« 名もなき草こそ | トップページ | 御坂はもう夏、くさたちばな »

草原を歩こう☆心ゆくまま

2005年 6月18日 土曜日、曇~晴れ

sCIMG4608

南大菩薩の稜線を 心のゆくまま歩きました。真夏の頃の華やかさこそありませんが、草の陰には可愛らしい花が咲いていました。ツツジやズミは最高の花盛り、ブナやダケカンバは軽やかな新緑です。霧が流れミルク色に包みこまれていると、サーッと風がわたり青空や稜線が現れます、こんなふうに、草原はいろいろな表情をみせてくれました。きょうはどの一瞬を思い出しても心の躍る一日でした。

幕開けはヤマツツジの満開の赤色。ワクワクしながら草原に降りて行くと、四方から霧が流れ込んできました。またたくまに繭の中にいるような濃い霧に埋め尽くされ、ミルク色のなかをユラユラ歩き回りました。カッコウの声がこだまするばかり・・・・・・。いちめんの緑にはウマノアシガタ(キンポウゲ)の黄色の点々が散らばっています。しもつけそう、ししうど、おだまき、ぎぼうし・・・小さな芽が育ち小さなつぼみを付けているものもあります。

sCIMG4676 

CIMG4682ダケカンバの新緑が目にしみます。トウゴクミツバツツジは最後の花を咲かせ、その木の下は赤紫の花びらが敷き積もりなんとも豪華です。ズミも満開で、紅色の混じるのもありました。(写真→)  足元にはすずらんの花。目立たないですが多いです。                                    

CIMG4687 白谷ヶ丸近くで、径6㎝くらいの、赤だけど中心は橙色っぽい、なにツツジ?でしょう?(←写真) わたしたちは「レンゲツツジに似ているねぇ」「ヤマツツジとは違うねぇ」までしか分かりませんです。

湯ノ沢峠の間の、ミヤマハンショウツルはもうすぐ咲くところ(惜しい!)、ヤナギランは順調に育っている(愉しみ)。ノウゴウイチゴのたくさんの白い花、(楽しみ←食べれる)。そしてズミ、ズミ、ズミ、、、花の回廊。

CIMG4719 大蔵高丸をすぎた頃、陽ざしが出てきました。空が一気に晴れ上がり、夏山を歩いている気分です。草原もむんむん、日に灼けちゃうヨ・・・早くも咲いていたオダマキも うなじを晒していました。(写真→)

木の白い小花の、み~んなズミだおもっていたら「これはミヤマザクラ」と komadoさんが教えてくださいました。おしべがワワッと上向きでピッとたっていて、可愛いです。アザミの蕾も先っぽはもう紫。 木陰にはマイズルソウやミヤマカラマツも咲いていました。(2年前に見たベニバナイチヤクソウは、去年に続いて見えませんでした。)

  CIMG4709 

こんな草原の草陰には おもわぬほど多くの花が咲いています。そういう中を歩けることはなんと嬉しいことでしょう、草むらに沈んでみたり、草の匂いをかいだり、大またでザクザクと歩いたり、・・稜線に立てば大空が広がっていて、風が頬をなでていきます。樹林の中では光線も緑、見上げるとサラサドウダンの花が透きとおってました。

そんな稜線歩きも、天下石をすぎた1626m峰?から、いよいよ下山です。

東に延びる尾根を伝います。もう15時を回っているのですが陽ざしはたっぷり、意外や大きなぶなや、見事な大岩もあり(巻いてゆける)、楽しい尾根でした。

sCIMG4733

◆ 日向部テニスコートで、大休止、何せバスまでの時間があり余ってます。コンクリ面に座るとお尻がほんわり温かく、かなりな快感(笑)。 きょうのあれこれを語り合い、ホットコーヒーを飲み、残しておいたパンを食べました。 バス停までの道すがらは、擁壁にさくコアジサイの、その容姿や生え方がどれも整っており、、うす暗い谷底には美しき白い花も見え、そんなこんなを鑑賞し 木イチゴをほほばったりしながら、バス停までの道のりも ノンビリでした。        

【山名】 白谷ヶ丸(1920m) 大蔵高丸(1770m) ハマイバ丸(1752m)
【地図】 エアリア「大菩薩」  25000地形図「大菩薩峠」「笹子」
【コース】 白谷ヶ丸-大蔵高丸-ハマイバ丸-1726m-日向部テニスコート-ハマイバ前BS

 

sCIMG4617

きょうは、ありがとう、と、山を、草原を、花を ふり返る。

そしてkomadoさん、おつきあいくださいまして、ありがとうございました。

 (^^)

・・・・・おわり・・・・・

|

« 名もなき草こそ | トップページ | 御坂はもう夏、くさたちばな »

コメント

みやまざくらは教えたというか、こりもH○さんの受け売りというか教わったもので私自身今回ズミと共に確認できたものなのです。(^^ゞ

でも、先週はほんとうに時間を気にせず歩けましたね。というかアレでも時間が足りなかったぐらい。あの稜線は何度歩いても楽しいし、新たな発見も必ずある。

心ゆくままに歩く・・・こんなに幸せなことはありません。今夏はこの南大菩薩も 御坂も 奥多摩も もっともっと丁寧に歩いてみよう。そお思っています。こちらこそおつきあい頂きありがとうございました。
 

投稿: komado | 2005年6月20日 (月) 22時08分

南大菩薩にしても御坂にしても、稜線にはおりくちがいろいろとれるので、ある意味、気楽に歩けると思いました。

そういう意味では 車じゃなくて電車、ばす、タクシー、てくシーを使うのが正解なのでしょうね。

《もっともっと丁寧に歩いてみよう》って、今回わたしも、本当にそう思いました。まだまだ歩きたいところいっぱい、見つけてしまいましたし、丁寧に歩くってことの楽しさを 知りました。
 「?はっ」ってことも 声をかけるヒトがいればこそのこと、とも。 

歩くたび新しい発見ができるなんて、そして次が楽しみになるなんて、”ほんとう素晴らしいこと”と思います。<(_ _)>
で、石庭のツツジ(ブロクのの写真の赤いアップの)はレンゲツツジなのでしょうか?

投稿: ba_sobu | 2005年6月22日 (水) 00時10分

 山歩き初心者としては(丁寧に)という余裕も無くただひたすら歩を進めています。
 いずれそういう心境になったときはご一緒させてください。

投稿: shimada | 2005年6月22日 (水) 17時02分

Shimada様、ご冗談もほどほどに。。。

こちらは とても かっぽかっぽ歩けないから 、 ゆっくり”丁寧に”休みながら、歩かざるをえないのです・・・。(赤面)

それに、お花畑にいると、せっかくきたので見逃すまい、という気持ちが働き、歩くより、とどまるように なってしまうのかもしれません。


こちらこそ いつもShimadaさんの背中を、うらやましく眺めておりますです。 ますます、引き離されてしまいそうですが、よろしくお願いします。

投稿: ba_sobu | 2005年6月23日 (木) 00時22分

こんばんわ~
南大菩薩の草原帯、気持ちよさそうですね。
レポから情景が眼に浮かんで来るようですよ(^^)

《もっともっと丁寧に・・》ですか~、ウ~ム、shimadaさんと同じく、痛いところを突かれたような....どうもがさつな歩き方が身についてしまったようで^^;

アップの花、レンゲツツジですね。花はヤマツツジより大きく、枝先毎に輪状に花を付けます。少し見慣れればヤマツツジとの区別は簡単ですよ。

投稿: Hg | 2005年6月23日 (木) 22時05分

Hgさん、あの花はレンゲツツジですか!
あのあたり、同じ木を捜したのですが、あれしかありませんでした。でも そんなことって、ないですよね、奧にはもっとあるのかもしれませんね。 なんだかワクワクです。来年は レンゲツツジのことも 気にして歩いてみよう。

《もっともっと丁寧に・・》は、komadoさんのコメントの引き継ぎですが、 わたしも そういう歩きをしてみたいです。 Hgさんのように風のように駆け抜けながら チャンと見る物を見られたら 最高です~ 
でも、風になれないから 。

Hgさんの 画像掲示板に写真を のせさせていただきました。よろしく。

投稿: ba_sobu | 2005年6月23日 (木) 23時53分

 そう、風のようにならいいですね。
 僕の場合、どたどたと歩くべき道だけを見つめ、豚のように土のにおいだけを嗅ぎながら・・・、といった感じです。
 もっと軽くなりたい、体重は充分軽いのですが(笑)。

投稿: shimada | 2005年6月24日 (金) 08時10分

Hgさん、ありがとうございます。
あやつはレンゲにしては花がチト小さかったので、最初はレンゲとヤマの交雑??(っていうのはあり得るのか?)かと思っていたんですけど、自宅に帰って画像をよ~く見てみるとレンゲにしか見えなかったのでblogの方はレンゲにしてました。

風のように・・・うまいですね。
Hgさんのようにいろいろと知悉していれば、勘どころなんかを持っているのでしょうけど、少なくとも私にはそれがほとんどない。

大菩薩縦貫はゴールデンコース、っておらも云えるようになりたいなぁ。。。でもほんとうに贅沢なコースですね。

投稿: komado | 2005年6月24日 (金) 20時36分

あんなツツジに囲まれてみたい!
恥ずかしながらサラサドウダンはまだ一度も見たことがないんです。
名前だけは知っていたのですが。
私事ですが今日やっと自宅にネットが開通いたしまして。
今までは実家に帰っていたときにネットやってました。
だからkomadoさんとこのレス遅れてごめんなさい。

投稿: かず | 2005年6月26日 (日) 00時48分

かずさん ネットが自由に使えるようになって、おめでとうございます。
これからのご活躍 楽しみです (^^)

サラサドウダンは、一度気づくとやたら咲いています、とおもいます。 派手じゃないけど、色合いの妙?というか、上品な花だともいます。きのうの御坂もかなりな量でした。・・・でも正直言って ベニサラサ、とか、チチブドウダンとかあるみたいなのに、わたしは区別ができません。

投稿: ba_sobu | 2005年6月26日 (日) 22時06分

ふっと思いました。 大菩薩縦貫・・・って Hgさんは どこからどこまでのことを指していらっしゃるのかって。
komadoさんは どこからどこ?

大菩薩峠から滝子山?

三条新橋からかなぁ・・・ 

今回のようにいっぱいコメントをいただけて、光栄ですし、かなり嬉しいです (^^) 。 でも、ちゃんとお返事できなくて、ホントにごめんなさい、でも、どうか、また、よろしくお願いします。  _(_^_)_

投稿: ba_sobu | 2005年6月26日 (日) 22時15分

大菩薩縦貫は柳沢峠から初狩だと思います。
Hgさんが去年の夏に歩かれていましたよ。
マイカーの無い僕は、小菅からやろうかな?と思っています。
やはり日の長い5月から6月がベスト。
すると来年だな~。
ネットが自宅でできるのって楽しいな!

投稿: かず | 2005年6月30日 (木) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98601/4622174

この記事へのトラックバック一覧です: 草原を歩こう☆心ゆくまま:

« 名もなき草こそ | トップページ | 御坂はもう夏、くさたちばな »