日向薬師に初詣~梅の木尾根


写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します

2017年1月17 (火) 晴れ時々曇 

日向薬師は350年振りの大修理が終わったと、BBSでAkioさんから教えていただく
それなら初詣は日向薬師がいいと、久しぶりに訪ねることにした。 

おだやかな朝、懐かしの参道をあがっていく。山門の仁王様はかっこいい、

Img_0301_r


石段は丸くけずられ、まるでつきたての重ね餅。杉並木も風格がある。

Img_0304_r
そんな石段を登り詰めると薬師堂があり、新しい茅葺きは上品で清廉、有り難さが身にしみる。みなはお賽銭の加え、お線香もお供えした。
今年もよろしく、ご加護をお願いします、…南無阿弥陀仏。

Img_0308_r

道標に従い日向山に向かう。山頂はすぐ上にあるが、正月ゆえ、清く正しく登山道を歩こうと思ったのだ。尾根下に延びる道をてれてれ歩き、20分ほどで、ようやく尾根上(日向越)に出た。直進の道は弁天の森キャンプ場に下る道。
日向山へは戻るように右折する

尾根伝いに20分ほど歩くと、大きな祠のある山頂だ。印象が薄いのは、なんでだろ?

Img_0319_r


日向越に戻り、梅の木尾根を目指し直進。すぐT字分岐につきあたる。梅の木尾根は日向薬師の西の天神平から上がってくると、この地に立てられた古い案内図で知った。 梅の木尾根は薬師尾根ともいうらしいが、よく分からない。

左・鹿柵の歩き易い道である。途中大岩が現れる。この大岩、かつてはよじ登らねばならない難所だったそうだが、今は右に踏み跡がありなんなく通過できる。ロープもある。

Img_0338_r

やがてベンチのある537m峰に到着し、ひと息ついた。
このあたりから真新しい看板が”超頻繁に”現れる。

Img_0349_r

伊勢原市の「←浄発願寺奥の院」の道標も立っているので、意味が分からない。
とはいえ、気の弱い私は大いに滅入ってしまうのだ。
「←浄発願寺奥の院」への分岐のテーブルベンチでランチ。

Img_0351_r

出発前にはりりしく 「少なくとも、大沢分岐までは行きます!」
と宣言していたが、
ずるずると安楽の方向に傾いてしまう。
太陽が翳って寒いし、きょうの第一目的は日向薬師初詣だものとか、・・・・ 理由は何とでもつきますね、ハハハ。。

よく整備された道Img_0362_r

ということでガッシリした尾根を、杉や松の根っ子張り出しに気を遣いながら急降下する。歩く人が少ないのか。地面は柔らかく、急降下のわりには膝や足に優しい。

Img_0365_r

ほどなくして左の谷に導かれると、そこが浄発願寺奥の院。次々に現れる卵塔など。
自ずとあの世との境にいるようなヘンな気持ちになってくる。

Img_0382_r
浄発願寺(じょうほつがんじ)は江戸時代「男の駆け込み寺」とも言われ、徳川家の庇護もあり大いに
信仰を集めていたそうだ。しかし、昭和13年、山津波に襲われ土砂が流入し多くの文化財を失い、寺は現在地に移転。旧跡は「奥ノ院」とされたとか、(現地の説明板による) 奥の院の石段横の沢には、多くの仏像や仏塔が、今もなお埋まったままという。

Img_0391_r
岩屋~本堂跡~罪人のよる53段の石段などを過ぎ、さらに続く石段を下る、多くの仏塔や(頭の欠けた)仏像が並んでいる。最後に山門跡や念仏岩を見て、ようやく日向林道に出ると、現世に戻った気がした。  下の写真は山門跡前の六地蔵

Img_0396_r_2

日向林道を下りつつ、現在の浄発願寺にもお詣り。
立派な三重の塔や本堂などを持つ、大きなお寺である。

Img_0407_r

やがて谷は開け。明るい谷戸の田園風景が広がる。そうして日向薬師バス停まで降りてくると、あら、売店でミカンを売ってる。安い、味見は美味しい、駐車場はすぐ近く、ということで、わたし2袋、わたしは3袋…と、次々に買い込み、ずっしり重い荷物をおみやげに、家路に向かった。

【コース】日向薬師P09:20-日向薬師(山門・本堂・裏)09:30(40)-日向越10:30(日向山往復)11:00-537m峰11:40(10)-奥の院分岐 12:05(30)-浄発願寺奥の院13:00(20)-日向林道13:30-石尊寺(改修中)13:45-浄発願寺14:20-ミカンなど買いつつP15:00
【地図】昭文社:丹沢 2万5千:厚木 

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えとの山に行く・・・ウトウノ頭

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年1月7日 (土) 快晴 

きょうび、登山口はここから。

Img_0121_r

過激なジグザグで尾根に出て、燕岩への直登ルートは×なので 左に作られた過激なジグザグを上り詰めると、尾根に出ます。

一石山
Img_0129_r
もうここからはルンルンな、比較的なだらかな尾根歩き

ただ左側がヒノキ林なので寒く感じます。
右側の広葉樹林には、なぜにかヤドリギがたくさん付いています

Img_0132_r
ヒノキ林が途切れると、不思議なくぼ地で、有名なオオミズナラのいるところ。
ちょっと草臥れたようすでした。

北側の尾根にのり、やはりヤドリギのブナをパチリ
人形山は尾根の一角でピークらしくありません

Img_0146_r
おお、なんとなごみの尾根が待っているのでしょう。
Img_0154_r

木々たちも立派です

Img_0170_r


元気なぶなImg_0183_r

テング巣な ミズナラ

Img_0184_r

空は青く、風はなし!
Img_0242_r

ススサカノ丸

Img_0219_r
ダケカンバが増えます

Img_0234_r

いい森ですねぇ
Img_0243_r
いぬぶな。
前方がウトウノ頭

Img_0240_r
アセビの森になり
岩が増え 急登になり、双耳の片割れに乗ります。

Img_0247_r

あれま、ギャップは、こんなに激しかった??  忘れてました。
でも無事、辿りつきました ここがウトウノ頭です。

Img_0251_r

1587.9m 三角点あります

Img_0249_r_2

さ~ 来た道を戻るよ。
まず、あのスズ坂の丸をこえ・・・

Img_0261_r
金袋山を越え

Img_0270_r

オオミズナラさん、また、ね。

Img_0278_r
ヒノキ林を右に見て・・

Img_0281_r_3

ふぅっ、こっからが、きょう最大の難所

Img_0286_r
これが登山道なんて、しんじらんない。こわいよ~
やっと一石山神社ですけど、ちゃんと下りるまで 気を抜かないで。。。

Img_0292_r

と、いうことで、きょうのえとの山は なかなかよかったです。


【コース】日原渓流釣場P09:00-一石山神社09:15-一石山10:15(10)-大ミズナラ10:50-人形山11:00-金袋山11:40-篶坂丸12:10-ウトウノ頭12:40(20)-篶坂丸13:30-金袋山13:45-大ミズナラ14:00-一石山14:15-(15)一石山神社15:00-P15:20

今年の11月の洞門完成で、このゲートは通行可能になるそうですが、
小川谷林道は、どうなのでしょう????? 通れるようになるのでしょうか?

Img_0120_r_2

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2017年1月1日 (日) 快晴 

あけましておめでとうございます。

2017年の初日の出。 相模湾が光ってる、手前は鍋割?

P1010647_r

早起きして、山に初日の出を拝みに行くのは 2010年以来途絶えていましたが
久しぶり、夜中2時に家を出ました。

神ノ川林道がどうも・・・、真っ暗なのでよく分かりませんが、途中で崩壊しているような・・・。車を降りて道を確認し、そろそろ進みます(「うらたんざわ釣場」辺り)。
こんな箇所が何回かありましたが、無事、日蔭沢橋に到着しました。

parking

凍った舗装路を登山口までソロソロと歩き、そこからヒノキ林の急登、です
林道を越えて、まだ続く急登です。
ぶな林に入れば、緩やかになるはずと自分を励まし、登ります。

うぬ? ぶな林は積雪が、意外に雪は多いみたい? 鹿柵出来たみたい?
ふだんはブナを愛でながら歩くところも、暗くて見えなければひたすら登るだけ。

「日の出に間に合わないかも」というA君には先に行ってもらい、わたしは内心ホッとして、ぺースを落としたのでした。、

東の空が燃え始めました。足元にクマササが出てきました。
熊笹稜線に出る前の、最後の急登です。

Img_0017_r
熊笹稜線で目に飛び込んできたのは

Img_0020_r
稜線の雪は少ないですが、凍っていて怖いったら・・・ 北風が吹き抜けます
太陽は正面に聳える檜洞丸の向こうから、昇るのでしょう・・・

Img_0025_r


赤く焼ける山々を眺めるうち 日の出の時刻が過ぎました
     (トップに載せた檜洞丸からの日の出の写真は先行A君による)

Img_2906_r
わたしの檜洞丸到着時07:15のようす

Img_0034_r
祠も木々も道標も朝の光につつまれています

Img_0036_r


寒い朝は ホットココアに限りますねぇ

P1010688_r

やぁ、素晴らしい朝です

P1010694_r
下山は 来た道を

P1010709_r
そしてヤタ尾根に。やっぱり鹿柵がバッチリできていました。
rinぶなも、柵の中

Img_0075_r
さぁおりましょう

Img_0079_r 
雪の下り 気持ちよい

P1010727_r
ハリギリの巨木

Img_0096_r

そろそろヒノキ林になるのか?

P1010733_r
ひのき林の急降下も無事クリアし(途中の林道)

Img_0109_r
ふ~、到着下山口。  確かに神の川林道は荒れています
Img_0114_r_2

途中もこんな様子

Img_0116_r 

去年の台風の影響とか・・・ 

 

【コース】日陰沢橋P03:40-登山口03:50-林道04:30-ベンチ05:35-熊笹ノ峰稜線06:30-檜洞丸07:15(45)-熊笹ノ峰分岐08:35-ベンチ09:06-ヒノキ林へ09:15-林道09:45-登山口10:10-P10:25
【地図】昭文社:丹沢 2.5万:中川

 

よい山よい友と、よい時を 過ごせるのは最高です。

みなさまにとりましても、素晴らしい一年でありますように。

どうか ことしもよろしくお願いします~~

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下部あるき~ 釈迦ヶ岳

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年12月24日 (土) 快晴

新八坂峠から 南アルプス 赤石、荒川、塩見、そして北岳
手前の山は 蛾ヶ岳

Img_0138_r_2

タクシーは、大八坂まで上がってくれた。陽射しに溢れた林道に下りると、懐かしげな風景が待ち受ける。葉をすっかり落とした下部の山々は、暖かく、柔らかく、わたしたちを取り囲み、いつもの配置で安心感を与えてくれる。

道端に「天空採園」の案内があり「(素泊)出来ます」との文字。「お会いできたらいいな」と言いながら錠口(じょうぐち)を下る。「コンニチワ~」と大き声を掛けるが、返事なし。代わりに庭の奥からワンワンワン・・。

4
八坂峠に向かう栂の峠との分岐に道祖神があった。きちんとお守りされている。八坂の集落は古くから続いているとか。わたしには
思いも及ばぬ地縁だ。

Img_0112_r

八坂峠は、植林の中で展望はあまりない。10年くらい前には何の標もなかった記憶だが、道標が2種類あった。北風が吹き抜け、寒いの何の・・

Img_2813_r

釈迦ヶ岳を目指し、カラマツ&ヒノキ林を登る。林道がのっこす新八坂峠で素晴らしい展望にであう。雪をまとった南アルプスの整列、なかでも荒川赤石が大きく美しい。

Img_2820_r                かっこいいねぇ

新八坂峠からは登山道と思えぬ急登だが、短いのであっさり登り切る。緩やかな松林に散らばるエビフライを拾いながら歩いた。
左側は薪炭林らしい雑木林、木々を透かし甲府盆地を見下ろしながらで気持ちよい。

Img_0141_r
「釈迦ヶ岳に着きました」 えっ?、ここ? 確かに山名標と三角点があるけれど、もう一つの御坂の釈迦ヶ岳と、これほど違う雰囲気とは!

Img_0157_r

下りるには早すぎる時間だが、とりあえず、道標の『釈迦屋敷跡』ってのに行ってみよう」。
山頂のすぐ下と思っていたのに意外に遠く、双耳の東峰への吊り尾根を伝う。
タンタンタンと心地良く歩き、東峰を乗り越えた所に、いらっしゃいました。

Img_0159_r

お釈迦様というけれど、わたしには女性に見える。おっ母さんって感じの、慈愛に溢れたステキな佇まいは、ここの明るさにふさわしい。
良いランチ場に恵まれたのも、お釈迦様のお導き?

Img_0162_r

下山の釈迦ヶ岳北尾根は、地形図破線にしては踏み跡らしいものがない。尾根に沿ってひたすらの急降下。ガレガレの足下は、アンバ峠からと同じだ。まだ日は高く雑木林の尾根は明るいので、小気味よく下っていける。

Img_0174_r    急降下が一段落した所

林道が横切る手前で尾根から右に(北に)振る、ふっと尾根が広くなり地図では見えにくい尾根の別れがあった。右を行く。すぐ大岩が現れる。
地形図上の小さな空白は、この岩のことだった。

Img_0180_r

上に立てば恐ろしい高度感。下から見上げるとかなり立派だ。

Img_0183_r


岩の周りで少し遊んで、再び下る。すぐ大きな無線設備に出会う。
「甲府市防災無線中継局」で、ここもすばらしい展望台、南ア、八ヶ岳(雲かかる)、前衛の山々など心ゆくまで楽しんだ。蛾ヶ岳から高萩にカーブしながら下る尾根がチャーミングだった。

Img_2873_r

すぐ下の林道を横切ると、下芦川へのしっかり整備された道に続く。崩壊地には巻き道が作られ、ロープもある。そっか、中継局の巡視路なんだ~、なるほどガッテン。
素晴らしきルンルン道を、山旅が終わるのを惜しみながら下る。

Img_0198_r

やがて家並みが見え、車の音が聞こえ、ついに芦川沿いの里道に降りた。下山口は知らない人には分かりにくい、つまりはそういう道だってことだ。

3    道路脇のおじぞうさん

上九一色農産物直売所から、市川タクシーをコール。若い運転手さんのお人柄おかげで、気持ちも朗らかに芦川駅に着く。そのとたん、滑り込むように甲府行きがホームに入る。甲府ではビールなど購入し、暖かい座席に納まることができた。

Img_0223_r  タクシーを待ちながら・・・・・・王岳のあの尾根も歩いてみたいよ、


山納めにふさわしい、ゆとりのあるよい山の一日だった。
来年は どんな山に出会えるだろう


【コース】甲斐岩間08:13→(5770円)大八坂08:50(天空採園+20)-八坂峠09:45-新八坂峠10:10-釈迦ヶ岳10:40-釈迦屋敷跡11:00(80)-釈迦ヶ岳12:30-大岩12:45-林道(防災無線)13:10-向村橋14:45-元上九農産物販売所15:00→(3880円)芦川

みなさま、ことし一年、こんなブログを見て下さいまして、コメントもたくさんお寄せ下さいまして ありがとうございました。

みなさまにとりまして、来年もよい年でありますように。

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉岳山 初冬

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年12月13日 (火) 晴れのちくもり

携帯カメラの写真です  トチノキ2016121309400000_2

月夜根沢

2016121309410000
倉岳でランチ後 穴路峠をすぎ、天神山に 雲が出てきたが、北側の展望よろし

2016121312360000
すっきりした登山道
2016121312500000

高畑山の三角点

2016121313150000

北尾根は、ホカホカの落ち葉尾根

2016121314020000
鳥沢駅舎があたらしくなっていました。電車が出たばかりでしたが、綺麗な待合室で、
お菓子を食べながらの時間調整もよかったです。

【コース】梁川08:20-登山口08:40-水場10:10-立野峠10:30-倉岳山11:20(40)-穴路峠12:30-高畑山13:20-石仏14:20(10)-小篠貯水池14:50-鳥沢15:30

【地図】昭文社:高尾陣馬 2万5千:大月・都留 

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車で登頂出来る山 ふたつ

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年12月11日 (日) 快晴 

お見舞いに行ったのに、ご当人が運転・案内してくださり、二つも登れました

八溝山Img_0052_r
これは
びっくり展望台Img_0056_r
おそばやさんで
Img_0063_r
御亭山Img_0073_r
八溝山を望む

Img_0076_r

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しき展望!初冬の社山南稜


写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します

2016年11月17,18日 (土日)  

一日目 曇

憧れの”わ鐵”に乗って間藤駅にやって来た。銅親水公園までタクシー(1720円)

Img_0041_r_2

久蔵沢沿いの林道を歩き、
左岸に移ると、山側はなだらかなカラ松赤松林となり、
そろそろ…という所で入山。

Img_0045_r            ↑ 先日の中倉山の尾根(右)


点々と立つ。『久蔵雨量局順路→』の白い標識はカヤトに紛れ目立たないが、、
順路を追う努力はしていく。結局、追っかけきれない。

Img_0124_r
雨量計へは行かず、途中から直登し、1150m辺りで尾根に乗った。

Img_0053_r

カヤトに太い赤松が点在する尾根、骨太なシンプルさがいい。
振り返ると、中倉山など足尾の山々が、雪の北面をこちらに向けている。

Img_0055_r

カヤトに延びる細い経路、夏~秋はヤブ漕ぎが、大変なんだとか

Img_0061_r
1100mあたりでテント(泊)

2日目 曇

軽い荷を背に、山頂めざし出発する。

赤松はどれも屏風絵に出てくるような立派なものばかり。

Img_0117_r

じき足元にそよそよのチシマザサになり、1250mで左折の尾根に乗ると、ダケカンバの軽やかな、なだらかな道に。

Img_0080_r

やがて私たちは1550m圏の広尾根というか、大広場を歩いていた。

Img_0100_r

前方に盛り上がるのは社山(山頂は奥)

Img_0085_r

鞍部は、左側が崖の、気を抜けないヤセ尾根。
通過すれば社山の最初の肩1630mへの急登だ、

Img_0088_r
薄く積もった雪と岩稜で、心臓はバクバク、それでも「シロヤシオの木が多いわね」などとお喋りしながら、いくつも小ピークを超えていく。

ついに樹林を被ったピークが現れ、そこは紛れもない社山山頂だった。

Img_0092_r

三角点と山名表示あり。シャクナゲもあり。

裏に回ればドカンと大きな男体山と、間には水を湛えた大きな中禅寺湖。

Img_0093_r
20分後、来た道を戻る。山頂肩の急降下は、ササに積もった雪で滑りやすい。

Img_0098_r

1500m圏の広尾根では、ゆっくり休憩した。

Img_0101_r

チシマザサの尾根を快調に下り、

Img_0105_r

やがて立派な赤松林になり、カヤトが胸の辺りまでの高さになると、テント場である。

尾根下部の急降下点までくる、ここからの道は???、
人の踏み跡? シカさんの踏み跡? テキトーに・・・。

Img_0120_r

帰りなので尾根上の雨量計に寄ってみる。このまま南稜を通し末端に降りようか?、
でも、今日は断念。巡視路で戻ることになった。

最初こそ順路を示す白い標柱を追っていけるが、じき標柱は行方不明。谷をトラバースする辺りは道も怪しげで、だいたいこの辺でしょうと、人やら鹿やらの踏み跡を辿るうち、標柱はふらりと現れる。でもすぐ何処かに。とにかく降りればよいので、ガンガン降りる。

林道に着地したのは、結果オーライのほぼ登山口だった。

Img_0126_r
カッパを脱いだとたん、雨が降り出した。慌ててカッパを再装着したが、
山を下りてからの雨ってことは、ラッキ-、ということよ。

時間があることだし、南稜の末端を見ておこう。

Img_0135_r


一枚岩の崖、う~むここを降りるのか?、痛いトゲの木多し、無理?行ける?けんけんがくがく。左右に逃げられる小尾根もあるが、どうしても尾根を通すなら、それなりに工夫しなきゃね、その分面白そう。

Img_0144_r

帰宅後、足尾の観光パンフレットを眺めていたら、南稜のことは「バカ尾根」と記されていた。なぜ? とってもすてきな尾根なのに・・・・・なぁ。

Img_0040_r_2

(1日目) 間藤11:40→銅親水公園12:05-とりつき12:35-1300mテント場14:15  
(2日目)
 テント場06:50-広尾根07:40-肩08:00-社山 08:50(20)-広尾根09:40-テント場 10:25(60)-林道12:25-南稜先端(25)-銅親水公園13:30→間藤

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日よりの今倉山


写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します

2016年11月22日 (火) 快晴 
 
素晴らしい小春日和、道志の今倉山に出かける

道坂峠に上がった。

Img_0802_r


なんとも 紅葉、オオモミジ、すごっいな。

Img_0816_r

尾根の右側はぶな林 今までヤブで気づかなかった。
Img_0848_r

いいね。いいね。Img_0855_r

あっというまに 今倉山、暑いくらい
Img_0856_r

稜線のブナも健在   この道はひだまりハイキングにうってつけ♪ 

Img_0888_r

西峰から富士山
Img_0870_r


夏は陰気に見えるこの辺りも 穏やかな・・・

Img_0919_r


ぶった切り林道のため尾根を外れる所の大ブナ  二十六夜山が見えてます

Img_0939_r

二十六夜山に向かう尾根もなんとも涼やか、
Img_0958_r

道坂峠に戻るの林道から。。カラマツ光る

Img_0977_r

ススキも光る

Img_0976_r
きょうも一日ありがとう

【コース】道坂峠P09:00-稜線09:10-今倉山10:30(25)-西峰11:00(10)-西ヶ原11:15-赤岩11:35(55)-林道13:20-二十六夜山13:40(15)-林道14:10-P15:00
【地図】昭文社:高尾陣馬 2万5千:都留

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び富士山大室山~そして野尻草原に

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年11月16日 (水) 晴と曇

 10月25日 訪ねたばかりの富士山大室山を再訪、
納得できない道を確認しなおすこと、山頂から富士山と対面すること、大室火口を歩くこと、そして野尻草原を訪ねること、そんな思いがありました・・・。

大室山ブナ広場の黄葉に、ギリギリ間に合った

Img_0764_r
背負子山の丘と、大室山のデッカイ腹に挟まれたはばひろの道を行く。

Img_0569_r

でも前回の景色と違う。
それに前回は、右への登り口付近に「メガネ穴」や「保安林」の標を確かに見た。
目を皿にして歩いていくが、

Img_0584_r           おちばと溶岩

結局見つからぬまま、大室山を通り過ぎてしまったけど、 まぁいいか、
このまま進み、野尻草原を先に訪ねることにしよう。

Img_0590_r

両側にスズタケが増え、道は直角に左折(写真↑)。
じき林道は二俣に分かれる、左を行く。
樹海に入る。苔むした森、溶岩が積まれ、大小さまざまな穴があく。

Img_0593_r
放置トラックあり。野尻草原に到着だ。

Img_0600_r

トラックは運転席部分だけ、後部は落ち葉に沈んでいる???
ボロボロな木製フレーム。いつの時代のものだろう。

Img_2678_r
ススキの草原に入る。想像してたよりだんぜん広い。

Img_0606_r
長尾山(左)と片蓋山(右)の間に、富士山がどーんと見えるはず・・・超~残念。
いいや、「また来ますから」と、

Img_2711_r
道を戻りつつ、大室山への登り口を探さねば。 がしかし・・
「メガネ穴」「保安林」の標がなかなか現れない、   適当に登っちゃえ !

緩やかに登っていく。平気平気、上に行けばいいんだよ。
いつの間に カラ松林はブナ林になった。

Img_0665_r

アラ向こうに見えるは ササヤブ、っていうことは、もう大室山の肩だ。
右からやってくるは赤布の道、前回、登ったルートだ。

Img_0670_r
大室山北峰を通過し、ただちに南峰に向かう。三角点はすぐ見つかる。

Img_0702_r
奥に展望台。だが富士山は雲の向こう、まったくぅ、ついてない。しかし眼下に広大な景色が広がる。直下のススキ原が野尻草原、いくつもの寄生火山も見える。

Img_2740_r

尾根の北側に回り、ひとしきり散策の後、

Img_0695_r
大ブナの下でランチをいただくことにした。

Img_2739_r

ふと見あげると南側がいやに明るい。陽が射してる。「わっ、青空だ、晴れてる」
大急ぎで三角点に駆けつける。
そして展望地に出る。

Img_0723_r

きょう、火口に下りる予定はカット、大室山を後にする。ぜったい、また来ますから。

Img_0735_r


下山は前回と同じ道を辿る。  謎を解かねば。
あっけなく道らしき鞍部におり*、記憶のカラ松の丘の台地からアセビ帯を抜け、
道形を辿り「メガネ穴」の標のある林道に下りた。その先に「保安林」の標。

Img_0746_r_2

良き道はやがて剔れ、右が土手状に迫り上がる。
そしておだやかなブナ広場に戻るのだ。

落ち着いて大室山ブナ林を眺めれば、黄色に包まれた明るい世界、
大らかな枝振り、癒やされます・・・。

Img_0765_r

やっと理解、きょう登った林道が正解で、、
前回は(そして今回の下山路は)背負子山の北側鞍部の林道だった。
大室洞穴やメガネ穴はこの林道の北。(分かっていれば洞穴探しも出来たのに)

そして、大室山下山のさい通過した 「道らしき鞍部*」 こそ、
今朝歩いた立派な林道だった。

Img_0742_r 現場ではよく分かります

【コース】富士風穴入口P08:30-富士風穴08:45(10)-ブナ広場09:05-10:45(野尻草原)11:25-大室山へ12:00-大室山12:40-南峰三角点12:55(ランチ13:20)14:00-カラマツ台地14:25-林道14:40-ブナ広場15:00-P15:15
【地図】昭文社:富士山 2.5万:鳴沢 「富士山を見る知るハイキングガイド」

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像付き掲示板 再開しましたっ☆

写真はポップアップウインドウ、クリックすれば拡大します
2016年11月17日 (木) 快晴 

このたび 中断をしておりました画像付き掲示板ですが
めでたく再開できることになりました。

どうかみなさま
ときには 自然のこと お山のこと などなど
わたしに教えて下さい 

右サイドバーから 入れます

画像はなくても かまいません。

Img_0723_r
一瞬だけ かいま見えた富士山 !  2016.11.16 大室山(鳴沢)

山域別レポ一覧は  soon あしあと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«秋の佳き日の 白谷ヶ丸