春咲く山の道辿り  長尾山~日向沢ノ峰~大丹波川

2018年04月8日 (日) 晴ときどき晴れ 

長尾ノ丸(長尾山958.4)の山頂にでたら雲がかかり寒い(5℃)は。
都県境尾根を西に向かう。

Img_6037r

すぐ両側が雑木林になり、芽吹いたばかりの軽やかな景観がひらける。

Img_6039r
都県境尾根、地味な尾根と思っていたが、なんと花の尾根だった。
ミツバツツジImg_6048r
カタクリImg_2906r
アカヤシオツツジImg_6098r
イワウチワImg_2933r
お花にすっかり満足したので もうすっかり登り終えたつもりになっていた。
おかげで、
日向沢の峰までの登りがきつい。

Img_2973r
12:30、ようやく日向沢ノ峰に到着した。すっかり晴れ上がっている
日原の山々、奥多摩の山々、その奥に丹沢、
さらに奥に春の雲にとろけそうな富士山が浮かんでいる。

Img_6149r

踊平から獅子口小屋跡におりる。沢の源頭地形はまだ早春の景観で、
林床にはバイケイソウが緑の頭をもたげ始めたところ。

Img_2994r


ネコノメソウ多数芽生えている、Img_6162r

赤い葯のハナネコノメImg_6170r
コガネネコノメがゾロゾロ出てくると獅子口小屋跡だ、Img_3020r
日当たりの良い台地でいっぷくするImg_3025r
さていよいよ、大丹波川沿いの花の道を下る。
ワサビ田のあたりで、・・・ フタバアオイImg_3039r
ヤマエンゴサクやアカネスミレが次々現れ、やがてニリンソウが加わった

Img_3061r


右から沢を合わせた辺りから広やかになる。

Img_3063r

しっとりした土を覆う緑の草地、白、水色、黄色の小花が散らばる。

Img_6205r

頭上にはチドリノキの新緑が初々しく、澄んだ青空が広がっている。

沢を渉り高巻道を登り、そして下るとヒトリシズカの大群が現れる。

Img_3073r
おっと、モノレールが出現。登山道上に敷設されているので、超歩きづらい。
登山道(木橋)を架け替えるのかも。
Img_3081r


木橋は崩れかけているものもあり、ひやひやしながら渡る。
Img_3082r

曲ヶ谷沢出合のアカヤシオはほぼ終盤。

右岸を歩いていると対岸に、見事なアカヤシオのピンクの塊が、
遠くても花の存在感は圧倒的。大木が、何本もあるのだろう、
西日を受け堂々と輝いていた。
Img_3097r

【コース】大丹波川下降点P 08:00-長尾ノ丸09:10-日向沢ノ峰12:35(50)-踊平13:40-獅子口小屋跡14:25-曲ヶ谷沢出合16:25-P16:50
【地図】昭文社:奥多摩 2.5万:武蔵日原

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生藤山 石楯尾神社から登り花さく和田の里へ下る

2018年04月05日 (木) 曇~晴 

オープンしたばかりの上野原駅南口のバスロータリーから、井戸行きのバスに乗車。

Img_2723r

石楯尾神社BSで乗客は全員下車。神社にて安山祈願をした後、3つのパーティにばらけ、それぞれ出発した。
私たちは最後から、のんびり景色を眺めながら、歩く。

Img_2731r
道標に従って、山に向かう林道に入る。杉植林の林床にはさまざまなスミレやマムシグサが芽生え、ヒトリシズカも咲き始める。

Img_2740r
林道から山道に入り、ジグザグと峠道を上がると、佐野川峠にでる。
点々と馬頭観音が置かれ、いかにも昔の道だ。

Img_2752r
佐野川峠で左折、三国峠に繋がる尾根道を行く。
やがて桜の大木が出てきた。老木は苔にびっしり覆われ、溌剌さが感じられない。
自然の流れとはいえ、せつない。

Img_2762r
笹尾根には三国山に出る。東のピーク生藤山を目指す。

Img_2776r
山頂ではまだ11時だったので、潔く次の茅丸に向かう。
茅丸のベンチに腰掛けたとたん、冷たい北風に吹きさらされ。、ランチは少し下でとそのま乗越す。結局、登山道脇の高台であわただいランチになった。

Img_2791r     北側の谷が美しい

少し先に、こんな雑木林が現れる。早まった、ここでランチが良かった。

Img_2799r
連行峰をこえると、ミツバツツジが点々と咲く岩尾根になる。
おりしも陽が射していて。。。。暖かいというより、暑いほど・・・。

Img_2807r

すっかり春の気分で、酔ったようになり、ルンルン下ると、あっという間に「山の神」分岐点に着く。
和田に向かい、急なジグザグ道を下る。芽吹いたばかりの明るい雑木林。
Img_2815r
急降下道を転ばないように気を遣っていくと、40分ほどで花の咲く一画に出た。
ここが『一軒家』で、
今は無人。。

Img_2817r
一軒家からは歩きやすい道となり、20分で和田の集落だ。
和田は、今まさに春爛漫。

Img_2841r
こんな美しい村は、ずっとずっと身近に存在していて欲しいと、思いながら
和田バス停に向かった。

Img_2846r

【コース】上野原08:36→石楯尾神社09:00-林道-山道09:40-佐野川峠10:14-甘草水10:35(10)-生藤山11:25-茅丸11:50-(ランチ30)-連行峰12:40-山の神13:20-一軒家14:00(10)-和田14:20-和田バス停14:30/14:51→藤野15:10
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:上野原、与瀬、五日市

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の風に誘われて、尾続山から要害山に

2018年03月28日 (水) 快晴 

近所の公園の満開の桜に見送られ、上野原の尾続までやって来た。
バス停の横が『尾続フラワー公園』の駐車場になっていて、停めさせていただく
(「公園」の花は、今はまだ咲いていない) 

道標に従い、尾続神社の前をすぎ 家並みを抜け
Img_2365r
杉林や広葉雑木林の登山道を登っていくと小一時間ほどで尾続山に到着する

Img_2373r
山頂からのスッキリした富士山、いいわぁ。

Img_2377r
花は予想外に少ない、ミヤマシキミなどがポチポチさいていた

Img_2378
とはいえ、なんと心地良い春の風・・・
ここは峠のようだが。。片方は塞がれていた。もしかして堀切かな?
Img_2391r
コヤシロ山でも、素晴らしい富士山にであう。広々とした眺望だ。

Img_2398r
次のピークは 「風の神様」。  神さまと富士山。

Img_2405r
峠*(登下←・→大倉)を越えると、秋葉さまの神域になる。

Img_2433r
登り着いたピークが、要害山。
秋葉神社と・・・(祠の奥には、遠くからもよく見える大杉)

Img_2443r

大倉砦の説明板
Img_2442r
山頂の桜はまだまだ。

Img_2445r
でもシキミが満開だった

Img_2448r
山頂には、数多くの色んな種類の蝶が、猛スピードで飛び交っている 

さて下山は、さっきの峠*から登下に向かう。
10分もしないで、集落に出る

Img_2458r
身延(下九一色)に通うようになってから、山の中の、このような集落が好きになり、出会うとホッとするようになった
入口のお地蔵さんたち。竹藪を背負って、いくつも置かれている。みな、ちびて丸くなっている。右の表情はよく分かり、彫った人の心情に心を遊ばす・・

Img_2464r
中ほどにもお地蔵さんたち。 明るい高台で、アズマイチゲに囲まれていた。
Img_2472r
登下の集落から県道までは30分の道のり・・・ 

タチツボスミレ や ナガハノスミレサイシン や

Img_2482r_2
ダンコウバイ や カヤの花など眺めながら 歩く
Img_2490r_2
県道に出てから、意外に早く尾続に戻れて、ホッとした。 
あまりの暑さに喉からから・・・なんという陽気だろう。
 

尾続のPから、新しい道標についていく。
鶴川を渡る橋が出来たと聞いたので・・どんな橋か確かめたい。

Img_2512r
この道を下って下って・・・川までは、けっこうありそうだ。

Img_2521r
夢吊り橋?聖武連橋? 思ったよりずいぶん立派でオドロイタ。
Img_2523r
橋から登り返して、さらに聖武連山を登るのは、(きょうは)止めにして、
来た道を戻る。  さっき下ってきた道を、今度は登るのか、あ~あ、と思ったけれど、
ユリワサビやアズマイチゲを眺めながらなので、楽しく歩けた。
Img_2516r

行かなかった聖武連山。(尾続Pより) 
今頃は、シュンランがたくさん咲いているはずです 
2016.03.21

Img_2363r_2
聖武連山には行かなかったけれど、夢吊り橋の道中で、案内板を見たので、
ウナギ淵で、ひと休みしました

4

【コース】尾続P08:40-尾続山09:20-コヤシロ山-風の神様 -要害山-登下11:20-県道(棡原大橋)-P12:05-夢吊橋-聖武連集落12:20-うなぎ淵-P13:20
【地図】ウエノハラ・ハイキング地図

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またまた太鼓曲輪尾根と地蔵ピーク


2018
年02
月22日 (木) 雨のようなみぞれのような 

みぞれ?の 軽い音を耳にしながら、傘をさして高尾駅~廿里町と、
いつもは車でサッと過ぎてしまう道路を歩く。
Img_1453r           マンサクは山にも咲いているかと期待しましたが・・

宮ノ前BSの角を左折し御霊谷川沿いを進み、中央道を渡る中宿橋に。
橋の向こうにはきょうの太鼓曲輪尾根が寝そべっている。

Img_1454r
尾根の上には、雪はなく踏み跡を辿りすいすい歩く。

Img_1455r

標高200mくらいの所からシイやアオキなどの照葉樹の森に。
ヤブツバキの赤い花
が点々と見える。そして
第一堀切

Img_1459r

続いて 第二、・・、第五と、次々に堀切を超える。
サクラの大木が時々現れだし、左から登山道と合流する。10分くらい先の『三叉路道標』まで行った。アオキの葉は雪で白く覆われている。

Img_1479r
「お天気はますます悪くなる、早く山を下りて、ランチは下りてからにしよう」
『地蔵ピーク』の尾根を下ることにした。初めての尾根だ。

Img_1482r
高尾山麓でありながら、柔らかく歩きやすい道。
両側には桜の大木が多い。深い雰囲気だが、中央道の騒音がちょっと・・

Img_1490r
唐沢山から左に曲がると車の騒音がフッと消える。
緩やかなアップダウンをるルンルン……♪

あれは!?Img_1504r

ここが地蔵ピークでした。

ジグザグに急降下していくと、中央道に突き当たる。登山道は側面に沿った急降下

Img_1520r
中央道の橋桁を潜り、河原のような荒れ地に延びる道を進むと、

Img_1525r
神明神社に出る(写真はご神木)。
梅林の白梅は、ちらほら綻びはじめた。

Img_1536r
ランチは駒木野庭園の喫茶室にていただくことにした。玄関の戸を開けると、華やかなお雛さまに出迎えてられ、係の
人は優しくて、とてもステキな所・・・。
でも古民家ゆえのすきま風、寒くて寒くて・・・冬は避けたほうが無難かも。

【コース】高尾-宮ノ前とりつき(中宿橋)08:50-第一堀切09:30-登山道合流*10:30-三叉路(道標)421m 10:45-*10:55-地蔵ピーク 11:30-神明神社12:10-駒木野庭園12:40(60)-高尾14:00
【地図】昭文社:高尾陣馬 2.5万:与瀬、八王子

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海沢探勝路から大岳へ

2018年02月17日 (土) 快晴 

久しぶりの奥多摩に、弾んだ、バテた、楽しかった。

神庭でバス下車、海沢園地までの長い林道歩きから始まる。
林道の雪が凍って油断ならない。
Img_5826r
林道沿い・・日向では明るい陽射しと心地良い沢音・・春の兆しを感じながら歩く。

Img_1354r
しかし、陽の射さない園地は寒々していた。
のっけっから岩が凍り付いているので、アイゼンを履く。

さいしょは三ッ釜の滝だ。 ややっ!凍っている。
Img_5847r
次のネジレノ滝には カラミで下りた

Img_5855r
滝は凍ってなかったけれど、辺りの岩崖は、氷ついていた
上には鋭いツララが・・・

Img_5857r
最後の大滝に。Img_5866r
きょうの大滝には、つっぱり君?出現
Img_5870r

2012年2月16日には 龍が姿を見せてたっけ
120216_2
さて、ひと休みして、大岳への登りの開始だ!!

Img_1412r

と、思ったらさっきの所にストックを忘れた(/_;)、取り行って貰ったり大迷惑トホホ・・

沢を渉り ワサビ田沿いに登るんだが、ワサビ田はこんなに長かったっけ?

Img_5893r
沢から尾根に上がる斜面。。。 けっこうバテていますだ。
Img_5897r
あの空まで行けば、尾根に乗れる。ファイト、ファイト。

Img_1420r
尾根に乗っても急登が続くが、歩いていれば 鋸尾根に合流する。
道標(もしやリニューアル?)に到着した!! ここへは12年ぶり? だった。

Img_5898r
すぐ上の山頂は、大岳らしい、いつもの和やかな雰囲気。
見下ろす尾根尾根は、なじみ深い昔からのともだち・・
Img_5899r_2
さて下りも大変、凍り道だもの

Img_1431r_2

あたしゃ、とっととアイゼンを履いた、面倒くさいけどバランス悪いんだもの仕方ないね
Img_1435r

天狗の腰掛杉から 神苑の森をゆけば、御岳神社の鳥居前に出る。

Img_1444r
商店街を抜け、

Img_1446r
宿坊をすぎ、ケーブル駅に着くと、ちょうど 16:10発が出る所。
切符を買うのにあたふたしたけど、ありがたく乗せて貰えた。

Img_1448r
  ケーブル駅の手前の家、屋根が葺き替えられたばかりでした。

  きょうも、一緒に歩いてくださった方や、途中で出会った方々のおかげさまで、
  山を歩けた気がします
  そしてワタシ、久しぶりの
筋肉痛が、なんとも心地良いのでした。

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆半島で見たもの

2018年02月7日 (水) 快晴 

黄金崎の馬ロック  お見事!! この岩壁は脆い質だとか
この赤茶の岩が夕日に黄金色に輝くそうです

Img_1285r
三四郎島の近くに見たことのない草?木?  (名前調査中)
この植物はカミヤツデという外来植物、綺麗ですが 困った子ちゃんらしいです
Img_1297r

イソヒヨドリ(♂)も3s
堂ヶ島(天窓洞)の岩の美しい縞模様(奥は三四郎島)
Img_1262r

近寄ると  白い斑点の岩はクロスミナ。。って、とにかく火山活動の産物
Img_1259r
爪木崎 アロエの花 南国的な雰囲気
Img_1313r
俵磯  一番見たかった!!

Img_5771rs
爪木崎灯台から伊豆大島を

Img_5785r
伊豆半島の山々と海

Img_1338r

伊豆半島って、見どころがたくさんありますねぇ・・・ まだまだまだ

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナとヒメシャラに見とれ☆行き着けなかった八丁池

2018年02月07日 (火) 快晴 

きょうは本命八丁池だぞ、とはいえ、宿でゆっくりしすぎ、途中で買い物しすぎ
登山口の水生地出発は10:10 チト遅い。

Img_1130r

出だしの車道はビンビンに凍りつき、歩くのも恐ろしく軽アイゼンを履く。
なだらかな道をジグザグ行くと、雪は溶け路面が露出してるので、アイゼンを脱ぐ。
めんどくさいが、こまめな着脱を心がけねば。

Img_5599r
昭文社地図には八丁池へのルートが多数あるが、最短そうでポピュラーな水生地分岐~下り御幸歩道を選択した。というか踏み跡はそこだけ、無理しない。

Img_1142r_3

山道に入る。なだらかな登りの道が歩き易いのは、雪が被っているからも
Img_5606r
枝打ちされて手入れの行き届いた杉林が広がっている。白くうねる山肌に、立派な幹が整列し、深閑な空気に満ちている。

Img_1164r
ほどなくして前方に東屋が見え、林道が横切る。東屋は、ベンチもなにもかも雪だらけなので、立ったまま軽いランチ。ありゃもう12:30になっている。

Img_1167r 

林道を横切りふたたび山道を登る。じきブナが点々と姿を現す。
「うわっ、すごい」、これほどの森とは!!

Img_1189r
ヒメシャラの太い幹も林立。
Img_1214r

ああ、深い空の色!

Img_1216r

道標「八丁池30分」が出てきたのは13:10。ここで躊躇なくUターン

Img_1209r
戻りながらも写真をいっぱい撮っていく。

Img_5651r

こんな時間をもてたのはラッキー

Photo
東屋の林道を横ぎり、杉林を下り、林道に出る手前は、ミツマタの群生地。
まだ蕾の白い点々が林床を飾っていた。

Img_1230r
駐車場に戻ったのは15:20、ほどよい時間と思う。

Img_1239r
八丁池には行けなかったけれど、雪のブナヒメシャラも歩けて大満足。
近いうち天城縦走を計画しよう、八丁池はその時に!

きょうの夕日

Img_1242r
水生地下P10:10-白橋10:30-分岐*(山道)11:15-東屋 12:10(15)-Uターン13:10-東屋14:00(10)-*14:25-白橋15:05-P15:20

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (4) | トラックバック (0)

金冠山☆観光モードで伊豆半島

2018年02月05日 (月) 快晴 

だるま山高原レストハウスPから出発

Img_1032r
おっ、いきなり雪が。

Img_1040r

アレが山頂か?

Img_5544r

戸田峠分岐をすぎるとアセビの群落。つぼみがたわわです!!

Img_1083r
山頂に到着!!
信じらんないくらい風が強い。
Img_1068r
西側、、駿河湾 真っ向からの強風で立っていられない
本当は、ここを下り、奥山ゴゼト山を経て、真城峠に出たいけれど、

Img_5556r_3
後日リベンジということにして・・・ランチは北を見下ろし
沼津港、淡島が可愛い。 
なつかしの沼津アルプス・・・そして足元にはアセビの木が
点々と

Img_1077r
さて下山。来た道を戻ります
こういう岩もありまして・・
Img_5565r
この道は沼津×修善寺の境  な~るほどね 静岡らしいなぁ

Img_5566r

すぐ先が下山口です

Img_5567r

今日の富士山

Img_1119r
戸田・御浜岬にて・・

実はここに入りたかったのだImg_5586r         駿河湾深海生物館

そうか生物館だもの、水族館じゃないんだ。
深海魚の標本を展示してあるのでした。

Img_1121r      入場料200円です、、水族館のはずないじゃない?

Img伊豆から戻った翌日に沼津港深海水族館に入るチャンスがあり
生きてるメンダコ(超可愛い)
生きてるチンアナゴ(超可愛い)に
会えました、

ということで、この日の欲求不満は解消さたのでした。
ちなみに水族館は 1700円

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月は・・・・

2018年01月31日 (水) 

年始めから、山へ行く意欲が湧かず、おまけに寒く、雪さえ降って、ついには風邪を引くしまつ。

里山とか多摩丘陵とか、公園・裏山を徘徊した1月でした。

◆ 上野原・八重山・・2度歩く

 小ピークの神さまImg_0688
  低山に栂(樅?)の大木Img_0681
         能岳からの富士山Img_0724r
  八重山デッキの近くで コロ柿(柿渋用に江戸時代、日本に入ったそうです)
Img_0734r

◆ 近所の裏山

      オニシバリの花Img_0844

◆  多摩丘陵

      片倉あたりの鎌倉みち1  
    七国峠から相原駅への道2
    感想は、町歩きは難しい。変化が早すぎる・・・

◆ 昭和記念公園

    スノーシューかわかんを持って行けば最高!!  だったけど
    思いつかなかったな

1_2  

   富士山 奥多摩(大岳、御前山) 丹沢がよく見えました2_2

  嬉しい出来事は モズに出会えたこと3_2
    ロウバイの密を吸いに???4
二月はどんな月になるでしょうね???

   さっそく雪が降りましたけどImg_1025
ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太鼓曲輪尾根


2018
年01月24日 (水) 快晴 

月曜日(おととい)の降雪はたいしたことはなかったけれど、
その後の寒冷な空気がいけない。
自宅から最寄り駅までのバスが遅れに遅れ、高尾に到着したのは9時前。

ということで久しぶりに太鼓曲輪尾根をあるくことになった。
陽射しを浴びた雑木の尾根が気持ちよさそう。

Img_1008

尾根は疎らなシノタケ帯だが、雪で倒れて凍り付き、歩くのに邪魔だ。
すぐ先の広葉雑木林は、コナラ・ヤマザクラの大木と、ヤブツバキ・カシ類の混合林。

Img_0928r

薄い雪はサクサク歩きやすく、射し込む光は気持ちよい。

Img_0924r

これだけ照っても気温が低いので、雪は溶けずにいる。

じき第一堀切が現れる。記憶より深い溝を慎重に下ってまた登る。
こんな堀切が5つもあり、太鼓曲輪尾根のよきスパイスだ。

Img_0943r

立派な山桜の木が多いことに驚かされる、
15年前の私は、ヤマザクラに目が向いていなかった。
改めて訪れたり誰かと歩くと、ステキな発見がある。ありがたいこと。

Img_0952r

やがて登山道と合流する。
富士見台まで行こうと思ったが、凄くお腹が空いたので
道標の所でランチにする。

Img_0957r

そして、来た道を戻ることにした
実は途中で軽アイゼンを落としてしまったのです、・・・

Img_0935r

あ、軽アイゼン見つけました。これ、これです!!

Img_0961r
中央道の車の音がうるさくなり。もうすぐという時、尾根を間違え
手前てにおりてしまった、フェンス沿いを歩けばすぐと思っていたが

Img_0965r

それは甘く、ゲキ藪にに阻まれ、20分も大奮闘する羽目に

Img_0966r

おかげで面白いひとときを過ごすことができた。

Img_0969r
麓の野菜販売所に美味そうな『ほうれん草\100』が並んでいた。
喜々として3束購入。

ではまた~♪

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«円山木ノ頭と本間ノ頭、塩水橋から周回