« 丹沢は雪深し(本間ノ頭) | トップページ | 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 »

寺下峠~倉岳山~穴路峠

2008年2月20日(水) 快晴

春を探しに?里山歩きな~んちゃって、中央線沿い南側に延びる里山の稜線を ゆらゆら歩いてみました。  陽ざしは強く、暖かな日だったけれど、まだ消え残る雪が凍てつき、滑っちゃならぬと、つい力が入ってしまうのでした(汗) think

Cimg0203h
ランチは細野山   伐採地を眼下にうららかな南面、富士山も見える

【コース】上野原 08:26→下尾崎BS 09:15-寺下峠10:25-舟山10:50(20)-トヤ山 12:00-細野山 12:30(50)-立野峠13:35-倉岳山14:10(15)-穴路峠14:40-石仏15:45-鳥沢駅17:00  【地図】 昭文社:高尾陣馬 2.5万:大室山

Cimg0166_3
寺下峠への道から秋山二十六夜山。北面はだいぶ白い。

【下尾崎】 秋山側から寺下峠に上がるのは、お久しぶりです。
「いちばん楽に稜線に上がれるルートだし、南からだし・ね♪」
と のっけからお気楽な気分で地図も見ないでスタコラサッサ。 沢筋には雪が残り若干気を遣います、

(初めてこの道歩いたのは レハンメル・オリンピック最中だったので、前夜テレビで見た彼の地の青空とここの青空がリンク、今この道をあるいているとリレハンメルという町の名前がふっとわき起こってくるのです。脳の記憶のしくみって不思議!)

やっと尾根に出ると峠道らしく、稜線をうまい具合にはずしながら登って行きます。
尾根の右と左に道、どっちかな? よく分からん。 それなら尾根上を行っちゃえ、なんて杉林を力任せの這い登り。

Cimg0173

ひとしきり大汗をかいてから、こんなはずじゃないと冷静に地図を見て右の道に合流するように寺下峠に上がりました。

【寺下峠】 
そうだよね、ここは、いつ来ても暗いんだった。

きょうもとっとと通り過ぎ、待っているはずの展望を期待して先に進みます。
杉林を抜けると明るい雑木林。お日さまの光いっぱい。 北の斜面はふんわりと雪が真っ白で眩しい。

やがて、「そうそう、これこれ↓」 この尾根らしい日だまりの道になりました。

Cimg0177

【舟山】

Cimg0195

富士山見えます、南アルプス見えます、滝子山から白谷ヶ丸、北の扇山が立派です。
この先も 明るい雑木林が続きます。
舟山からはガッと下りノロノロ上がってゆけば、そこは

【トヤ山】 
狭い山頂だけどね、名標が架かっているの、この山だけなのよ。
トヤ山の
北尾根もしっかりしてたよね、楽しかったわ、もう5年も前になるのよ。シュンラン咲いていたっけ、ぼんたんも食べたよね、わたしたちの山の思い出には お花と食べ物がかならずセットです(笑)

Cimg0189

【細野山】 
寺下峠~立野峠の低山のなかで、この細野山がいちばん好き。雑木林がいいのです。 途中、北に下る作業道が伸びており、いつか辿ってみたいなぁ、これは心の中。
山頂手前は伐採地は、まだ幼木のヒノキのおかげで道志丹沢が一望です、富士山がけっこう大きく見えます。あれは鹿留、御正体・・

Cimg0205_2

この伐採地でランチにします(トップの写真)、2月というのに暑いくらいの日の光。
風もなし、久しぶりにお昼寝できました。
目の前の朝日山が大きく見えます。 驚くくらい大きいのです!  タンノ入(と思う)の伐採がすごいです。 雪で真っ白な斜面デカイんだよね。 そうそう、丹沢の、檜洞丸がずいぶん険しきみえるじゃない?、今ごろ、深い雪なんだろな。 丹沢大好き、行きたいナァ。 とりとめのない思いを巡らしつつ、ボンヤリしてるのって、いいな。

【立野峠】 
南は明るいベージュの道がぽかぽか~~すいっと降りています。でも北への道は、ぞっとするくらい暗かった。 まだ冬なんだって、思い知らされました。
わたしたちは峠を突っ切り倉岳山に向かいます。

Cimg0211

35分だけの急登。いまだに ニセピークに騙されながら。

【倉岳山】
Cimg0215_2

富士山はかなりぼやけてしまったけれど、北側の展望が愉しめみました。
雲取山の防火帯の白いラインが鮮やか、御前山が大きく素敵。そして先週の百蔵山も目の前にあるのだけどね、謎、

Cimg0214 謎あり

倉岳990m。なのに 扇山1137m百蔵山1003mのほうが 低く見えるのって、
どうして?どうして?  

倉岳の北斜面は雪の斜面、でもご時世ですね、覗けばトレースちゃんと付いています。でも、わたしたちは降りないよ、きょうは西に行くんだもん。

Cimg0218

2時もすぎれは、午後の弱い光はたよりなく、 影も伸び 色は褪せ、わたしの中に寂しさふつふつ湧いてきます。

【穴路峠】
Cimg0221

わーお、これから下りる北側は、どっと雪が残っていそうよ。

Cimg0226

推察通り、つるつる凍って気が抜けません、思わぬ時間がかかってしまいました。
小篠貯水池の車道に出てやっとほっ confident 
「あ~、きょうは、高畑山まで行かないで
よかった」と、しみじみ思いました。

とちゅうの石仏・へそ水コースの道が分かれるの方の。
なんとも穏やかな表情に惹かれます。

Cimg0234k ではまた (^-^)/

|

« 丹沢は雪深し(本間ノ頭) | トップページ | 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 »

コメント

こんにちは。このサイト、花のひかりと共に”お気に入り”に入れて、時々読ませてもらっています。
小生は久しぶりの平日ハイキングで、やはり”春を探しに”、同日同じバスに乗っていました。
こどものように一番前の席に座って神野下村でバスを降りて甚之函山、デン笠と回って15時のバスで帰りました。行きのバスは週末よりハイカー風の乗客は多かったですね。昨年のこの時期は尾根の陽だまりでダンコウバイかアブラチャンの黄色の花が咲き始めていたように思いますが、今年はまだつぼみでしたね。

投稿: AKIO | 2008年2月26日 (火) 20時05分

AKIO さま
こんにちわ、お名前は拝見しています。こちらもよんでくださっているなんて、嬉しいです ありがとうございます。

バスがご一緒だったとは! 
ふだんバスには自分たちしか乗っていないことが多いので、あの日 満員だったのには驚きました。それが ひとつの団体でなく 2人3人のグループや地元の方々だったので。
 甚之函山、ということは三本杉山をからでしょうか?
あの路線は、車窓からの景色もなかなか楽しいですよね。

またどこかで お会いできるかもしれませんね (^^)

投稿: ba_sobu | 2008年2月26日 (火) 22時30分

おっしゃる通り三本杉山東尾根から行きました。取り付きは松浦本の位置だと思うのですが、巡視路を避けて歩いていると148号ではなく147号の鉄塔に出てしまったのでアカマツと雑木の斜面をつめて伐採地跡の端に出ました。バス道路から直接巡視路をたどるのが正解かもしれません。それと、旧大地峠は正確には、前道志主稜上ではなく少しはずれて甚之函山への尾根筋にあるのですね。地図やガイド記事の略図で位置を正確に記してあるのは少ないようです。(小生は行くまでは主稜上にあるものと思っていました。)
なんとなく行く山域が似ているので、どこかでお目にかかる機会があるかもしれませんね。

投稿: AKIO | 2008年2月27日 (水) 19時39分

なつかしいです。三本杉山、辿り着いたらひのき林で少々ガッカリの記憶有り。
神野下村という地名に覚えがないとおもって記録を見ましたら 小和田というところからとりついていました。細かいことはすっかり忘れておりますcatface

春探し、、これからの山歩きは楽しみですね
今年は雪が多いし寒いので、春の訪れはどうなるのでしょう?

カタクリの咲く時期、気になりますです。
早春は低山を歩くのが楽しいです

投稿: ba_sobu | 2008年2月27日 (水) 22時12分

お久しぶりでっす。

花のひかりに投稿する暇がないのですが、久しぶりにタカも
23日(土)に簗川から寺下峠へ上がって、金山峠へ抜け、金ぴら山へ上がって、桜井へ下りて上野原まで歩きました。
金山峠で寝転んできました。

空メール入れといて下さい。

投稿: タカ | 2008年2月28日 (木) 09時56分

タカさん こんばんわ

今年の春は遅いのでしょうか?
一根前には2月のレポに ダンコウバイやウグイスカグラの
花の写真をのせていたのに この日の寺下峠~倉岳山でも お花は見えませんでした
でも、このところ暖かいので 一気に春になるかもですね。
そういえば庭にふきのとうが出ていたし・・・
春が待たれます。

投稿: ba_sobu | 2008年3月 1日 (土) 18時32分

まさか、ba_sobuさんも倉岳山だったとは~。
驚きつつもちょっぴり嬉しかったです。
僕は、トヤ山北尾根から、倉岳山北東尾根を下りましたよ。
北側斜面は雪が多かったですね~。

あ~山頂の写真、あそこに僕の足跡が~!(笑)
なんて、わからないけど、写真に写ってるデコボコには、僕の足跡も含まれているはずです。ヾ(@^▽^@)ノ

細野山付近の伐採地は、倉岳山山頂よりも眺め良くって好きなんですよね。

>倉岳990m。なのに 扇山1137m百蔵山1003mのほうが 低く見えるのって、
どうして?どうして?

あ~それは確かに、僕も疑問に思いましたけど、遠くにあるものって小さく見えるでしょ?
だから扇山も百蔵山も遠くにあるので、小さく低く見えてしまうのです。
後、地球は丸いので、遠くにあればあるほど、目線よりも下がって見えてしまいます。標高の高い山が小さく見えるのは、地球が丸いっていう証明なんだろうね。


投稿: かず | 2008年3月 8日 (土) 22時09分

かずさんの、元気なご様子、わたしにも力になります
やっぱり若さですかねぇ happy01

大桑山の北尾根 ずっとずっと気にしているのですがどの尾根もまだ歩いたことありません。かずさんは 一歩一歩、いえ 一本一本着実に、ですね

まずいくとしたらお勧めは? やっぱり猿橋城山経由の道かしら? 長そうだしなぁ・・・


> 僕は、トヤ山北尾根から、倉岳山北東尾根を下りましたよ

あれ、これはわたしと同じコースどり。ン年前の3月末で雪無し シュンランダンコウバイスミレ春らんまんでした。これからはお花探し、ウキウキですね。 

かずさんの山のたのしみかたやあれやこれや、こちらにも伝わり、元気にしてくれます ありがとう cherryblossom

投稿: ba_sobu | 2008年3月10日 (月) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/40210381

この記事へのトラックバック一覧です: 寺下峠~倉岳山~穴路峠:

« 丹沢は雪深し(本間ノ頭) | トップページ | 鎌沢~倉子峠~藤野鷹取山 »