« 春らんまん桜の巻 | トップページ | 高尾の春 »

名もなき草こそ・3月

2006年3月17日 

3月・・・・・・・・春が、目に見えるようになりました。空の色風の薫り肌触り、                 そして咲き始めた早春の花たち。 お久しぶりっ (^^) 

CIMG9147h

CIMG9014 きぶし

CIMG9038 CIMG9030

CIMG9046 この擁壁は、これからは、いろんな野の花で飾られ、まるで展覧会のようです。来月はそんな写真も載せられたらいいなぁと思います。

いつも行く大好きな落ち葉の広がりに、最近こんなピンクのマーキングが打たれてました。いろんな噂のきこえる中で、気になるのもちょっとある。小さな町が吸収合併されていくで、CIMG9036 里山の姿も変わってしまうかもしれません。先日の雪の朝、点々と小動物たちの生活の足跡ありましたけど、あの動物たちはどこか別の場所をさがさなきゃね・・・。いえ、いえ、これは、あくまでウワサ、噂です (^^);;;  ・・・。 見えないところで 粛々とすすんでいるものってあるようだね。LOWギヤはゆっくり動く。それはとめられない力なの?

去年とおなじように 春は巡ってきました。でも去年の春じゃない。                                                                                                               悲しい春にはしたくないけど・・・。

|

« 春らんまん桜の巻 | トップページ | 高尾の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名もなき草こそ・3月:

« 春らんまん桜の巻 | トップページ | 高尾の春 »