« セーメーバン~大岱山~ | トップページ | 春風に誘われ~三増峠 »

大山三峰のこんな道

2007年3月28日(水) 晴

谷太郎林道起点の大山三峰の周回をちょっとアレンジ。登りは鳥屋待沢左岸尾根、三峰の凸凹こえ、そのまま唐沢峠手前の840mまで足を伸ばし、不動尻に降り、谷太郎遊歩道で戻ります。見どころ満載コースでした。

Cimg0341s
の尾根にあった常緑広葉樹の大木、シイ?カシ?? わかりましぇん。
木の又の中二階の広間は2畳ちかくあったと思います・・・ホンマか?

【コース】谷太郎林道終点08:30-とりつき08:55-415m 09:45-616m 10:50-稜線11:30(10)-ベンチ12:00(40)-大山三峰△13:15-分岐A13:55-865m 14:25-分岐B14:40(15)-不動尻15:35-谷太郎遊歩道へ15:45-(10)16:35 
【地図】エアリア:丹沢 2.5万:厚木、大山

車をとめる良いところないかなぁ・・と、谷太郎林道を走っているうち終点の駐車場についてしまいました。だからトリツキは鳥屋待沢を越えたところ。杉林のごくうすい踏み跡を辿れば北東からの(歩き良さそうな)尾根と合流し、あとは尾根なりにすいすい。植林はすぐ終わり雑木林は明るくて・・そう、初夏のような陽ざしに、うっすら汗ばむ頬にそよぐ風はまさに『5月の薫風』です。

Cimg0275s
めぶき                  シキミの花

こんもり咲いてるスミレの花、フデリンドウも点々と、あら、エビネの芽じゃないの? 谷底に花かと思うは楓の芽吹き、黄色いうすい衣まとうはダンコウバイかヤシャブシか・・・のっそり黒いヤマザクラの大木、この樹に花が咲くころは山々は若葉で埋まっているのだろう・・(^^)

Cimg0274

ときどき植林が混ざりますがおおむね雑木林、点々と残る栂の大木にホレボレ~~
415mを越え、616mをこえると尾根は細く岩っぽくなってきます。両側に迫る谷の深さが美しい。やがて尾根を左に巻く道が現れ・・・尾根を行くかどうしようかと思ったのですが、この巻き道に惹かれるものを感じ、つきあうことにしました。

Cimg0291 こんないい感じなのですが、谷底深い一枚岩を経づる箇所もいくつか。とりあえずロープがあるけど、気候と地形の気まぐれしだいの不安定な径路であることには違いありません。
きょうはラッキー、たいへん魅力な(^^)わたし好みの道でした。
ところが行けども行けども水平に延びていくばかり。。いっこうに稜線に上がる気配がありません。

作業道ってピークを巻いてしまうこともあるよねぇ・・・前方に横たわる枝尾根を、もし巻くようだったら上がっちゃおと決めました。結果は”巻いてた~”、
稜線には、登れそうな勾配にスズタケが按配よく(笑)繁茂してるので、えっさえっさとハイ登り、15分ほどで稜線の登山道にでました。そこは西側が崩壊地になっているところで、谷にはダンコウバイが綺麗です。おお、鍋嵐の愛らしい山塊ダ・・・(^o^)  鍋嵐もいいよねぇ、またいってみたいねぇ

Cimg0298

そこから5分も歩かないうちに(@_@)、先ほどの巻き道の出口がぽっかり!!・・・、残念、くやしい・・・あのまま行けば良かったよぅ、わたしって、どうも辛抱がたりないんだよ (/_;)

目の前に三峰山北峰がそびえる鞍部にはちょうどベンチ、ちょうど12時。ランチをいただきついでにお昼寝もいただきました。おだやかな落ち葉広場でした。

Cimg0309 大山三峰は標高が低いながらもれっきとした岩山で、毎年滑落事故がおこるそうです、さもありなん。。そのおかげ?かチェーンや階段が新しく☆ピッカピッカ。「金属泥棒に持って行かれちゃかもね?」と時事問題を話しながら歩きます。

三峰の三角点峰で↓ツノハシバミのお花満開
Cimg0314

岩山らしい凸凹はしばし続き、細尾根に木々の根が浮き上がっている姿に、ごくろうさま、おつかれさま、ありがとう、と心で思い、唐沢側に派生している尾根それぞれに魅力を憶え行きたい気持ちをおさえつつ、40分ほどで不動尻への分岐Aに到着。

今回はそのまま大山方面へ稜線を辿ります。歩くのは初めての道で、ワクワクします。
藪ぜんぜんナシのがっしりした尾根で、アブラチャンの株立ちが点々とあり、栂の大木が枝を広げていました。

Cimg0328

865mで左の尾根をゆくのが要注意ですが、テープなどもあり間違いはしないでしょう。今回は、この1時間ほどがいちばん良かったとこ。今まで「いつでも行かれるワィ」と、思っていながら行かれなかった、三角形の空白の一辺でした。行ってみるもんですね。  トップ写真の???の大木もこの尾根にあったもの。

大山からの登山道と合流し(分岐B)不動尻におりますが、ヒノキ林のジグザグは歩きづらくて飽きる道。ヒノキ林はきちんと手入れされ、幹には一本一本ネットが巻かれ鹿柵は撤去、鹿柵越えの階段だけが残されてました・・・この階段を使って大山に行ったのは山歩き始めてごく初期の頃。。と思い出にふけったり、ヒノキ林に点々と残されている素晴らしい栂を愛でたりしながら降ります。林道がなんども交差してます、いったいどこに抜けるのかなぁ。あ~あ、疲れたよう・・・。ふと右下をみるとポッと明るい、ミツマタだ。すごいぞ、すごいぞ。ザックを置いて駆け下ります。そこにはダートの林道があってミツマタ、ミツマタがずっと続いてます、いったい・・・。そしてこの林道はどこからどこに?

Mirumata

不動尻にもミツマタが数株 今を盛りに咲いていました。暗い植林の中なので、灯りのようにも見えるのです。

Cimg0356←不動尻で

不動尻からは、最後の楽しみ谷太郎遊歩道。フサザクラの道なのです。ざんねんなことにほとんど花は終わりで、芽吹きはじめていました。実はネコヤナギを期待していたのですが、ヤナギの姿はありません。

大山三峰山の東側には、北から辺室沢、水ノ尻沢、不動沢、鳥屋待沢、大小屋ノ沢、谷太郎川が流れ、川と川に挟まれた尾根があります。
4年ぶりにこの山域を歩いたので記録を見ていたら、今回で三峰東側の顕著な尾根はすべて歩いたことになりました ありゃりゃ・・
(^^)v うっほ~い

Img_0001 どの尾根もそれぞれの個性があり大好きです、、尾根の末端は植林ですが雑木林が多いし、そよそよな草地もあれば、栂や樅の大木が残され重厚な雰囲気もあります。

←2000年 777の尾根のソヨソヨ草地

でも三峰山は岩の山、アップダウンが激しいところ、ガレているところ、細尾根、複雑な地形が現れたりします。もちろん道標はないしテープもアテになりません。作業路も交錯してるし、広尾根で踏み跡が落ち葉で見えずらかったりもします。そういう場所ですから谷太郎の熊さんにとってもよい住処なんでしょうね(^^)。なにかの動物の臭いがけっこう残っていたりします。入らせてもらうときはそれなりの覚悟で、標高に騙されちゃダメダメよ~(^^) 

ではまた~ (^^)/~~~

|

« セーメーバン~大岱山~ | トップページ | 春風に誘われ~三増峠 »

コメント

地図閲覧サービスの地形図を利用してルートを追ってみました。
一般ルートではないと思っていたけれど いろんなルートがあるのねえ
三峰は2003年に煤ヶ谷からの一般ルートですが歩きました。
一応下調べをして出かけたけれどなかなかおもしろかった。
知らずに上がってきた人もいましたよ。標高を思えばびっくりするよね。
物見峠への分岐付近 一般ルートでさえ道が交錯していた上に踏み跡が落ち葉に隠れて危ういところがありました。
不動尻への下る道も気を許せなかったけれど周りの木々の雰囲気はいいなあと思ったものです。
そして 不動尻の手前薄暗い林の中に初めてみたのです!
蛍のようなミツマタを!
さらに今年 あんな群生を見られてとてもうれしいです(^^♪

同じ山頂踏んでも 私とまったく違う いえ知らなかったルートを歩かれてすごく新鮮な思いでいつもレポを楽しみにしています。
一般ルートしか歩いたことのないものには新しい世界が広がり カルチャーショックです(^_^)v

投稿: カルディナ | 2007年3月31日 (土) 17時33分

「逆コースは嫌だなあ」というご感想、同感です。

大山にしても三峰にしても自宅から煤ヶ谷辺りまでが行きやすいので
良く行きました、もちろんわたしたちは「石橋をたたいて・・・」派なので、まず辺室山へ2度ゆき、物見峠の分岐の「三峰は手強いぞよ、心して登れ」という看板におおいにビビッたのです。

だから初めて三峰は緊張しました。煤ヶ谷ー不動尻を3回、その間に両者の間の何本もの尾根が昔からのルートであることをしり、トリツキあたりを覗いたりしてから、2000年の777ピークの尾根登山に繋がったわけです。
こわがりなので、じわじわと範囲を広げていく歩き方、季節を変えて同じようなところを歩くことになるので、祠やベンチや道標、そして大きな木を何度も見ることになり、友だちのような気がしてきます。

それでも飽きることがないのは、山の深さでしょうね(^^)


カルさんの歩みインデックスの 表題と本文とリンクしていただけると助かるのですが。しかし、よくぞまとめられましたね。。。。驚きです。
あれは元に何かあるのですか? 記録集とか。写真も載せられてますし、さぞご苦労だったろうと・・・。まとめてみると、ずいぶんいろいろ行かれてますね。おしえていただくのはわたしの方です。


わたしも記録は、最初からすべてあるのですが 電子化するとなると・・・PDFにするのが手っ取り早いかなぁ・・・とか、うーん、 でも、なかなかできません。


☆そうそう、前回(2003年)久々に大山三峰から不動尻におりたとき、山火事後で荒れていました、山火事のことご存じでした?

投稿: ba_sobu | 2007年3月31日 (土) 21時29分

私たちは二人ともしつこいんです(笑)
と同時に臆病ですね。歩いたことあるところって安心なので行きやすいのです。でもやっぱり飽きませんよね(^^♪

古い記録まで読んでいただき有難うございます。
そもそも古い写真が色あせてきたのでなんとかしたかったのです。
スキャナーでパソコンに取り入れて保存しようと考えたのが発端です。
記録は夫と山歩きを始めたとき 夫がまめに記録を取っていたのでそれを私がミニ手帳に書き写してきました。当初はほとんど時間記録だけでしたね。いつのまにか感想が入るようになって・・・
何冊にもなったし写真も増えて狭い家でとって置く場所も悩みの種で・・
皆さんのホームページを見て私も整理したいと思ったけれどホームページは難しそうでまずはブログから・・と始めました。
細かく記録してあるときと さらっと書いてあるときといろいろ
どう整理しようか随分迷いましたが自分の思い出記録だからと今の形にしました。自分で満足して時々懐かしがって楽しんでいましたがわかりにくいですよね。
申し訳ありません。今の形だと幾つかの山行きをまとめて一つの記事にしてあるので山別にはリンクできないのです。
山別にリンクできるように また今後のことも考えてなんとかしたいと考え中だったのです。アドバイスを頂き踏ん切りがつきました。
行動に移してみます。

山火事の件 二人とも記憶にないのですが 忘れたのかしら 気がつかなかったのかしら 記録にも書いてないの。

投稿: カルディナ | 2007年3月31日 (土) 23時48分

毎回 同じようなことを書いているナァ・・と思うのですが
溜まってくると、継続は力なりって本当だ!と思います

ブログについて新企画?のアイデア浮かぶのですが、なかなか実行に移せません
ま、ほとんど自己満足の世界ですから(笑)
書いているときが 愉しんですよ。
でも、誰かが呼んで下さる☆!かも。。。ってことが 原動力であることは確かです。
これからもよろしくお願いします。カルさんもココログですよね?
色んな機能を使いこなせてないので、いろいろお教え下さいね(^^)

投稿: ba_sobu | 2007年4月 2日 (月) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山三峰のこんな道:

« セーメーバン~大岱山~ | トップページ | 春風に誘われ~三増峠 »