トップページ | 2005年5月 »

くらご峠~生藤山~笹尾根

春の陽ざしまぶしくて、森にはエネルギーが溢れてる (^O^).

2005年 4月27日 水曜日、      くらご峠~生藤山~熊倉山~浅間峠~棡原を歩きました。 春爛漫の笹尾根♪ です。 尾根上の満開の桜に歓声、三国山と生藤山は人出も満開でしたが、あとはのんびり、めぶきの雑木林や林床の花をめでつつの一日でした。

yamatutujiくらご峠からの道はあまり歩かれていませんが、エネルギーの溢れる森でした。めぶきから新緑に移ろうとするなかに、ヤマツツジが咲き、桜もいたるとろに咲き、ヒトリシズカやスミレの花の道なのです。

\\--------------------------------------------------------------------------

.

mikuni 三国山は満開の桜。ワーオ 、稜線はちょうどのめぶき。   色とりどりの『うぐいすもち』をながめつつ、なだらかなデコボコを伝ってゆきます。あしもとにはアケボノスミレやいろいろなスミレ(笑)がたくさん咲いています。

katakuri カタクリも咲いています。もう終わりかけ、でも透き通るはなびらにあえたのでニコニコ。そしてこの林の落ち葉の広がりの・・、木々の涼やかな雰囲気は、なにものにもかえがたい、笹尾根でいちばんいすきな場所です。カタクリと入れ替わるように、ナガバノスミレサイシン(と思う?)があちこちに咲いていました。

.

sasaone さぁ、そろそろ浅間峠、笹尾根とお別れです。        峠からは、日原バス停に向かいます。檜林は歩きよく、ポンポンポンと下ってゆきます、やがて沢沿いの林道に、、車の来ないすてきな道には、ニリンソウ、ミヤマキケマン、クサノオウ、いちごの花たくさん、やまぶき・・・おまけにミズの収穫あり (^^)ホクホク顔で、無事バス通りに着地しました。

棡原中学のBSに着いたとたん、上野原行きのバスがやってきました。(^^)v

沢井入口BS-くらご峠-三国山-生藤山-熊倉山-浅間峠-棡原BS

★ 山行記録をコメント欄にのせました・・・よろしかったらご覧ください (^^)

.

| | コメント (6) | トラックバック (1)

あかやしお! 日向沢ノ峰~

めぶくよ、めぶく、めぶく、めぶく・・・・、淡い緑が尾根をかけがってきた。

2005年 4月23日 土曜日、  「アカヤシオが咲いてるよ♪」と声かけられて   川苔谷~日向沢ノ峰~都県境尾根~棒ノ折山を歩きました。アカヤシオはもちろん、ミツバツツジ、ヤマザクラ、スミレ、カタクリ、イワウチワ、クロモジ、イヌブナ、イヌシデ・・・沢沿いには コチャルメルソウ、コンロウソウ、ミヤマキケマン、ヤマエンゴサク、・・・・、たくさんの花にあえました。そして人とのすばらしい出会いもありました。

sakura

川乗林道は芽吹きと花の木を楽しみながら歩く。ことしは緑の花の名をずいぶんおぼえた。いぬしで、くろもじ、キブシ・・・今まで葉だとおもっていたのが花だったなんて、驚きだ。名前を覚えたとたん、あっちからもこっちからも、「咲いてるよ」「咲いてるよ」と呼びかけられ、歩くのが、ますます楽しい。ミツバツツジやヤマザクラも川苔の大きな山腹に大きなピンクの塊を作っている。

きょう唯一のヤブの丸山で休んでいると「おお~い」と声。「わたしたちに?」「まさか・・」などといぶかりつつ、丸山を下り林道を歩く。komadoさんが踊平のHgさんを見つけた。踊平で再会?をはたし、わたしたち3人はHgさんのあとを追い日向沢ノ峰へ向かう。先着のシマダ氏とかずさんとも合流。「アカヤシオが咲いてるよ♪」という声に誘われ、予定を変更、川苔山には行かず、都県境尾根で棒ノ折山に行くことにした。

miti

都県境尾根にはいるとすぐさまアカヤシオが咲き出していた。 やわらかなぽってりとした雰囲気は優美で雅びやかな、ちょっと平安美人かも。次々に姿を見せるピンク色に、

yasio

ウキウキしながら尾根を伝っていたら、イワウチワやカタクリもさいてる。カタクリの赤ちゃんって、たった一本の緑の糸くずみたいなやつなんだ。おっきな一枚葉になるにも数年かかり、2枚葉で花が咲くのに7,8年もかかるとか。そうそう、スミレにはいろんな種類があって、これはヒナスミレ、こっちは斑入りヒナスミレ、マンサクは花の下のねじねじが特徴、そして芽吹きは里から上がってます。山の中腹の緑のかかっているのは芽吹きじゃなくて、花なのですよ。緑の花に全体おおわれてイヌシデの木はユサユサしている。みんなHgさんやシマダさんに教わった。

棒ノ折山に着いたのは15時前。山頂からは南西に急降下し、途中の沢では再び花を楽しみながら奧茶屋に出た。きょうは めぶき、多くの花々、そしてすばらしい人との出会いがありました。   Hgさん、シマダさん、かずさん、ありがとう!   そしてkomadoさんありがとう!

大沢P-川乗橋-百尋の滝-丸山-日向沢ノ峰-棒ノ折山-奧茶屋→大沢P

★ 山行記録、今回はパスさせてくださいね・・・・ (^^)ゞ

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いっせいに芽吹きはじめる雑木林

2005年 4月17日 日曜日 は、また石尾根でした。前回のおとなりの山ノ神尾根で狩倉山に登り、将門馬場からタル沢尾根で下りました

この10日の間に、谷はすっかり芽吹きの淡い彩りにうずまっていました。ダンコウバイ、アブラチャン、マンサク、アセビは、まだ山道に咲き続けています。

登りの山ノ神尾根は手入れのよい植林からはじまります。小菅山(989m)からは右側が雑木に、1286m岩峰を越えると尾根が広がり、すてきな雑木林の中を歩けます。このあたり木々のめぶきはもう少し先、けれどコバイケイソウやハシリドコロがそこここに頭を出してました。写真を撮ろうと腰を下ろしたら、ふかふかな落ち葉のあまりの気持よさ、そのままぼ~っとすわりこんでしまいました。高い木々の梢を小鳥たちが囀りながら飛んでいました。  

 kobaikeisoui

タル沢尾根では、10日前の雪はすっかり消えていました。途中のオオミズナラです。

mizunara

鹿柵と分かれた落ち葉の斜面にはカタクリの花もチラホラ (^^) 。916峰を越えると岩尾根になりガンガン下ってゆくのですが、目にしたのは谷を埋める芽吹きの美しさです。桜やミツバツツジが色を添え、この10日間の変化をつくづく感じました。

大沢P-伽藍神社-小菅山(989m峰)-狩倉山-六ツ石山-将門馬場-916m峰-日原川-東日原BS→P

★ 山行記録はコメント欄にのせました。よろしかったらご覧ください・・・ (^^)

/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

日原から石尾根へ

2005年 4月6日 水曜日  

日原からネズミサス尾根を登り、石尾根縦走路(カラ沢ノ頭)に出ました。下りは将門馬場からタル沢尾根・・両方とも雑木の多い、素晴らしい尾根でした。  

東日原P09:25-とりつき 09:35-739m峰 10:15-カラ沢尾根合流 12:30-カラ沢の頭 13:00/13:40-将門馬場 13:55-916m峰 15:40-下山口16:55-P17:15

nobori

ネズミサス尾根は急登が続きますが 1000mくらいからはひろびろとした雑木林になります。木々の形も美しく、テンションは高まります。

mannsaku

石尾根が近づくとマンサクの花が出迎えてくれました。なごり雪とマッチして、早春らしさに溢れています。

下りのタル沢尾根は、途中に鹿柵が現れますが、意外に雑木林が多いです。916m峰は、いきのいい緑色のアセビのトンネルでした。白やうすピンクの花が満開で、なかなか見応えがありました。

★ 山行記録はコメント欄にのせました。よろしかったらご覧ください・・・ (^^)

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はじめまして

はじめまして  よくたずねてくださいました。

ここが、山の空気を、感じられる、そんな場所になればいいなぁ・・・

稜線に立ったときの 青空いっぱいな浮遊している感じ

木立の中のこもれびに ほんわか抱かれている感じ

落ち葉に埋もれて やわらかな香りにとけていきそうな感じ

そして 霧の山道を、 こつこつこつこつ ひたすら歩いているときの・・・・・

Rin  (^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »