« 庭の千草8月 | トップページ | しろうま☆花巡り2 »

しろうま☆花巡り1

・・・・・ 「そうだ白馬岳にしよう!」 あまり知らない北アルプスだけど、白馬という駅で降りればいいらしいし、その白馬駅はムーンライト信州の終点。・・・ これが今回の山旅の始まりです ・・・ (^^)     初めての山域はどこからどう登ればよいか、見当がつかないので、まずはエアリア小冊子の最初のルートに従います。

2006年8月19日(土) 晴れ

Cimg3209h

大雪渓コース、猿倉から歩き出し。同じルートを登るらしい人の多いこと!、去年の白山登山の始まりと似てる。道ばたにはもう秋の花がさきだした。タマガワホトトギスやウメバチソウやフジバカマ・・・。いつものように写真を撮りながら歩いていたら、目の前に大きな山が現れた。度肝を抜かれた。いやぁ。すごっ、あれが白馬かぁ綺麗な山だねっ(^^)、あのてっぺんまで行くなんて信じられない。

Cimg0026s 〈大雪渓を登る〉
雪渓はニガテだ。掴まるとこがないし、気ままに休めないし、そばにお花は咲いていないし、霧が出れば前後左右上下さえ乳白色に塗り込められてしまう。でも一番早くあがれるらしいのだ。それにちゃんとルートが出来ていて赤いライン?が引かれてる。地道に前進していけば自然に上に導かれる
上部では雪渓から出て秋道を歩く。雪が解けたばかりのゴロゴロな岩屑道は歩きにくいけれど、お花を楽しめるから、どんなにか楽しい。

〈お花畑を歩くCimg3223h

いっせいに咲くオニシモツケミヤマキンポウゲ

Cimg3238fh

初めて出会ったふたつの青い花、憧れていたミヤマオダマキ(^^)
そして、おそらく今年最後のウルップソウ。この一画だけに咲いていたんだ。
ちょいと興奮気味でありやす
 (*^_^*)

かなり急なガレた道を大勢の人が歩く。ぞろぞろ、ぞろぞろ、沢や崖崩れ?を越える。強い陽ざし、疲れた足取り。 「らくっ」 近くで大きな声がした。大人の頭ほどの石が、わたし目がけてまっしぐら、右によけたとたん 「ガッシン!」 脱いだ帽子をつぶして、谷底に落ちていった。ここはかなり、危ない道である。 それなのに、こんなに人が多いってこと驚きだ。

Cimg3249_1 避難小屋まで来れば急であるけど道はしっかりしてきた。このあたりが葱平(ねぶかっぴら)とか。ミヤマキンポウゲの明るい黄色が一面に広がり、タデ?の乳白色、クルマユリのオレンジ色が華やかに散らばる。
Cimg3244_1 葱平の葱とはシロヤマアサツキのことだとか。カンチコウリゾナ、オタカラコウ、タカネシオガマ、ミヤマキオン、ミヤマトリカブト、タカネナデシコ・・・・次々に現れる花の名は、登山道に立つ植物保護?の方が教えてくださった。
マイフォト「2006白馬岳花☆花」
(未完)もどうぞ。

わたし、かなりへろへろ。歩いているのか休んでいるのか・・・ねぇ、はぁはぁ...
そうして村営小屋に到着。稜線に出たってことだ。 ふぅぅぅ~ =3 
驚いたヨ、ここでステーキが食べられるらしいぞ・・・
φ(.. )、でもきょうは、先にいかねば。

トウヤクリンドウチシマギキョウの花を横目に、えっちら、おっちら、...清水尾根と合わした、旭岳は雪渓がいいねぇ、....えっちら、おっちら....、めざす白馬山荘は、ガスに隠れたり現れたり、その先の白馬岳はまったく見えない。

Cimg3251h 〈白馬山荘に到着〉
でっかい山小屋、それで有名なんだヨン。
名前を書いて、部屋に荷物を置いて、レストランに直行~っ

うほ~い。 カンパーイ!! 生ビール。 
ふーーーーーーっ

部屋に戻った、まだ3時半、布団をかぶって
おやすみな..
ぁぃ...zzzzzzz。
おもえば昨夜は寝ていなかった....zzzzz。
素泊まり 6200円

|

« 庭の千草8月 | トップページ | しろうま☆花巡り2 »

コメント

高山病は大丈夫そうですね(^-^)
私がズ~と以前7月下旬に大雪渓登ったときよりやはり花が多いです。

<脱いだ帽子をつぶして・・・>そんな思いしたことありませんが昔から落石の多いところなのに花の魅力にはかなわないようです。
でも 怖いですねえ~。怪我なくてよかった!

雪倉岳・・・白馬山頂から見たたおやかな山姿 耳からの響き 花の多さを聞いてず~とあこがれていましたが私の体力では難しいと半ばあきらめています。
続きのレポがとても楽しみです。

投稿: カルディナ | 2006年8月26日 (土) 22時12分

そうです。
高山病にはならなかった。あれはその時の体調によるのでは、と思いました。ほっとしました。

鉢ヶ岳~雪倉山は、 御坂の毛無山~十二ヶ岳~節刀ヶ岳~雪頭ヶ岳~を歩かれているカルディナさんなら 大丈夫と思いますよ! テン泊じゃなく小屋泊まりなら 荷物も少なくていいし。アップダウンがあまりなく、当日早出し、時間をもっていれば精神的にも余裕です。 朝日岳の水平道は楽ですが、シーズン早いと使えないこともあるのですって。
わたしより ずっと強いとお見受けしています。ぜひ、好天をねらってチャレンジなさってください。

投稿: ba_sobu | 2006年8月26日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しろうま☆花巡り1:

« 庭の千草8月 | トップページ | しろうま☆花巡り2 »