« 春は駆け足、菊花山馬立山 | トップページ | 春らんまんミツマタの巻 »

雑木林の柔らかき懐に

2006年3月25日(土) 晴れ

オフ会で、権現山の西の三森北峰へゆきました。ノコギリ尾根をのぼり、長尾根を下りました。この尾根は、ン年前のわたしに、雑木林のすてきさを教えてくれたところです。

CIMG9355s 

CIMG9346s バスを杉平入口で降り 葛野川の橋を渡ると、ほうれんそうやネギの畑が広がり、茶畑がのどかにうねり、白梅は満開の枝広げ、桐の大木がすっくと美しい姿をさらしている、そんな田園風景がノコギリ尾根の入口ですCIMG9347s

CIMG9375s きょうもダンコウバイの黄色が目立ち、きぶしはノレンのような花を垂らしています、けれど淡い黄色は林に紛れてしまいそう。芽吹きをまつ雑木林の梢ごしに、肩を並べる山々みえて、それは水無と大峰、最後に歩いたのは何時のことだったっけ~と、記憶を辿りながら歩きます。

CIMG9378s  踏み込む落ち葉は厚く重なりクッションふかふか弾むよう♪♪・・この道は、初めてわたしに雑木林の愉しさをおしえてくれたところなのです、その時のときめきをずっと忘れずにいられたら・・・ただ歩いていることがわくわくになるんだと気づかせてくれたひと空気香り太陽の光落ち葉の堆積、今ここにあることに・・ありがとうありがとう・・・

CIMG9389 そうして三森の北峰に出ました。(集合記念大パーティ☆開催)

CIMG9391

CIMG9395山頂から急な岩道のアップダウンを繰り返すと、誰もが優しくなれそうなすてきな鞍部が待っています「尾名手峠」古びた道標・かつての峠道を知らせていて、中でも腰掛けに向かって降りて行く道のなんとも魔力的、惹きつける力ってなんだろうCIMG9397

腰掛側から峠を見上げる

CIMG9399s CIMG9403s

麻生山の巻き道はみごとなまでな美しい。そのに沿って歩くうち、わたしも山に心を添わせているのです

CIMG9406

長尾根も落ち葉の深さに驚いて楽しんで道は続く

CIMG9412ss CIMG9409s

麓に近づくにつれ春のきざしも目に見えてきます。                                              可憐な表情の乙女スミレ。クロモジの花芽

CIMG9423s

最後は駒宮砦をこえて浅川にかかる落合橋にでました。アブラチャンの花、橋から身を乗り出して写真に収めました・・・「うまく撮れたよ」(と思います)・・・(^^)

CIMG9401s

Hgさん、hillwalkerさん、                                  かずさん、kuroちゃん、                                 そしてそしてkomadoさん                                                  きょうは ほんとうに                                   ありがとうございました。

では~また~ (^^)/~~~

|

« 春は駆け足、菊花山馬立山 | トップページ | 春らんまんミツマタの巻 »

コメント

こんばんわ~
先日は山頂のひとときでしたが楽しい時間、ありがとう(^^)
鋸尾根も長尾根も落葉樹のよさげな道ですね~ 、落ち葉の道気持ちよさそう♪

昨年はアカヤシオでした、今年はホニャララツツジ^^;でも見に来るというのは、いかがでせう?^^;;

投稿: Hg | 2006年3月28日 (火) 23時39分

淺川にどっぼ~しないでよかったすね(*^^)v

投稿: kuro | 2006年3月29日 (水) 07時22分

Hgさん、山頂でずいぶんお待ちでしたか?富士山がクリアな時間に来られたのですものね・・遅くなったのは わだすのせい と思います。

ほにゃららつつじ、っていうの、よいですね、(^^) 
HgさんのBBSでもりあがっているのですね。いつごろになりそうですか??  
できたら ほにゃららホイホイ・・・わたしも、・・・・・。

投稿: ba_sobu | 2006年3月30日 (木) 17時06分

kuroちゃん、アブラチャンの写真、けっこうよく撮れてるでしょ。
やっぱ、苦労はしなきゃ、ね (^_-)

投稿: ba_sobu | 2006年3月30日 (木) 17時09分

おはようございます!
オフ会楽しまれたようですね(^^)
もう春の花々を満喫されてますね。

こちら、まだまだ雪山から脱出できず?
下手くそな山スキーを楽しんでます(笑)
山でのお花はもう少し先になりそうです。

投稿: さくら | 2006年3月31日 (金) 10時35分

当日はおつきあい頂きありがとございました。
ある意味勢いで決めた山・コースだったけど、なかなか良かったですね。鋸も長尾根もみどり覆う時期に歩かなければと思いました。

落合橋での一コマ ちゃんと撮れていましたね。私の方も適当にとった割りにはアブラチャンの黄色がしっかり入っていましたよ。コンクリ擁壁がちょっと邪魔かな。
http://www.ceres.dti.ne.jp/~komado/photoes/060325aa.jpg/

投稿: komado | 2006年3月31日 (金) 20時36分

Komadoさん
なんとクリアなお写真!お花の一粒までくっきり。

じつは 川辺の花を、流れを入れてとる、というの、チャレンジしたかったのです、以前見せていただいた ハナネコノメの写真がバックに沢が写っていたので、刺激されました。 でもけっこう難しいのですよね。フジアザミ、富士山をバックにも、いまひとつでした。                      
今後フサザクラやエンゴサクもチャレンジです。いづれ 鳳凰をバックにホウオウシャジンとか 飯豊をバックにイイデリンドウとか・・(笑)。 

投稿: ba_sobu | 2006年4月 2日 (日) 10時08分

さくらさん

いつ見てもスキー姿かっこいいですね~
新潟にはまた雪が降っているのですか
(天気予報によると)

でも新潟の春はすごくてんこ盛りの花盛りと聞きました
いってみたいです。
今年の夏もあえるといいなぁ。。。(^^)

投稿: ba_sobu | 2006年4月 2日 (日) 10時11分

アブラチャン。
苦労しただけのことはあるね~。
バックの川がいい味出してます。

今回の山旅の収穫は、ba_sobuさんから、樹木観察眼を養ってもらったことです。
変わった形の樹木は、想像力をかきたてますね~。

旦那さんにもよろしく言っといてくださいね。
いつか、飲み屋で打ち上げしましょうって。

投稿: かず | 2006年4月 3日 (月) 00時58分

アブラチャン ダンコウバイ かずさんの雌花の話を聞いてから 自信がなくなってきました。奥が深いのよね。リョウブとナツツバキもそうだけど、葉っぱの大きさが全然違うし、葉っぱの出方が違うことに気が付いたの、去年。それで、葉芽を見るようにしたのです。でもね、本当に、あんまりよくわかりません。
冬にブナの大木と思っていた木が、夏に行って見たらカエデだったなんて、しょっちゅうです。

木は本当に全然わからない。かずさん、お若いのだから勉強して、こんど教えてください。

投稿: ba_sobu | 2006年4月 3日 (月) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林の柔らかき懐に:

« 春は駆け足、菊花山馬立山 | トップページ | 春らんまんミツマタの巻 »