« 御前山,中尾根と湯久保尾根 | トップページ | 小管からゆく冬の大菩薩 »

毛無山、東尾根

2007年 2月7日(水) 快晴

河口湖畔の毛無山(1500m)に東尾根から登り長坂に下りました。
ハルウララの陽気のなか、湖面には湯気?、富士山も霞のベールを被り姿を見せてくれませんでした。

河口湖駅→尾根突端09:00(10)-毛無山12:05/12:50ー長坂14:15→河口湖駅

Cimg7267s 紛れもない晴天
でも河口湖はこんな感じ
浮かぶ島はうの島です。
毛無山の東尾根はちょうどこの島のあたりから始まるのだけど、擁壁に阻まれて登れません。崖の上の家が工事中で、そこに通じる階段があるので「通れますか?」とおききしたら「ダメダメダメダメダメダメ」といわれたので、ぶらぶら回り込んでいくと、柵が途切れた辺りから尾根上に伸びている踏みあとがありました。
ごめんなすって

Cimg7272

上には堂々たる赤松が艶やかに連なり、それは美しい尾根でした。やがてヒノキ林となり958m峰で左に回り込み、しばらくゆくと、良く踏まれた道が横切る鞍部をすぎ、「天神峠かな」などといっているうち、三角点の天神山がありました。松ヒノキ帯から明るい雑木林に赤松混じる尾根に変わり、相変わらず緩やかな勾配の道をだらだら歩いていきます。Cimg7309  右手、木立をすかして異なものが・・それは工事中の道路、大石峠のトンネルの・・・?、さすがに大規模でございます。
淵坂峠には名札あり。北にも南にも立派な道が降りて行きます、ついつられて辿っていきたくなるような道でした。そして直進の尾根は岩混じりの急登になります。それにしてもなんたる暑さ! 喉が渇いてたまりませぬ。Cimg7321  そんな急登が一段落すると、雑木林が広やかな感じになります。ときどき雪が残り、ときどき松の大木が現れ、雪の上にツルウメモドキの黄色の殻が落ちていたり、そうしてカヤトの原に出、南から上がってきた登山道と合流すると、すぐに毛無山の山頂に到着しました。

Cimg7345s

真っ青な上空と 眼下の春霞が対照的。
枯れ草は夏になるとお花畑に変身?? なにやらお花の残骸がたくさんありました。

下山は文化洞方面に20分ほど下り、長坂への道標に従い尾根から降ります、とたんに深い落ち葉道になりました。おおおお、落ち葉掻き分け歩くは快感です。

Cimg7356 でも幸せは長くは続かぬもの、あっけなく林道に出てしまい・・・

callしたタクシーもすぐやってきて、河口湖駅には二時過ぎに到着。

ということで、駅でお茶を飲んだりして、のんびり家路につきました。

ではまた (^^)/~~~

|

« 御前山,中尾根と湯久保尾根 | トップページ | 小管からゆく冬の大菩薩 »

コメント

こんばんわ。
相変わらず精力的に登っていますね。私はあの蛾ガ岳以来相手が見つからず暫く登っていませんでしたが、やっと先週いつものパートナーの復帰を賭けた山旅を計画し、足柄の【矢倉岳】に登りましたが、景色よろしく、歩いたルートは【足柄古道】ときて、久々山の良い気分を味わってきました。

【毛無山】といえば、頂上の山名表示板に【☆☆町コーヒーの木】って入っていたでしょ?☆☆は我が町です。毛無山の東尾根は昨年やりましたがその時に気が付いたのですが。

十二ヶ岳には行かれなかったのですね。毛無山と十二ヶ岳はセットのように二回やりましたが結構面白いですよ。昨年は地面が凍っていて危なげな箇所もありました。

尾根取り付き早々にトラバースしている道があったかと思いますが、桑留尾辺りもずっとトラバースルートがありましたが【通学路】って道標に記してありましたが、どうやらあの車道を高巻きに付いているようでしたが、感心してしまいました。しっかり道が付いていましたので車が今の様に流通していなかった頃は結構使われていたのでしょうね。

富士山を見ながら登下校なんて良いですよね。
明日は例の富士を囲む山々シリーズで、静岡県の方に行く予定です。蛾ガ岳の続きをやらないとね・・・。それでは又。

投稿: フクシア | 2007年2月10日 (土) 19時57分

ba-sobuさま 
こちら方面にお住まいでしたか・・。山好きには堪らないところで
ありますね!。丹沢、道志、御坂、大菩薩、富士外輪・・
選り取りみどりでございます!。当神奈川F市からは西丹沢奥地、
道志奥地など先ず片道2時間コースであります。(泣き言?)
経費もそれなりに掛かります・・。(明らかに泣き言!)

丹沢には残念ながらお花畑は無いのです・・。
(ヤシオツツジとマルバダケブキは優秀ではあります)
毛無山頂上付近のお花畑は種類も豊富でキレイですね!。何回か
訪問し初見の花もいくつかあり、大いに喜びました。
フクシアさん仰る十二ヶ岳のセットも超楽しいところですね!
鬼ヶ岳近辺もそうですね。レンゲショウマ、ユキザサなどが
素晴しく!印象に残っています。(丹沢では見ても極マレです)
楽しく読ませていただいております。失礼しました。

投稿: M-K | 2007年2月12日 (月) 13時56分

フクシアさま

いえいえ、こちらは フクシアサンから見ればほんのお散歩程度で・・。
ところで毛無山の山頂には コーヒー屋さんの看板はありませんでした。すっきりしたもので、きっと清掃が入ったのでしょう。通学路も気が付きませんでした。

十二ヶ岳に繋ぐコースは、御坂の花見として今年はぜひ歩こうと思っています。こちらは 電車タクシーになりますので人数をそろえねばなりません。
あの辺は、レンゲショウマはどうでしょうま? アヤメ、ギボウシねらいの方がいいかなぁ、中を取れば シモツケソウですね。お花と岩岩♪楽しみです

フクシアさんも 矢倉山、そして富士山を巡る山々。。。。着々と制覇していらっしゃいますね。そういえば 当コメントの、フクシアさんのあとにくだされた M-K氏の HPご覧になってみて下さい。 なかなかの 強者とおみうけしました。フクシアさんも 興味をもたれるサイトだと思いました。(^^)

お互い 病気ケガに気を付けて つづけていきましょ(^^)

投稿: ba_sobu | 2007年2月12日 (月) 21時47分

M-Kさま

わたしもじつは神奈川県人でございます。
でも鍋割山は遠いです、矢倉山にも行ってません。

丹沢のお花畑ですか、うーん、
御坂のようにはいかないけれど、あることはある。
ただ、単一な群生ですね。トリカブトとかフジアザミとか。
遭遇できたときはうれしいです。
ところで むかしは 塔の岳の山頂は お花畑だったそうです
「丹沢今昔」という本に出ていました。
以前は そういう百花繚乱のお花畑があったのかもしれませんね。

シロヨメナの群生
http://1203.air-nifty.com/_aozora/2006/09/post_e17b.html

投稿: ba_sobu | 2007年2月12日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛無山、東尾根:

« 御前山,中尾根と湯久保尾根 | トップページ | 小管からゆく冬の大菩薩 »