね(^^) その先の地形図破線路とのJCにも祠があり、な~んか昔の往来に思いを馳せてしまいます。

鐘ヶ嶽山頂の等身大の石仏↓ 、後ろ姿が 妙に迫力ありますね。

Cimg1277s

山頂下には立派な浅間神社があります。 ”廃仏毀釈の歴史あり”ということですが、略します (^_^;)

八菅修験の行者道を下ります。桜の花(マメ桜??)がよくさいて、楽しい道です♪
お散歩風の地元の方お二人とすれ違いました。

山ノ神から直進します。険しい場所もあり気を遣わねばばりません。さすが行者道。
マメ桜はあいかわらず多く、つのはしばみ、アカシデ、犬シデ、キブシの花、ところどころにミツバツツジが目立ちます。

やがて弁天の森からの道と合わせます、展望台Bと展望台A(677m)では名標板が壊れ、地面に落ちていました。(10年くらい前には、しっかり立っていたのですが。)

左は伐採地になり、鹿柵沿いになだらかな和やかな道になります。

Cimg1318_2
満開のマメ桜                           立派な赤松群

すりばち広場はドロの水たまりの窪地で 行者の宿でもあったそうです。

Cimg1322
このような かちっとした道標や東屋があったのには ビックリしました。 

といっても大山方向は ガレガレな、いかにも修験の道らしい所があり ハイキング道とはいえないような気がするのですが・・・

Cimg1330
大沢分岐↑(日向薬師からの道と合わす)    778m標高点には↑

それにしても 芽吹きの谷はなんとも綺麗です。
雲が重くガスに包まれてしまい ちょっと寒い春の景色ではありますが・・

Cimg1333

ようやく 三峰~大山の稜線にでました(893m地点)。
このあたりは、かつて明星ヶ嶽・第28行所があったところだそうです(城川隆生著:『丹沢の行者道を歩く』による)
今回は大山には行かず、唐沢峠から不動尻に下りました。

Cimg1352_2
不動尻のミツマタ、最後の華やぎ

不動尻からは 谷太郎川左岸沿いの遊歩道をPまで、
いつ歩いてもいいところでござります

Cimg1365s
途中の河原で の~~んびり ティタイム。  (^-^)v

【コース】谷太郎林道終点P07:00-鳥屋待沢出合 07:15-鐘ヶ岳09:10(10)-山ノ神09:50-すりばち広場11:00-大沢分岐11:25-893m合流 12:00(10)-唐沢峠12:35-不動尻13:00-(25)-P14:30  【地図】昭文社:丹沢 2.5万:厚木、大山

ではまた (^^)/~~~

 あしあと(山域別一覧)へ 

|

« 10年ぶりに鉄五郎(^^) | トップページ | ワサビ咲く芦川から尾根越えて芽吹きの稲山~桃の里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/40842443

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の鐘ヶ嶽~唐沢峠:

« 10年ぶりに鉄五郎(^^) | トップページ | ワサビ咲く芦川から尾根越えて芽吹きの稲山~桃の里 »