« ブラボー☆丹沢のブナ森 | トップページ | 檜洞丸、花ざがりの森 »

滝子山も緑の中

2007年5月23日(水) 快晴

たまには電車に乗りたいねと、中央線沿いの滝子山に行きました。
去年の10月に峰ノ山から南稜を登って以来の再訪です。快晴の気持ちの良い朝、きっと新緑が出迎えてくれるでしょう。  登りは鞍吾山経由で東尾根をえんえん辿り、下山は前回と同じ平ッ沢沿いの道です。

Cimg1953s_1
鞍吾山から北西への平坦な尾根には赤松が多い

【コース】  大月 → (\3050)恵能野神社 08:25- 鞍吾山09:30(15)- 送電塔 10:25(10)- 1250m峰 11:10(15)-滝子山 13:15/13:55- 防火帯終わり 14:25- 道証地蔵16:00-桜公園16:30→(\4090)大月
【地図】昭文社:大菩薩(06年版 94年版)  2.5万:大月、笹子

ええっ? 平日なのに大月駅にタクシーがいない。前の電車で団体がどさっと下り、タクシーは出払ってしまったということ。今の季節は登山もゴルフもハイシーズン、予約しておいてくださいということでした。みんなどこに行くんだろう?

ま、それでも8時半ころには恵能野神社に到着し、神社にお詣り、恵能野川沿いの道を歩き出しました。のっけから緑に溢れた明るい道で、山に登らずとも、このまま道なりに歩いてもイイナ?なんて つい・・  でも、計画通り、のぼりませう…… (^^)

Cimg1932

鞍吾山までは、こんな感じの明るい雑木林。でも写真で見るより急登です。とはいえ、尾根上に延びるフカフカな踏み跡は、苦ではなく、高度をどんどんあげて行くのが小気味よいのです。暑いのですがやはり5月、噴き出す汗も、そよ風に吹かれて心地いい (^^)。 緑の中に、まっ赤なヤマツツジの花見つけて (^O^) (^O^)にこにこ。

Cimg1949s

三角点(108.8m)の鞍吾山を素通りし、その西隣のピークで休憩。ここに初めて来たときは、マンサクに埋もれていたっけ、2度目に来たときは ネジキの白い花だった。きょうは、透ける緑・緑・緑。
鞍吾山からは北西の尾根に入ります。今までとうってかわった平坦な道。松の木も多く、トップ写真のような立派な赤松も現れました。木の間ごしに富士山がクリアに見え、嬉しかったヨ。

送電塔台地にて休憩。Photo_6

これから行く滝子山が見えます(左)。すっごい緑の量がうねっています。
右の写真は大久保山と岡松の峰、掘抜ドウミをまた歩いてみたくなった…。

送電台地の先も 歩きやすい緑の林に道が延びています。白い花咲くコバノトネリコ。 ヤマツツジ、この辺りはまだ蕾、トウゴクミツバツツジは少ないながら緑に映え清々しい。ブナもちらほらあらわれはじめました。

Cimg1991_1 右写真は御上人ノタル手前の1250m峰・尖りピークをエイコラ登り切ったところ(^^)  足元は白ザレで歩きにくいのよ~。 ヤッターって気分にもなるわけさ。 このあたりを覆ってるこのザレこそ御上人ノタルが難所タルゆえん? 
急に沢の音が大きく響くもんだから、まじで驚くよ! 見えない深い谷底にはゴーゴーと水が流れているのだろうね。Cimg1994
この雰囲気、一人だったらきっと恐いと思うよ。そしてね、もし大勢で通るなんてことしたら、キレット壊れちゃうんじゃない? 御上人ノタルのたたりに遭うかも~ナァンテ。右の写真はキレットを撮してみたが、よく分からないね (^^;)。

わたしたちは、無事タルを通過、誰かがロープつけてくれてた、たすかった_m(_ _)m エイコラ、尾根に乗っても、まだまだ続く緑の尾根。 やがて足元がちょいっと ガラガラしはじめました。

Cimg2004

そして 急登になり角度が変わると岩場です。このミニ岩場、下りはわたしたち・やまとなでしこには、恐いかもかも。でも登だからどうにかなっちゃう、一気に登り切ります。

Cimg2060_1  再びおだやかな雑木林となると、もう滝子山の山頂の一角という雰囲気。マイズルソウの葉っぱが出ているよ、チゴ百合の群生、いまごろ咲いている、清々しいカラマツの新緑いいねぇ、、などなど楽しんでいると、ポンと滝子山・三角点峰(1590.3m)に飛び出ます。

寂しげな何の変哲もないピーク、今回も素通りし最高峰に向かいました。

いつも混雑している滝子山山頂も、さすがに平日で13時を過ぎていては、誰もいません。あーあ 富士山も霞んで見えません。
でも、いいの。こんな静かな山頂でランチできるんだもの (^^)

下山は北へ 鎮西ヶ池をすぎ 大谷ヶ丸分岐をすぎ 防火帯を西に向かいます。

Cimg2084s

この広々した草地を わーっと下るのはなんとも気持ちがよいのです。シロバナエンレイソウ、ルイヨウボタン、タチカメバソウ……、さりげなく花が咲いてます。 ヤグルマソウは幼い葉を出し始めました。 もう少しで華やかな系のお花が、ガンガン自己主張始めるのでしょう。ただ今準備中(^-^)

Cimg2104_1 平ッ沢沿いの樹林帯に入っても沢の音、清い流れ、軽やかな緑を愉しみながら下ります。でも、あんよが疲れてきましたよ ^^;
途中、滝を見るのをうっかり忘れ、上の道を歩いてしまい…うーん、残念。次回は必ず、滝見コースを行きますぞ……

Cimg2106_1

代わりに笹子小4年作 「モチヶ滝」 あと15分の 案内板の写真をば。

さんざ歩いて ようやく林道の道証地蔵に出たらもう16時になっていました。大月からタクシーを呼ぼうとしたけれど圏外、しかたなし林道を歩きながらやっと捉えた電波でコール、桜公園で無事タクシーと落ち合えました。

きょうは一日中、若々しい緑が圧倒的。でも お花もなかなかグッドでした。
ということで きょうのお花のアルバム
(名前違っていたらお教えくだされませ)

Cimg2000
トウゴクミツバツツジ                  コバノトネリコ

Cimg2027

イワカガミ・・今が盛り 濃い色や薄い色と いろいろ咲いていました。

Cimg1955

オトコヨウゾメ                     ガマズミ

Cimg2011

キジムシロ                         フモトスミレ

Cimg2080

チカメバソウ                       ルイヨウボタン

Cimg2077

クリンユキフデ                シロバナエンエイゾウ

Cimg2096

クリンソウ(咲いていたのはこれだけ)          イチゴの仲間。

  
では また (^^)/~~~

|

« ブラボー☆丹沢のブナ森 | トップページ | 檜洞丸、花ざがりの森 »

コメント

イワカガミを見に行くってどこだろうと楽しみにしていました。
納得しました。このコースではないけれど滝子山にはあると聞いたことがあります。

ベストタイミングな山選びしますね。
すごいです!

地形図で追ってみたけれどわからなくなっちゃった(笑)

投稿: カルディナ | 2007年5月26日 (土) 17時59分

こんばんわ~。
滝子山は岩稜の尾根もあるのでイワカガミもありますね。
って、滝子山のイワカガミ、場所知りません^^;

花の名前で「まったく???」は「クリンユキフデ」で
探して見てくださいな(^_^) 

あと一つ、「I」ですね。
ビシッと決めてくださりマセナ^^;               

投稿: Hg | 2007年5月26日 (土) 22時44分

昭文社エアリア地図の 1994年版 5万分の1じゃなく
4万分の1 を お持ちですか?
これには地名 沢名が 細かに載っていて、御上人ノタルという地名も記載されているのです。

地形図では尾根を丹念に追ってみてくだされ。。

いわかがみ 滝子山は岩山ですから けっこうあちこちで咲いているはず。 南稜には水曜にかかわらず 幾組かのパーティが 入られたようです。今が満開のときなのでしょうね。

投稿: ba_sobu | 2007年5月26日 (土) 23時02分

Hgさん

クリンユキフデ  ありがとうございます

「九輪とは重なった葉のさまを,雪筆とは白い筆状の花穂を表しています。」
なーるほど。白い穂を触ってみれば良かった。筆のような感触がしたのかもしれません。

さらに別のサイトでは 
「この白い花穂をそっと垂れ下げる九輪雪筆は、春早くに花を開き、その花は下の茎葉といっしょに食べることができます。

ですって。
でも食べる気はしないです

そして「I」ですね
とびっきりのね(・・・^-^)
見たいような 未完のままとっときたいような?複雑な心境

Hgさん とびっきりなの よろしく


投稿: ba_sobu | 2007年5月26日 (土) 23時13分

こんばんわ。
水曜日は滝子山でしたか。
つい最近、滝子山にもイワカガミがあると知ったので、そちらかな??なんて思ってました。

土曜日、サカリ山北西の巡視路を登ったのでサカリ山に寄って周辺を探索してみました。ここの北面はイワウチワですね。だから、花期は過ぎてました(-_-;)そして、数が非常に少ない。イワウチワ目当てじゃ行かない方がいいですよ。でもトウゴクミツバツツジはすごく多くてちょうどサカリ!!それで満足できました(^_^)v

投稿: yamyam | 2007年5月27日 (日) 18時43分

地図情報ありがとうございます。
昨年 古地図を買い換えてずいぶん処分しました。
4万分の1は持っていなかったような・・・

大きな本屋さんでのぞいてみます。
そこには専門的な地図が置いてあるのは知っていましたが
バリエーションルートに興味を持ち始めたのがごくごく最近なので
通り過ぎていました。

滝子山のいわかがみ 来年ねらおうかと密かに思っています(^_^)
一株でもピンクの花を見つけるとすごくうれしいですものね

投稿: カルディナ | 2007年5月27日 (日) 21時40分

yamyamさん サカリ山はイワウチワだったのですか

小管のグリーンシャワーを浴びたいと思うのですが、
なかなか行かれません。サカリ山あたりは 歩くだけでいいですね、
つつじが多いなんて・・・咲いてるようす、想像できます。大木なんだろうなって。

今回のイワカガをみて 地味な花だと思っていたのを訂正します。
いっせいに咲いて みんなこっちを見ているんだもの
わたしたちは登っていたのでね。
華やかさに 圧倒されました。

丹沢にも イワカガミなら意外にあるんですよ(^-^)


投稿: ba_sobu | 2007年5月28日 (月) 16時06分

カルディナさん

4万分の1って 特別なんじゃなく
昭文社の「山と高原地図」って かつては その山域によって
縮尺が違っていて 大菩薩が4万分の一だったのです。範囲が狭くなってしまうのですが、反面 見やすい大きさでひそかにファンだったのです。

古い地図って案外役に立つみたいです。
わたしも前は 古いのは捨てていましたが 大菩薩の改訂で新しいのになじめなかったことがきっかけで 捨てないようになりました。

尾根や沢や窪や峠の名前が 新しい版になると消えていることもあったりで・・・

滝子山 わたしもそんなに行ってるわけではありませんが 色んなコースがあるし( 歩いていない道まだまだあるし) いつ行っても何度行っても 新しい発見があるような気がします。  
もし行かれたら そのようす お知らせくださいね。

投稿: ba_sobu | 2007年5月28日 (月) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝子山も緑の中:

« ブラボー☆丹沢のブナ森 | トップページ | 檜洞丸、花ざがりの森 »