« 川苔山・春のショータイム | トップページ | 畦ヶ丸~屏風岩山 »

丹沢麗し,畦ヶ丸東南尾根

  2007年5月5日(土) 晴れ

久しぶりに丹沢へ。ブナやカエデが萌えはじめサクラやミツバツツジが咲いていました。初めて歩く尾根なのに、こんなに優しく出迎えてくれるなんて。
もしかして待っていてくれたの?  
・・・(^_-)  なんちゃって。

Cimg1414s_3
畦ヶ丸東南尾根1020m、芽吹きがはじまったブナ林

行きたい森がたくさんある中、きょうはブナの芽吹きを期待して、標高のやや低い畦ヶ丸から東南の尾根を下ることにしました。帰りはいろんなのコースがとれるので・・・、権現山に着いてから考えることにしましょ・・・(^^)

【コース】 横浜活動センター06:15-モロクボ沢の頭07:25(10)-畦ヶ丸08:05-1079m 09:25-ハイキング道 10:00-権現山10:30/11:10-788m峰11:55/12:30-大滝沢 13:00-一軒屋避難小屋 13:50(20)-1064m峰15:00(10)-ハイキング道15:30-畦ヶ丸避難小屋16:00(10)-モロクボ沢の頭 16:25- 17:10
【地図】 昭文社:丹沢  2.5万 中川

Cimg1601 標高900mほどの横浜活動センターが出発点。キャンプ場を抜け忘路峠に向かいます。尾根をガッチリ支えるのは栂の巨木。ぶなも巨木。標高の割に大きな木が多いのです。尾根道から沢沿い道にはいると、細い木々は薄緑の新緑に萌え、苔むす岩には小さな白い花のシロガネソウが顔をだしていました。(←写真)

忘路峠から甲相境界稜線を東に辿ります。モロクボ沢ノ頭のジャンクションピークでであった単独の男性は、 昨日、篭坂峠から歩き出し菰釣避難小屋に一泊、このさき大室山~鐘撞山~神ノ川に出るそうです。こういう計画が立てられるのもGWならでは。

Cimg1379 わたしたちは境界稜線を右折し、畦ヶ丸に向かいました。シロヤシオの蕾のようすも見ておくつもり、でもあまり膨らんでいない?というか、蕾か新芽かよく分からないのが本音。
それにブナの芽ぶきはまだ、想像していたより春が遅いと思いました。
←モロクボ沢~畦ヶ丸の間で

畦ヶ丸には西丹から来たという若者たちがワイワイ、女の子を真ん中に朝食のメニューについて楽しそう。GWならでは、ですね♪♪いいな、いいな (^-^)

こちらはいよいよ、東南尾根を下ります。

Cimg1403_1 テープがばっちり付いています。気負っていたので拍子抜け?? そんなササヤブを一直線に下ります。藪は深いけれど、踏みあとがしっかり、、ヤブコギの必要はありません。
視界は良好、前方のピークを目指していかれるので気が楽です。降りている途中、目も鮮やかなミツバツツジに出会いました。マクロで撮るとうまくいかず、ちょっと離れてズームで撮すとこの通り。これって正解?

Cimg1423 最初のポイントの1230m台地では、ササヤブもおさまり、休憩にぴったり。
谷の奥深くからブナの大木がニョキニョキ、青空にめぶきの枝を広げています。
こういう景色が普通に現れるなんて。さすがに『緑の丹沢』なんだなぁ・、すごいよ・・・

・、

ここから右に尾根を拾うのですが・・・、テープもそう付いています。色んな色のテープがね。このルートは自分たちだけ知らなかった『有名どこ』なのかもしれません。

Cimg1437 尾根の形がしっかりしてくると、うす藪も消えて、『どうぞどうぞ、イラッシャイマセ』な道になってました。
前方には権現山の姿もあるし、周りの緑はほんとに美しいので、景色に酔いしれていけます。
(^-^)V
下るにつれ、木々の緑が濃くなり、まるごと緑の世界に入ってしまうよう・・・

Cimg1444 1079mピークあたりから、植林が混じりだします。手入れの良き真っ直ぐなヒノキ、その幹を透かして、噴き出す新緑は、なんか、ドキドキしてくる、緑さ?・・透明感ある蛍光色?
整備のされた作業道が走っています。通らせていただいてます。m(_ _)m

Cimg1464 尾根には、ときどき、 畦ヶ丸近辺には多い白い砂のざれたキレットが現れます。 短いけれど渡るときには注意が要ります。うっかりすれば急激に切れ落ちる谷底までまっしぐら・・・。その谷底は天国のように綺麗ですけど。

Cimg1461_1

道標のある権現山への道に出ると、ますます美しいブナの森。10時も過ぎ、お日さまもさかんな若葉の道、ちょっくら岩があり、それも楽しい。

そんなこんなであっという間に山頂に到着、『箒沢権現山』と書いてありました。近くにもう一つ『権現山』がありますが、あっちの権現山にはなんと書いてあるのかなぁ?
山頂の西端がすてきなので、そこで休憩することにしました。

Cimg1485s
山頂の西端

さてさて、これからどう歩こう?・・・早く来られたし、パワーもフルフルだし、なんたって、順調すぎたよね、(ものたりない??) ということで 南の尾根を辿ることにしました。
せっかちなわたしは 「ガッテンだ」と、ザックを背負って南に向かおうとしたら
「ちょっと待たれい!」 と K女 (^-^)・・・

「こういうときは ちゃんと山頂ピークまで戻らないといけないのでござるよ」 「そうでありやした」 自分で思っていたより西に寄っていたわたしは うっかりハチベイでした(^_^;)、
Cimg1490
道標の立つピークまで戻れば、さっきの南への尾根が間違いであることは一目瞭然。 こちらには、れっきとした美尾根がまっていました。「あぶなかったよ、」ありがと。
山頂からの写真、上方に分かれるのが南への尾根、綺麗でしょ →

尾根はすぐ広がりだすので、緊張を解くことできません。テープはありますが 箒沢に向かう可能性もあるので、自分たちの行き先がブレないように、尾根分岐には気を遣います、Cimg1515 なかでも1020m辺りでの分岐は足元グズグズの白ザレの急降下でした。
その先は尾根も安定し、緑の美しさに圧倒されます。
すごい~い。見て見て・・、
二人で、歓声を上げながら降りていきます。小鳥の声が賑やかな、人間はわたしたちだけなんですもん。
♪♪♪



そうして無事788mピークに乗り、ランチタイム。
降りる尾根へはきちんとコンパスを当てました。すぐ左に「おいでおいで」しているような(^-^) 行きたくなってしまう尾根、うーん、これでも降りれたか?

でもチャンと尾根を辿って、Cimg1551_2   最後はきゅっと西に振って大滝沢沿いの登山道に着地、白無垢のヒメウツギの出迎えをうけました。

爽やかな沢沿い道を歩きます、初夏の陽ざしには渓流がぴったり。釣り人がちらほら、降りてくるハイカーもちらほら。

Cimg1560_1 

沢から離れ山腹を巻きつつのっこし、降りたところに一軒屋避難小屋がありました。
かわいい、いかにも避難小屋って感じです。

川べりに腰を下ろしグレープフルーツをいただきながら、Kさんがきりだしました、
「ねぇ、このさいだから目の前の、この尾根行ってみない?」 
そう、それは東海自然歩道をショートカットする尾根、「あい、よござんす!」ということで、一軒屋小屋西北尾根?を登ることになりました

Cimg1570 
尾根の突端から、踏みあと拾って上がってみたら、ぬぁんと山の神、小屋の裏から階段が・・・(^^;)。
植林地用に整備された尾根でした。さっき降りた権現山と南尾根をながめつつ、エッサエッサと上り詰めていきます。足元に菫やキランソウが咲いてます。雑木も混じる、明るい尾根です。
←権現山をながめる


稜線漫歩?し、小広い1064mピークで休憩、ここまで藪もなくスイスイ来たのに、ダニがズボンについているの気づき、びっくり大あわて。やっぱり「春なんですかねぇ・・・」(笑) 下↓1064mピーク
Cimg1580

この先 西に左折の1070mすぎきたあたりで、踏みあとは尾根をまきはじめました。仕方なく尾根上を通すことに。しっかし、いよいよ本気の藪が行く手を塞ぎます。最後にしてヤブコギの開始。かったるいけど、あと少し。ダニがひっつく前に、ここから抜けたいよ~と、、粛々と?ヤブを漕ぎます。

Cimg1584_2

・   でましたぁ。東海自然歩道、写真の白いポール裏あたりから這い出ましたが、スキのない藪の様子がおわかりですか(笑)

畦ヶ丸避難小屋までの登り、そこから吊り尾根を緩く下って登り返します。モロクボ沢の頭を左折し、忘路峠から山を下り、朝の道を駐車場に戻りました。

きょうは、なんといっても丹沢の緑の豊かさを再認識しました。

Awakaba_1

大滝沢沿いの東海自然歩道もなかなか良い感じ (^-^)(^-^)(^-^)
畦ヶ丸方東南の斜面は、山も谷も雑木の緑に包まれていたので
手を変え品を変え、季節も変えて歩いてみたいと思いました。


では またぁ   (^^)/

|

« 川苔山・春のショータイム | トップページ | 畦ヶ丸~屏風岩山 »

コメント

手と品を変え、季節を変えて、良いですね。何度行っても新鮮さが感じられる西丹沢ですね。
私は十二日に菰釣山から畦ヶ丸付近まで歩きましたが、やはり新鮮さを誇る西丹沢でした。今度は黄葉の時期に是非訪れてみたいですね。

投稿: フクシア | 2007年5月14日 (月) 23時16分

いろいろ教わりながら たのしい一日でした
おせわになりました
あのあたりの黄葉、紅葉よさそうですね、
よりどりみどり*きみどりですね
ぜひまた行きませう
でもダニには気を抜けないだに。

投稿: ba_sobu | 2007年5月15日 (火) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢麗し,畦ヶ丸東南尾根:

« 川苔山・春のショータイム | トップページ | 畦ヶ丸~屏風岩山 »