« 茶畑ぬけてシダンゴ山へ | トップページ | 毛無山、東尾根 »

御前山,中尾根と湯久保尾根

2007年 1月31日(水) 快晴

奥多摩檜原村の神戸から中尾根を登り、御前山に行きました。

Cimg7211s
(御前山山頂)

クロノ尾山からの稜線の北側はガリガリ凍った雪道でしたが、南側は溢れるばかりの陽ざし、富士山もぼやっと霞んでいました。山頂近くなると雪の原が眩しく広がり、梢が青空に映えていました

【コース】 神戸P8:40-827m 右雑木林 10:10-920mあたり祠10:30(15)-クロノ尾山11:05(15)-御前山△12:10/12:50-湯久保山14:00(10)-仏岩ノ頭△1435-神戸分岐・15:20(10)-神戸16:05-P16:15  【地図】昭文社:奥多摩 2.5万 奥多摩湖、猪丸

神戸岩の手前、水ノ戸沢と赤井沢に挟まれクロノ尾山まで延びているのが中尾根です。秋の終わり大岳の鋸尾根からこの尾根を眺めたとき、植林が多いものの赤や黄色も綺麗だったので、今度行ってみようと思っていました。

Cimg7178s 尾根の末端から良く踏まれた道が延びています。手入れの良い杉木立に栂の大木がニョキッと現れたり、大きな岩が座っていたり、涼やかに清められた植林の中は歩きよいフカフカ道です。急登が一段落したあたりで、ところどころ雑木林になるとパッと明るい感じ、消え残った雪の広々した林床に眩い光が溢れています。

尾根の中段はなだらかで、ひょいひょい登っていたら、山の祠がありました。お宮は三代目。石で土台が築かれ立派です。そしてなんとも可愛らしい狛犬さんたちが出迎えてくれました。

Cimg7188kozure
子連れの狛犬さん  狼なのかなぁ、耳が垂れているのヨ

Photo
なんだ、この出っ腹は! しっぽマキマキな狛犬さん

そうしてあっけなく、クロノ尾山に到着。大ダワからの登山道に合流です。
稜線の北側は雪がガリガリに凍り歩きづらかったけれど、南側に変わるとサンサンの日だまりハイキング。サイコーに気持ちよかった (^O^)

Cimg7213_1 

そうしてトップ写真の御前山に到着。北側の展望が冴えていました。鷹ノ巣山にはあまり雪が見えないけれど現地ではどんな具合でしょう??

Cimg7214

下山は湯久保尾根。ふたたび植林帯にはいりますが、こちらはずいぶん荒れています。さっきの中尾根もですが、湯久保尾根の杉ヒノキは立派です、手入れが行き届いています。掛け小屋のある1110mあたりを過ぎ、湯久保山で休憩し、どんどん下ると雑木林になりました、

Cimg7226

うわ、開放感! あったかい、明るい、小笹も綺麗、大岳の鋸尾根と似ています  (^^)
こういう道を歩かないと、ね。山歩きした気分になれないのよ。
ところで湯久保尾根はカタクリの季節に何度か来ているけれど、仏岩ノ頭の三角点を見たことがないと、ヒノキの尾根に乗りかの三角点を無事確認。そのままずんずん尾根に沿っていたら、きょう初めて落ち葉の広がりに出ました。 こんな所あったのか?と喜んでピョンピョン弾んでいったら岩の上に出ちゃっいました。(仏岩??)

Cimg7228 Cimg7229

Cimg7243 右に湯久保への道を分け宮ヶ谷戸方向に進みます。大岩が現れてきます。大岩を縫うように下ってゆくと、畑が現れ、左奧に一軒家を見ます。

神戸(作業道)の道標に従い左のヒノキ林に入ります。作業道は不明瞭なので、目をこらして見極めながら急勾配を下ります。所々ザレているので気を遣います。倒木なども多いのでそれほど歩かれていないようです。荒れた涸れ沢を渡ると道は明瞭になり、沢沿いをぐんぐん下り、やがて尾根に乗りぐんぐん下り、道路工事の音が聞こえるようになり、下に屋根も見え隠れしてくるころ尾根を右に降り、お寺に着地しました。そこから車道を10分くらい歩いて駐車場に戻りました。

Nakaone_1

黄色の点がクロノ尾山 続く濃い緑の尾根が中尾根です。(湯久保尾根から)

ではまた  (^^)/~~~

|

« 茶畑ぬけてシダンゴ山へ | トップページ | 毛無山、東尾根 »

コメント

こんばんわ。
狛犬さんたち、可愛らしいですね。大嶽神社の狛犬も可愛らしいオオカミ?ですけど、この辺りはこおいうのが当たり前だったのですかね?
お腹が大きいのとかおるし・・・

御前といえば、三頭御前に行かなきゃと思っとるのです。。

投稿: yamyam | 2007年2月 3日 (土) 21時43分

こんばんわ

子連れの狛犬って初めてで、写真のうまく撮れなかった”阿さん”のお腹の下には、子狼が二頭いて、ポーズが可愛いのです、 両方とも厳つい狼なくせに おめめが笑っているのです。 これを彫ったひと、どんな人なのかなぁと思いました。おデブのカップルもすごい愛嬌があるし、自由な発想の、なんていうか、この地域の人々の神様って暖かい。それは 人々が暖かい?

御前山登りの尾根の雑木林で ひがらが数羽ぴーちくパーチク
賑やかでした。大岳も近いことだし もしかしたらあの手乗りさんが、ここまで来たのかなぁなんて思いました。


それから 三頭御前って、どこのことでしょうか?
わたしでも行けそうな所なら 行ってみたいです。

 

yamyamさんは 御岳~高水三山をあるかれたのですね。

投稿: ba_sobu | 2007年2月 3日 (土) 23時17分

こんにちわ。
今日は近所の用事で山はお休み。昨日もいろいろあり近場にしました。

三頭御前は、三頭山の東峰のどこかにある祠なのですが、まだ寄ったことがなかったので、次回は必ずお参りしようと思っていたのです。
御前山と同じ感じで祀られた祠のようなので、ここにも可愛い狛犬さんがいるかもしれませんね?

投稿: yamyam | 2007年2月 4日 (日) 14時18分

yamyamさま

ところで 東峰って?? 三角点のあるピーク
それとも 一番賑やかな、山名表示板などのあるピーク?

三角点峰と賑やかな峰の鞍部にお宮があったような気もするけれど
・・・・記憶が、忘却の海に沈みかけています、
はてさて・・・???

もし いらっしゃったら お宮の様子など おおしえ下さい。

投稿: ba_sobu | 2007年2月 4日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御前山,中尾根と湯久保尾根:

« 茶畑ぬけてシダンゴ山へ | トップページ | 毛無山、東尾根 »