« 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 | トップページ | 桜峠~大峠、芦川北稜 »

東風ふけど~寒さ身にしむお坊山

  2008年3月12日(水) 曇~晴

春を探しに~、と 笹子から トクモリ南尾根~お坊山東南尾根を歩きました。
2004年、紅葉の中を歩いたときトクモリの落ち葉道がよかったので、再訪したのです。

「どこかで春が」という歌に~ ♪山の3月 東風(こち)吹いて・・という一節がありますが、この日の東風は本当に冷たかった。

Cimg0358

笹子から甲州街道を西に行きます。 街道沿いの宿場・元本陣をラッキーにも見せていただくことができました。
最奥のお座敷は一段高くなっており、大名の泊まったお部屋だそうです。





【コース】 笹子08:45-本陣-とりつき09:35-稜線900m 10:20(15)- 1100m 10:20-トクモリ 12:15(5)-お坊山西峰12:35-東峰12:45/13:35-棚洞山14:05(10)-車道15:30-笹子16:08  【地図】 昭文社:大菩薩 2.5万:笹子

Cimg0360_3 前回、尾根末端からとりついたら、じき送電塔の巡視路がやってきたので、きょうはちゃんと巡視路の入り口から行くことに。

しかし、なんかなぁ、怪しげな入り口ではあるなぁ・・。


Cimg0361 案の定、道筋はあやふや、クロスする作業道あり悩ましい。

ヒノキ林の中の、か細い踏みあとを拾いながら、ひたすら上へ上へと登りました。(巡視路見失う) 
最後は恒例の四つんばいの這い登りです。
稜線にでるのに、なんと45分もかかっていました。

あがったところは900mあたり、少し南に下ると二基目の送電塔が見えるじゃありませんか。 なんとも大労働になっていました。こんなことなら前回同様、尾根の末端からあがればよかったです。

Cimg0365_2

爽やかな尾根歩きとなり るんるん♪なはずですが、吹き抜ける風の寒いこと。 春はいったいどこにいるのでしょう。

急登をヒーコラヒーコラひたすら登って、ようやく、トクモリの山頂に到着、わたしの大好きな落ち葉の広がりが待っていました。

Cimg0368_2

しっかし、寒い。
お昼は どこか風のないところを探そうよ。
おちおち休むこともできず、くつろぎ場を求めて東に向かいますが・・・

Cimg0371

おおっ、なんだか季節が戻っていくようです。
振り返れば あれは冬景色じゃないの   綺麗 ・・・ だけど さむいです。

Cimg0379  トクモリ、           米沢山、           米沢山北尾根

お坊山の西峰は展望もなくパス。東峰に向かいました、

Cimg0381

ランチ場の東峰には、雪がほとんどなく、風も来なかったので、ゆっくり休むことができてホントウによかったです。 ずいぶん広々と感じましたが、藪が枯れたせい? それとも灌木類を刈り払ったのでしょうか?

Cimg0385

ランチを終えれば 東南尾根を下ります。
道は大きくジグザグを切っていきます、
のびやかな雑木林を楽しむために、あえて大回りしているのかしら?

Cimg0391

棚洞山あたりから 黒こげの木が目立ち始めます。Cimg0393
倒れてしまった赤松も多い。
お坊山2006年

そうそう 最後のおりくちが以前と変わって
いました。
高速の下を潜り、お墓の脇から稲村神社の
脇を通り、笹一で休憩してから、笹子駅に。

あ、電車がきています。階段を駆け上ってみたが
電車まであと一走り。笹子のホームは長すぎますよ。
走った、走った。
ありがとう 電車は待ってくれました。

今度こそお山でお花に会いたいな 
では また (^_^)/

|

« 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 | トップページ | 桜峠~大峠、芦川北稜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東風ふけど~寒さ身にしむお坊山:

« 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 | トップページ | 桜峠~大峠、芦川北稜 »