« 畦ヶ丸~屏風岩山 | トップページ | 滝子山も緑の中 »

ブラボー☆丹沢のブナ森

2007年5月19日(土) 雨のち晴れ

土曜日はお天気が不安定だったので、欲張りコースからのほほんコースに変更、おかげでブナの森に心ゆくまでひたることができました。  (^-^)

Cimg1713_1

【コース】  新松田 07:20→ 大滝橋 08:25/08:40- 965m峰 10:40- 屏風岩山 11:20- 大滝峠 12:00-(途中休憩90分)- 畦ヶ丸 14:40- 善六ノタワ 15:35- 西沢出合(西丹沢) 16:40/17:02→新松田

新松田からのバスの中で、とうとう雨が降り出しました。大滝橋下車。 
しょうがない、カッパを着るか。(トンネルは身支度に格好の施設なのですね)

丹沢の森の表情、いろいろ

大滝橋~屏風岩山東尾根  小雨から曇りに・・Cimg1719

ミツマタの花の時期には、けっこう人が入るそうです。なるほど、いっせいに咲いたら真っ黄色な花の帯になりそうな、ミツマタの群生が続きます。緑の葉陰に名残の花殻がついていました。

Cimg1726_1

霧に包まれる植林帯。スギの樹皮が赤い工芸品のように光っていました。
そんな光景も珍しがって写真を撮ります。

Cimg1738_1

屏風岩山東峰にのると左の植林帯も終焉。
雑木林の明るい緑がわっと押し寄せてきます。

Cimg1740

霧が流れています。
霧の切れ間に三角点峰(西峰)が覗きました。

20分ほど歩くと、三角点と山名表示板のある屏風岩山に着きました。

  Cimg1804_2
屏風岩山の西尾根には
すてきなブナ林がありました。


熱写するカメラマンたち…(笑)

そのとき太陽が顔を出しました。
林床にも光が届きます。

Cimg1814

ブナ林はいっせいに輝き始めます。

雨に濡れた葉や幹が
さぁっと色を変える、
その瞬間は 
ドラマチックです。

・・・

・・

屏風岩山~畦ヶ丸   晴れ上がるも、ヤヤ荒れ模様・・・

北に向かう登山道は両側がスズタケに覆われ、かつての丹沢の姿はこんなだったのかなぁ。。。と 思わせますが・・・。大滝峠、大滝上峠をすぎ、

Cimg1832_2 やがて西(左)側に現れるブナ林に入ります
きょうはここでランチにしました。

お時間たっぷり 気持ちはゆったり
シートを敷き 靴を脱いで、すっかりおくつろぎムード

Cimg1845_3

濡れた傘や、ザックカバーや、カッパの上着やら干して・・・

屏風岩山では小虫が飛び回っていたのですがこちらにはゼロ。
おかげで心からのんびり。
ごろんとすると天井にも優しい緑のベールがかかっているのです。  (^^)

P5190053_1

・・・おやおや? どこかから いびきさえ?

z.z.z.z.z.z.z.z.z

はっと気づけば はや2時過ぎ、 
お名残惜しいのですが出なければなりません。

畦ヶ丸~善六のタワ    晴れましたよ

Cimg1875
ここは、シロヤシオ街道と言ってもよいほど、ツツジの木が多い尾根です。

大きな木は花付きが良く、ほとんどのつぼみは開き、散った花はない、まさに満開の時に行き会いました。

ぶなも大木、両側の谷は白ザレで意外や深い。
善六のタワもそんな白ザレのキレットでした。

善六のタワ~西丹沢自然教室  すっかり晴れ上がり空気も爽やかに

植林帯の急降下をジグザグ下ります。  下りても下りても、ジグザグは続きます。
Cimg1908_4
やっと沢が現れ、顔と手を洗って ほっ~としました。

でも石ゴロゴロの沢沿い道は 思うようにスピードが上がりません。

Cimg1905_2
本棚、下棚の、滝見物はパス、
橋を渡り、巨大堰堤を越え、最後に吊り橋をわたって、やっと 西丹沢自然教室に到着。

立派な建物、駐車場完備、人も多い。初めてなのでいちいち驚きです。

Cimg1912_3 きょうは 天気予報が荒れ模様のおかげで、贅沢な一日を過ごせました。

なにが贅沢か?って?
こんなに森を愉しめたってことかなぁ

お天気、季節、いろんなことの組み合わせの妙? ひょんな出合いのくりかえし。

Cimg1911_1 
 (^^)

うまく表現できなく もどかしいのですが、
まぁ、こんなことです。

では また (^^)/~~~

|

« 畦ヶ丸~屏風岩山 | トップページ | 滝子山も緑の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラボー☆丹沢のブナ森:

« 畦ヶ丸~屏風岩山 | トップページ | 滝子山も緑の中 »