« お坊山、南尾根&東南尾根 | トップページ | 秋の坪山は静かです(^^) »

滝子山★峰ノ山から南稜を

まさか雨なんて降るはずないじゃんと、先週の計画をきょうにスライド。
滝子山の南尾根を登るなら、きちんと末端の峰ノ山を乗り越えて行きましょうと、折り目正しきわたしたちなのであった(笑)

Cimg4511s  滝子山山頂で、風が息をしていた。 雨を呼んでいるのだろうか・・・

【コース】  初狩08:00-林道08:45(15)-峰ノ山 10:00(10)-林道10:25-山頂(1620m) 13:00~13:40-分岐-林道(道証地蔵)15:25-笹一(15)-笹子16:48

2006年10月11日(水) 曇り~雨

初狩駅から国20号を西へと歩く。トラックがびゅんびゅん、騒音&排気ガス、この45分歩きがきょういちばんの苦行だった。大鹿林道に入り、すぐのお宮で大休止。
「まいった、まいった」「まったくだ」

Cimg4426s お宮の裏にがっしり延びているのがきょうの尾根。地図で想像していた尾根が目の前に現れると、さぁ、あそこを上がるんだと、ワクワクしてくる。地形図通りの急勾配は右ヒノキ、左赤松林、ふかふかで歩きよい。とりつきあたりはウスヤブがうるさかったけれど、すぐに足元涼やかになる。しかし急だよ。せっせ、せっせ、息を切らせて登っていった(左写真)

Cimg4432sこれが(→)峰ノ山の山頂。願っていたとおり和やかな雑木林が広がり、三角点(911.2m)の標柱が地面にねそべっていた。立たせてパチリ。
山頂から雑木林の中、ゆるく下り送電塔のかたわらを過ぎ、ゆるく登り返すと林道に出る。林道を横切り、いよいよ滝子山の南尾根、といっても峰ノ山の続きの雑木林を歩いていく。

秋はお花が少ないけれど、こんなのが咲いていた。
左:タカオヒゴタイ、中:コウシュウヒゴタイ、右:コウヤボウキCimg4448s_1

1140m辺りだろうか、東から尾根を合わせる。だんだんと大きな木が出てくる。

Cimg4467 南稜のシンボリツリー(と思う)ブナの木。この下で恒例の記念写真をとる。ミズナラの大樹が次々と現れる、南稜はこのミズナラがいいのよ・・ミズナラ好きなわたしは、チョーハイテンションになっていた♪♪・・・(汗)

Cimg4476s

さぁ、お待ちかねの岩岩地帯。
よっこらしょ、どっこらしょ、と乗り越えていけば、知らずに標高が稼げるので、儲けたような気分になれるのだ(笑)。いつ頃からか、しっかりロープが張られている。登りならロープなしでも大丈夫。
イワカガミの葉っぱ大量に出現。「ねぇ、咲くのはいつ頃?」 早くも次の滝子山計画をかんがえている人も。

Cimg4489s 岩峰にて休憩。陽がさしていないけど、山腹の紅葉の明るさに思わず歓声! うっとり見とれる。
岩っぽい急勾配をせっせとこなし、山頂の稜線にでるが、1620mのP2にはさらに大きな山を二つ越えて行く。お昼前なのでけっこうへばった。
山頂には誰もいない。富士山見えない。大菩薩も見えない。おとなりの大谷ヶ丸も雲の中。

Cimg4520s

ランチの最中、雨粒が落ちてきた。「思っていたよりお天気が悪そうよ」「それなら、なるべく早く林道に出られそうな、ずみ沢沿いコースにしましょう」ということで、北の鎮西ヶ池へ。
大谷ヶ丸への道を分ける、ここから初めて歩く道。防火帯だよね? 南大菩薩のあの草原が広がっている。
わーお!

Cimg4531s

盛夏はきっと色んなお花が咲いていたのね(^-^) なにやらの花殻がふわふわ残っている。霧の流れるなかでも、雰囲気満点。黒木の大樹がまたいい感じ。樅の木?何の木?といいながら下っていく

Cimg4541s

霧は気のせいじゃなくて、いつしか本当に雨粒になっており、帽子では耐えきれず、傘を広げて歩く。樹林に入る手前の広場。こんなブナの大木も。

沢沿い道になっても道幅は広く勾配は少ない、傘をさして歩けるので助かった。カラ松も、楢の木もみんなすてきなのに、ゆっくりできない・・・心残して歩き続ける。

Cimg4557s 沢には滝がいくつもあり、水辺に降りる道もついている。雨がふっていなければ、あそこでコーヒーを湧かせたのに・・・。丸太橋は緊張で渡る。
やがて
いつしか雨も止み、山に明るさがもどっていた。黄色がかった雑木林が続いている。そうして林道に出る。

Cimg4561s_1 これが道証地蔵なの?  もっとごついお姿をしていると思っていたけど、小首をかしげた優しそうなお地蔵様だった。
あとは林道をおしゃべりしながらタラタラ歩き、先週と同じ笹子吉久保の部落にでた。先週と同じお墓の脇を通り、先週と同じお庭の花を眺め、犬をからかい、笹一でおトイレをお借りし、笹子駅に向かった。

Cimg4556
きょうは帰りの休憩なしだったので疲れたな。
滝子山はいい山。
下山の沢沿い道の、大きなトチノキがいち早く色づいていた。

秋晴れに恵まれない水曜日。来週こそは、よい青空を期待して・・・

峰ノ山とりつきはKomadoさんのレポを参考にさせて頂きました。笹子側からも行けるかなと思ったけど、このルートで正解だったみたい、ありがとう。

では、また~(^^)/~~~

|

« お坊山、南尾根&東南尾根 | トップページ | 秋の坪山は静かです(^^) »

コメント

瑞牆山・滝子山のレポを早速読んでいただいてありがとうございます
滝子山はほんとにいい山ですね
私は初めてだったのでまずはメインルートを歩きましたがアノ界隈はどのコースをとってもきっとすてきなんでしょうね

森や林の美しさって心を癒してくれるので友達みんなに見せてあげたいといつも思うのだけれど たどり着くまでがスニーカーとは行かないのが難しいところです

予断ですが瑞牆山の一般ルートでないところを歩いているとき この道はきっとba_sobuさん好きそうだね・・と話をしていました くしゃみが出ませんでした?(笑)

来週はお天気が良さそうですね どこへ行かれるのかな・・レポを楽しみにしています

投稿: カルディナ | 2006年10月14日 (土) 20時55分

私も9月30日、滝子山を歩いてきました。
寂ショウ尾根から上がって、桧平、初狩と歩いたのですけど。藪山はba-sobuさんもよくご存知の成島さんに良く連れて行ってもらいましたが個人ではなかなか行かれなくて・・・。(笑)
イワカカミの葉っぱ、ほんとうに沢山ありましたよね。
咲く時期にまた行ってみたいと思った山です。ほんとうにいい感じの山ですよね。

投稿: kage | 2006年10月16日 (月) 08時31分

カルディナさんが滝子山初めてなんて驚きました。
この山はわたしたちのような電車族には駅から歩けるので人気なのだと思います。
それにどこからも特徴ある山容は存在感にありありで・・・

このところ 秋晴れ続きますね。
近郊の山々の紅葉便りもちらほら。。。。
山の紅葉の赤はせつなくて目にも心にも浸みますよね。。。

投稿: ba_sobu | 2006年10月16日 (月) 15時16分

kageさん、こんにちわ
滝子山って人気の山だ!! 上のコメントのカルデイナさんもkageさんの一週間ほど前に行かれたそうですし。
寂ショウ尾根は変化があって楽しいし山頂にいち早く登れる気がします。下山されたヒノキ平のルートもお坊の山東南尾根の感じと似ていて、最初はすごく楽しいんですけど・・・途中からヒノキ林のジグザグになって、そのころは足も疲れているので早く降りたくて仕方なくて、飽きてくる・・・でもこれは、滝子山の高さをまじめに表現している?んだ、と 思ったりして・・(笑) でも、長いですよね・・・・

成島さんのことはkomadoさんのサイトでお名前を拝見しています、よい方とお知り合いでうらやましいです。成島さんのように歩けるようになれたらなぁ、、と わたしも思います・

kageさん。また山のお話お聞かせ下さいね。
藪山はひとりじゃ行けないba_sobuです

投稿: ba_sobu | 2006年10月16日 (月) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝子山★峰ノ山から南稜を:

« お坊山、南尾根&東南尾根 | トップページ | 秋の坪山は静かです(^^) »