« 青木ヶ原樹海 | トップページ | 御坂黒岳・北尾根を »

鹿留山~杓子山~忍野

2007年9月15日(土) 小雨~晴 

今日のラストは… 広大なススキの原っぱを下るのだ~~~♪♪

Cimg4675

ひさしぶり。晴れの予報で山に行けます。今回は富士山麓の鹿留山(ししどめやま・1632.1m)を北尾根から登り、杓子山に繋ぎ高座山をこえてカヤトの原っぱを忍野に下りました。

【コース】 谷村町→(\2810)御正体神社08:00-巡視路分岐 08:20-送電塔08:40(10)-1250m(20)-恩148標11:00(20)-鹿留山11:20(50)-杓子山12:55(25)-大ザス峠 13:45(10)-高座山 14:35(10)-鳥居地峠15:30-忍野中15:50-忍野八海16:10 【地図】昭文社:エアリア富士山  2.5万:都留、御正体山、富士吉田  

こんな明るい朝は嬉しいな (^^) 、中央線の車窓いっぱい青い空、眩い陽ざし。
ところがところが富士急に乗り換えたとたん、大きな雲が遠慮なく空を覆い始めた。
谷村町からタクシーでとりつきの御正体神社に着いたころはドン曇りで、今にも降り出しそう。

結局2年前と同じような空のもと、林道がら242号鉄塔への巡視路を辿る。道中には山の果物、クルミ、桃のようなの(スモモか?)そしてアケビ、味見をしながら楽しく歩いた、やがて水平道から尾根にとりつく。
Cimg4530_2
なんとも急な斜面をヒーヒー、やっとこ尾根に乗ると送電塔の台地だ。ついに雨がふりだした。台地から
雑木の急登をひたす ら喘ぎ・・・、1250mで北からの尾根を併せ、1400mあたりでおそく東からの尾根を併せたのだろう。巡視路の黒階段が姿を消し、代わりに恩賜林の赤い杭が出てきた。
1400m辺り?こんな大岩が尾根にデーン!

Cimg4539  あいかわらず急勾配が続く。でも、お花たちがチラホラ姿を見せ始め元気が湧いてきた。
レイジンソウは花の盛り、あちらこちらでモコッとした小さな花穂をピンと立てていた(左)。オクモミジハグマに会えたのも嬉かった(右)。

Cimg4561

1450m辺りから勾配も弱まり、ブナの森になる、
下草はサラシナショウマがみごろで白いビン洗いの穂をくゆらせていた。トリカブトはこれからが本番、咲き初めの瑞々しい青色の花がちらほら、花付きがよいのでそれでも見応え充分。レンゲショウマは、花を終え店じまいはじめた。生き生きと葉を茂らしているのはヤブレガサ、大きな葉っぱだ。

Cimg4582

鹿留山の山頂に着いたのは11時過ぎ。、大ブナの下で早めのランチタイムにした。小雨と思っていたら木の下にだけ雨の降る樹雨(きさめ)だったりして・・・

Cimg4624_2
空は明るくなかけてまた暗くなる。そんな雲の中を、鹿留山から杓子山に向かった。吊り尾根はテンニンソウ(右写真)やサラシナショウマ、トリカブトやオヤマボクチ(蕾)などけっこう花の多い道なのだ。

杓子山の山頂は霧霧霧・・・、だぁれもいない。
ベンチに陣取り下山路の相談だ。「不動ノ湯からじゃあんまりだねぇ、林道も長いしやだねぇ」「向原峠でおりるべぇ」「いや登り返して堂屋尾根で下ろうよ」「向原峠に降りたときにどっちにするか決めればいい」  でも、そのときの山頂のあまりの霧の濃さに☆ヒラメク、「陽ざしがなく涼しいのだからチャンス!? 南面のカヤトの原っぱを降りてみよう」 ということになった。

カヤトの原は花が多い。セイタカトウヒレンなどのアザミ系やアキノキリンソウの黄色花が賑やかだ。Cimg4667_3
ハクサンフウロと思っていたら、左・タチフウロ  右・カイフウロとのこと。
シロヨメナと決めていた白菊はユウガギクとか、ギボウシの株もたくさんあったし、たいしたお花畑だ。

でもノンビリ眺める余裕はない。なにしろヒジョーに滑りやすい土、掴まろうとするとアザミやノイバラ。ロープがなかったら直滑降で落下しちゃうっっ・・ひょえ~っ

降りるにつれて霧が消え地上の風景がクッキ見える! 濃い霧は山頂あたりに居座っていただけだったのか~。  溢れる陽ざし、暑いけれど太陽はやっぱり気持ちいいなぁ。青空はいいなぁ。

Cimg4643  大ザス峠のハングラーダー基地では、ちょうど飛びたつお姿を見送ることができた。いとも簡単にふわっととんでいってしまう。(写真:風を読む) なんとも優雅な遊びであるなぁ・・・

大ザス峠からアップダウンのある尾根を越え、高座山に到着する。
ここから一気にカヤトの原っぱを下るのだ。道がいろいろ分かれるけれど、結局中腹の林道に出て同じところに到着できるようだ(と思う)

Cimg4651
ワレモコウ          コウシュウヒゴタイ     マツヨイグサ

Cimg4678 なんと言っても咲き出したススキは美しい。銀色の穂がまだ弾けず、陽ざしを受けて輝くのだ。ススキの間にワレモコウの赤い玉も点々と・・・。

Cimg4679_2 シロヨメナなどの野菊、シシウド&細かなウド系の花、クサハギ?ハギの類も色さまざま、種類が違うのかも知れない。 人の踏み込めない草むらには、もっとわんさか花の数があるのだろう。

道沿いの花を写しただけでも 秋の七草のうち クズ以外の六草が揃っていた。


ハギ   キキョウ  ナデシコ   オバナ(ススキのこと)  と

Ominaesihujibakama_2
オミナエシ                           フジバカマ                       

Cimg4708

野に出てから中学校の脇を過ぎ忍野八海まで足を伸ばす、ちょっくら「場違い」な自分を意識したけど、まぁ、無事 着替えを済ませ、ビールもゲットできたのだから 万々歳。
あとは新宿行きの高速バスで、中央道を一気に都心に向かった。

←高速バスの車窓から、
きょうはじめての富士山のお姿です。

ではまたぁ  (^^)/~~~

|

« 青木ヶ原樹海 | トップページ | 御坂黒岳・北尾根を »

コメント

こんばんわ。
ba_sobuさんの方も雨降られましたか(-_-;)
大菩薩も稜線を歩く所だけ雨でした・・・ったく。。

杓子山って花多いんですね。御坂も多いんだから当たり前ですか。
今年行くことはないと思いますが、やはり頭に叩き込んでおかないと。

Hgさんの所で見ましたが、奥多摩、特に酉谷ひどいですねぇ(-_-;)
シオジ平は無事でしょうか?心配になってきました。

投稿: yamyam | 2007年9月18日 (火) 21時52分

こんばんわ お久しぶりです。
私もきょう行ってきましたよ!鹿留山!
トリカブトいっぱい見てきました。

鹿留山を歩くときはトリカブトの時期 と決めていたので今年はチャンスだと思って出かけてきました。ほんとは以前ba_sobuさんの歩かれたコースで歩きたいと考えていましたが今年の夏結局 所用が押せ押せでどこにもゆけずでしたので筋力が落ちてしまい まずは一般道で歩いてみようと不動の湯からピストンしました。
杓子山から鹿留山までの稜線歩きはとっても魅力的でした。
北尾根(?)の方角も少し入って様子を見たりして・・・

投稿: カルディナ | 2007年9月18日 (火) 22時53分

yamyamさん 大菩薩も雨?だっtのですか? じつはこの日のセカンドプランが滝子山。鹿留山が雨だったので、北の方は晴れていたのでは、と 口惜しい思いもあったのですが・・・
大菩薩も雨ときいて すこしは・・・(笑)

高座山のカヤトの花は、この季節歩いたの初めてなので驚きました
盛夏もいろいろ咲いていそう  でも暑いかも・・・

この日は 天然のキキョウを見られたのが嬉しかったです
花屋にあるのと同じ大きさ 色が濃い。


ところで 小菅の雄滝の奧の・・例の滝は、まだですか?

投稿: ba_sobu | 2007年9月19日 (水) 00時07分

カルディナさん
今日行かれたのですか!!  
杓子~鹿留山もけっこうトリカブト咲いてましたでしょう?
サラシナショウマも綺麗でしたでしょう?

ところでお天気はいかがでしたか? 富士山は顔を見せてくれましたか? こちらあまり良くなくて。

鹿留の北側にも少し入られたとか。
あのぶなは良かったでしょう?
わたしも初めて鹿留に行ったとき
ちょろと北尾根に踏み込んで そこのブナ林に魅入られ。。いつかぜひ行きたいと思ったのです。
チャンスがあったら ぜひ。

投稿: ba_sobu | 2007年9月19日 (水) 00時14分

はい!おかげさまでたくさんのトリカブトに出会えました。
ほんとにありがとうございます。
サラシナショウマの白も際立っていましたよ。
淡いクリーム色のテンニンソウと純白のサラシナショウマと濃い紫のトリカブトのコラボがとてもステキなところもあったけれどカメラでは表現できなかったです。
杓子山だけで満足したらもったいないことですね。
ぜひ いつか北尾根から歩いてみたいです。

富士山はハンググライダーの基地までは良く見えていたのだけれどあまりの暑さにめげていたら山頂についたら完全に隠れてしまいました(T_T)

投稿: カルディナ | 2007年9月19日 (水) 07時19分

うっ!!痛い所を突きますね(-_-;)

ちゃんと調べたりしてるんですけど・・・
少し延び延びになってますが、ここまで来たら紅葉に合わせての訪問もいいかな?なんて思ってます。遅くとも本年じゅうには行くつもりです。
遅すぎますか??

投稿: yamyam | 2007年9月19日 (水) 20時39分

鹿留山&杓子は実はba_sobu さんが登られた日に私も行ってみようかと思っていたのでしたが(コースは違いますが)、同行した山友の優しいコースの要望に応えて、丹波山村の高尾天平をやりました。
この記事を見て、もし今回の山友がOKじゃなかったらおそらく出会っていましたね。
そうそう、高尾天平はデンデーロと呼ぶそうです。昨年違った説明をしたと思いますがこの場をお借りして訂正させていただきます。

山から下りて駐車場に着くと朝には止めていなかったはずの車が止まっていてその車の主様は取り立てのきのこで天麩羅パーティをやっていました。その方々にお伺いしたところデンデーロという事でした。
 
ba_sobu さんが取り付いた所から鹿留山までのコースはまだやっていないので是非やりたいと思います。私一人でも大丈夫そうかしら?
帰りが新宿というのも珍しいですね。

投稿: フクシア | 2007年9月20日 (木) 04時43分

カルディナさん
トリカブトとサラシナショウマはいっしょに咲きますね。
青と白と緑の組み合わせがいかにも初秋らしんですよね (^^)

テンニンソウはどこにでもありますが そのわりに
花の時期にいきあうのって 不思議と少ないのです
今回は 綺麗に咲いてくれていて、嬉しかったです。

今回しみじみおもったんは 花の多いのは南面のカヤトだって言うこと
暑そうだけど盛夏のようすも見てみたいと思いました

投稿: ba_sobu | 2007年9月20日 (木) 23時38分

yamyamさんのような健脚でいらっしゃると
あの滝へ寄ろうが寄るまいが、コースタイムにさほど影響はないと思うのですが、わたしにとってはそういうわけにいかないと思います
あの滝だけ見るのは物足りないし かといって、どっかのついでにというわけにもいかないし、コース設定に悩みそう。


ご報告楽しみにしております  <(_ _)><(_ _)>

投稿: ba_sobu | 2007年9月20日 (木) 23時42分

高尾天平よかったですか?
水曜日のどうだろうかと思っています。

鹿留山 フクシアさんなら問題なく行かれると思います
鹿留 御正体 大室山は なんとか三兄弟?
どれも大きく堂々としていて大好きです。


あの日は新宿行きにバスにのり途中下車しました。
土曜日でしたが 中央道はスイスイでした。

投稿: ba_sobu | 2007年9月20日 (木) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿留山~杓子山~忍野:

« 青木ヶ原樹海 | トップページ | 御坂黒岳・北尾根を »