« 草原を歩こう☆心ゆくまま | トップページ | 小雨のそぼふる裏高尾 »

御坂はもう夏、くさたちばな

2005年 6月25日 土曜日、晴れ

夏の始まりをこの目で見ようと、御坂に行った。(中藤山の東1630m峰~黒岳)

CIMG4767

ヒトの行かないヤブ尾根をかき分け、登る。岩の隙間から倒木をくぐると、あちこちが引っかかり、あたふたしてしまう。そうしてエイヤッと台地に上がった。わっ (@_@)  ハロー!  ニッコウキスゲのお出迎え。 「やったぁ!」 そこは眼下に河口湖が広がる展望の、陽光が惜しげもなく降りそそぐ台地だった。

CIMG4771

こんなところにお花畑があったなんて。こんなにアヤメが咲いているなんて。 『風が来た~ 気持ちいいね~』

お花を、景色をと、夢中で写真を撮っていると・・先を行くあいぼうがふり返った。「人がいるよ」「何かしてるけど」  そう、台地の頂きには15,6人ものヒトがいた

 (^^)

富士急河口湖駅からの2番バスに乗り、あけぼの荘前で下車、諏訪神社をすぎ、大久保sCIMG4755橋で馬場川を越える、きょうの尾根が青々と間近に見える。最初のピークが、どうやら伐採され片面ハゲ山な感じ、「うん、あそこは展望良さそう (^^) 」休憩予定地が早々にきまってしまった。

◆ 取り付きは松林、下草がうるさいが、おいしいイチゴを実らせているので、ゆるしてあげよう(^_-)。  やがて、杉林になり勾配もきつくなる。お花が少なくさみしい、でも見つけたよ、これ、シャクジョウソウ(錫杖草)っていうのかな・・・パチリCIMG4756s 。 ◆急勾配はあいかわらず、だんだん雑木がまざってきた、林が明るいと元気がわいてくる。しかし暑いな、たっぷり汗をかく。ときどきドカッと大岩があったりする。1150m尾根合流の手前で休憩した。目の前にヤマボウシの花。いつも見上げている木の花が、すぐ傍にいた、嬉しくてパチリ。

◆岩が多くなってきた、アラマ、今度の岩はどこからすり抜けよう? 倒木や枝が埋まってる。よっしゃ、強行突破だ。背中のザックが邪魔になる。置いても行けないので、体をよじらせたり、力ずくでよじ登ったり、どうにか出たら岩の上、ふー、ホッとした。そしたら

CIMG4773s ◆ 冒頭の写真の台地でした、お花畑の出現です。アヤメ、ニッコウキスゲ、蕾のギボウシ、オダマキやシモツケは咲いているのもあり、・・・ こんなに太っちょの赤い実の木は 「??しで」なのでしょう(→)

台地の頂きの15,6人は、パラグライダーのヒトたちでした。大きな荷物もあるので、「どちらから上がられたのですか?」とお聞きしたら、 「この下に元工場のダートの林道が来てるので、10分くらい歩けば来られるのですよ、ハイ~」だって。・・・え~、いちばん下から藪をこいで汗かいて、ヒーコラしてきたオイラはどうなるの?CIMG0078s   

◆ (パラグライダーって、おもしろそう。できそうな感じだもの、とちょっと思うが、)・・・・・

◆こちとら、ザック担いで歩くだぞ~。すぐ下る道を右に分け、くさたちばなの道を行く、白い花が林の中に、気高い凛としたたたずまい。

CIMG4789s

1340mをこえた鞍部にはサンショウバラもさいていた (^^) 。そんな松林の道には、ニッコウキスゲの黄色い花も、クサタチバナは途切れることなし、・・・、調子よく歩いていたら、なんだか尾根が右に高まっていくよう・・・と、ここいらで尾根に乗ることに。

CIMG4797s◆ むりやりな這い登り、灌木くぐって、木枝を掴んで、急登だもの、しかたない。木の花がたわわ、ズミをパチリ、オトコヨウゾメをパチリ、ガマズミもパチリ。名前の分からない、粉のような1㎜くらいの花もパチリ(→)。尾根に上がれば少しはラクになるだろう、エイコラ、エイコラ、・・・。

◆やっと尾根に上がったぞ。なーんだ、あいかわらず急なまま。ヘイタンチ、ヘイタンチ、と、休まず行くと、すてきな平坦地が現れた、 休憩! 腰を下ろせば青い花が咲いていた、たくさん咲いていた。グンナイフウロが、静かに咲いていた。 

◆ 休憩地から10分ほど上がったところが縦走路、中藤山と新道峠の中間の1630mピーク。 さぁて、西か東かどっちに向かおうかな~。降りるに楽そうな、東の黒岳に決めた。沿道はアヤメ(青)、グンナイフウロ(青)、にっこうきすげ(黄)、ウマノアシガタ(黄)、紛れもなく丸い茎のなるこゆりユキザサ、マイズルソウ、そして、上はサラサドウダンが鈴なりの道。ときどき展望がひらけるけれど残念ながら富士山は見えません、こんなに晴れて陽ざしは強いのに。

◆すずらん峠をすぎるとブナが大きくなり、じき黒岳に到着。山頂には誰もいない。展望台にも誰もいない。ヤマツツジがまだ蕾の木もあった。木の下にはクガイソウのひと群れが、小さなつぼみを付けていた。

CIMG4875s ◆南稜を下る、梅雨時の湿った土のはずなのに、すってんすってん、よくころんだ、痛くはないし危なくもないけれど。さらさどうだん、さらさどうだん。ずっと連なっている、、いくら多くても見飽きることのない花だ。

◆板取沢への分岐、一番早く下れるが、下山地にビールを売ってない?ので、広瀬に降りることに。記憶より遠く感じて16時20分下山。出会ったハイカーの方が、「バスはこの先、T字路を右に行って左に行くの、41分発だよ」と教えてくださる。

◆あら、ちょうどの時間です。久保田一竹美術館BSが 手前にあって、41分発はその先のレトロバスBS。 ここのところ、初心者にはかなり複雑。あの方に会わなかったら、気づかなかったと思う、感謝。 じきバスの人になり、河口湖駅では すぐ乗れる特急が待っていたけれど、着替えをしたし、ビールも買いたし、次の鈍行で家路についた。

今回登りにとった尾根を、偶然、次の日にkomadoさんが歩かれました。爽やかな画像と明快な文章の記録があります。どうぞ、ご覧ください。

http://komado.tea-nifty.com/blog/2005/06/post_ef78.html

(^o^)v

【山名】 中藤山の東の峰(1630m) 黒岳(1792m) 
【地図】 エアリア「富士山」  25000地形図「河口湖西部」「河口湖東部」

【コース】 河口湖駅07:48→あけぼの荘前BS08:10-とりつき08:30(10)-1250m台地 09:55/10:25-縦走路11:45(5)-ランチ12:30/13:35-黒岳・展望台14:35/45-広瀬分岐15:35-久保田一竹美術館前BS16:25/16:41→河口湖駅

・・・・ (^^) おわり  

|

« 草原を歩こう☆心ゆくまま | トップページ | 小雨のそぼふる裏高尾 »

コメント

こんばんわ~、御坂拝見しました(^^)
色々な花に出会えましたね。自分も行きたくなってきました...ただし、藪漕ぎはなしのゴールデンコースにでも^^;
>いちばん下から藪をこいで汗かいて、ヒーコラしてきたオイラはどうなるの?
でも、山は汗かいて登るから、出会う花への思いも変わってくるのではないですか~?

因み、大菩薩縦貫、自分の場合は柳沢峠から初狩駅までかなぁ。先年やりました。今年もまた行こう、かな?、とも思っていたりして^^;

PS:余計なお世話(でスミマセン。ベニバナツクバネウツギのカキコで気になったもので)
ba_sobuさんのレポの鉄砲木ノ頭~三国山~世附峠の中にあるタニウツギ、あれはヤブウツギやフジベニウツギではないかなぁ? タニウツギはどちらかと言えば日本海側に近い方に自生する花ですね。(拙・山のAlbum→2005→浅草岳に画像あります)

投稿: Hg | 2005年6月27日 (月) 22時19分

Hgさん こんにちわ、

>山は汗かいて登るから、出会う花への思いも変わってくる

そうですよね、それに今回はまったく予想もしていなかった。というか、最初に気づけなかった、そのおかげの、驚きがありました。

>因み、大菩薩縦貫、自分の場合は柳沢峠から初狩駅までかなぁ。

う、わー。がんばっても 私は2~3日がかりです。小金沢山あたりのササは どうなっているかと思います。牛奥の・・・ちかくの 賽の河原の草原の撓みが印象的で、良く思い出します。狼平~湯ノ沢峠、 また行ってみたくなりました。前は 山を登り初めの時だったので、なにも見ていませんでしたから。


あと、タニウツギのこと ありがとうございます。 わたしも ウツギについては ちょっとまずいなァと気づきだしたところなのです。
たまたま家にあった木の図鑑には ウツギは ツクバネウツギとタニウツギとハコネウツギとニシキウツギしか出ていないので、その中から名前をテキトウに選んでいました(笑)、でも最近、どうも マズイかも、、、と、、、、

困ったなぁ、、、、、(^_^;)


どうか、これからもいろいろ お教えください。 花の名前、けっこういい加減に覚えているので。

投稿: ba_sobu | 2005年6月28日 (火) 16時00分

ん?んん~~っ?
たしかげつようみたときは おわり なんてなかったような。。。

たばちゃんまでまってなんていわないでぜひぜひみせてくださいな。できてるんでしょ?(^^)


投稿: 某k | 2005年6月29日 (水) 19時53分

粉のような1㎜くらいの花
たぶんコゴメウツギですね。
あんまり自信ないですけど。
花に関してはまだまだ勉強始めたばかりなもんで…。
UH~~M!
ずいぶんいろいろとお花が咲いていたのですね~。羨ましい!
シャクジョウソウなんか珍しいんじゃないですか?僕は図鑑でしか見たことないですよ。
あ!次の日にkomadoさんが歩いたの!
一緒に行ったのかと思いました。
う~んすごい偶然だ。

投稿: かず | 2005年6月30日 (木) 00時14分

かずさん
コゴメウツギですか。そか、ありがとうございます。 細かい花でも よく見ると可愛いですよね。
シャクジョウソウは けっこう見ます、
ギンリョウソウが 干からびているとおもっていたら シャクジョウソウです。 
それより、今回 ワニグチソウを初めて見たので 嬉しかったです。

某kさん 本文も REPもあまり変わりばえしないようなきがして あまり意味ないかな~ と思い始めたのです。 少しは 丁寧に、そして 本文のときより いろいろ思い出すことも多くて まとまりはあるとはおおもうのですが。  万々が一 某kさんのように読みたいなんて方がいらっしゃるなら、 (^^) ・・・・ おしらせくだされば・・・

投稿: ba_sobu | 2005年7月 1日 (金) 22時01分

コゴメウツギはHgさんと歩いた時に教えてもらいました。Hgさんは先生みたいな方で~す。
花の名前って間違えた時のほうが悔しくて覚えが早いみたい(笑)。
>シャクジョウソウは けっこう見ます、
いいなあ。僕はまだです。
ワニグチソウもまだなんです。
あ~御坂に行ってみたいなあ。

丹沢と三国峠の写真ありがとうございました。
丹沢はですね~去年たっくさん歩いたんですよ~。
だから
>丹沢山 蛭ヶ岳 ひのきぼら丸 大室山  菰釣山
などなどエアリアに載ってるコースをほとんど歩き、山も制覇しました。
思い出の山は
ブナの湯船山
ミツマタのミツバ岳
シロヤシオの檜洞丸、丹沢山
雪が深かった蛭ヶ岳
展望の良い表尾根
数年後にまた季節を変えて丹沢を歩きたいです。
今年は道志とか中央沿線の山を主に歩いています。時々浮気しますけど…。
あ!御坂のコメントなのにすいません。

投稿: かず | 2005年7月 2日 (土) 01時33分

かずさん こんにちわ

そうか丹沢の核心部を歩かれた かずさんが
(前、お聞きしたような気もします)

湯船山のぶなに そんなに惹かれたのなら、あのぶなの立派さは本物ですね。

御坂も南大菩薩も そして 山中湖jかいわいも お花畑よいですよ。三者三様です。ぜひ。

投稿: ba_sobu | 2005年7月 2日 (土) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御坂はもう夏、くさたちばな:

« 草原を歩こう☆心ゆくまま | トップページ | 小雨のそぼふる裏高尾 »