« 竹森小倉山のザゼンソウ | トップページ | 大菩薩峠に冬☆再来? »

百蔵山 コタラ沢左岸から

2008年3月26日 (水) 晴れ、気まぐれ

里山はうっすら えび茶や赤や抹茶色に色づいてきました。
静かな花盛りの季節です。 

そもそも上和田行きのバスに乗り遅れたのが始まり。
しょうがなし タクシーで浅川入り口まで行き、コタラ沢の方に歩いていきました。

Cimg0612 

畑作業のおじさんと話をしたり ふきのとうやツクシを摘みながらどんどん歩いていくと、コタラ沢に出ます。
川を渡った対岸の杉林の入り口に浅川の指さし地蔵さんがいるのです。

Cimg0605 Cimg0673

画像をクリックすると 少し大きくなります→

百蔵山にはコタラ尾根、でも思えば目の前の杉林は 百蔵山の西尾根に繋がっているじゃありませんか、それなら、この杉林を登らせてもらいませう。

Cimg0680

ときおり残されたケヤキ(と思う)を眺めたりしながらグイグイ登っていたら、右から作業道(元ダート林道?)がやってきました。

あたりはアブラチャンの花盛り。

Cimg0688

地味な花でもこれだけ多いと、黄色の海になるのですね(^^)

お次はすずなりのキブシで 

その次はダンコウバイ

Cimg0697

そんな花たちを愛でているうち、福泉寺からの西尾根登山道にぶつかります。
松の緑にダンコウバイは良く映えてます。そういえばここの松は どれも生き生き、葉っぱの緑も赤い幹も艶やかです。

Cimg0710

百蔵山には1時半に到着。 春霞でご自慢の展望はおぼろだったけれど、うっすら見えていた富士山の雪は大分解けてしまった感じです。

下山は久しぶりに 浄水場への道(山頂のすぐ東から南に下る道)を行くことにしました。ロープの設置された急降下です、それでも明るい雑木林に、ダンコウバイが登りの道以上に華やかに咲いています。

足元を飾る小さな春の花は シュンランとタチツボスミレ?です。

Cimg0723

標高が下がるとダンコウバイからアブラチャンに変わりました。沢が近いのかもしれません。

ことし初めての山菜採りは カンゾウ↓、  酢みそ和えにさせていただきました。

Cimg0731

浄水場に近づくと、フサザクラが満開です。
小さなツツジが小さな葉っぱを噴き出していましたし、

つぎの山にいくころは 本格的な芽吹きが始まっているかもしれません。

Cimg0735

【コース】 猿橋→浅川入り口-コタラ沢-百蔵山-浄水場-猿橋駅
【地図】  昭文社:高尾陣馬   2.5万:大月

Cimg0654
ひとしれず はなのさく きみの けなげさが いとおしいよ

そういえば いつのまにやら アクセス10万越えてました
お越しくださったみなさま ほんとうに ありがとうございました 
<(_ _)>

これからもよろしくお願いします  

ではまた (^^)/~~~

|

« 竹森小倉山のザゼンソウ | トップページ | 大菩薩峠に冬☆再来? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百蔵山 コタラ沢左岸から:

« 竹森小倉山のザゼンソウ | トップページ | 大菩薩峠に冬☆再来? »