柳沢峠~鈴庫山~三窪高原 ☆

2024年5月23日 (木) 曇~薄曇り

柳沢峠は標高1472m、いきなり爽やかな高原の空気を吸い込める。
苔むし階段を上り「柳沢ノ頭→」の道標から山道をゆるく登っていく。

P5230004

森の緑はうら若く、カエデ類や、すらりとしたカラ松、そして大きなブナが次々と現れる。

P5230009_20240527215801

三角点の柳沢ノ頭からは、木の間越しに南アルプスが望める。

P5230020

で、ツツジの花は?よく見ればほぼ蕾。それでも南斜面には・・、

P5230012

木々の葉が小さく優しげな、今限定の景色にいやされた。

下った東屋の鞍部の木々は白い花で包まれていた。なんとここはズミの森、

P5230082_20240527212401

お次は鈴庫山に登る.
 なのに下りばかりとはこれ如何に?? 

P5230027

ケーブルが左にそれた所から岩っぽくなり、5分ほどグイグイ登ればっ!。

P5230030

「わ~~い!」誰もが歓声を上げる鈴庫山の山頂だ(1600m)。

P5230041

展望と静けさという贅沢を味わいつつ、ランチをいただいた。

P5230035

さて、来た道を戻るわけだが、あれほど下りたからには登らにゃならんということだ。お腹いっぱいの身体はやけに重く、ヒーヒーあごを出した。
分岐は左に、でも直角にでなく初めは尾根に沿い、徐々に左に回り込む。

P5230046

苔むし階段を降りてからさらに大きく左に巻き・・じき、山腹に作られたシッカリした道になる。

P5230052

苔むし階段をまた下った対岸の丘には、三角小屋がポツン。

P5230054

山道に戻り、無人中継塔を目指すべく、歩きよい緑の道をすたすた歩く。

(スズタケの残骸が残って、灰色に見える)
P5230059

13:30中継塔。車道が上がってきている。私たちは右下の草原に降り、壊れた東屋と対面。東屋もレンゲツツジも今は昔。

P5230066

最後に目指すは「ハンゼノ頭」、「展望台」というだけあって「さ~すが!」、広々とした雄大な景色が待っていた。富士山、御坂、身延、南アルプス、秩父に続く山山など・・、快晴でなくてもこれだけの見晴らし!

P5230078

そしてここは ミツバツツジの花盛り。

P5230077

今朝のズミの東屋から、四つ辻を左折する。

P5230081_20240527220001

ザ・雑木林。なだらかな丘にはナラやブナの森が広がり、林下も涼しげ、気持ちがよい。

P5230088

斉木林道に下りたあとも下り勾配をスイスイと歩き、ゲートの向こうの青梅街道に出て10分で柳沢峠に戻。

P5230095

タクシーにお願いし、”裂石”に寄っていただくことになった。
旧青梅街道ぞいの、まず「峠の清水」をいただき

P5230100

『萩原口留番所跡』(説明文を読む)

その奧の”裂石”を見物、
想像をはるかに越える大岩が、パカッと割れていて実に迫力がある。

P5230106_20240527215601

きょうのルートは楽ちんである上、高原気分を味わえるし、のんびり登山にはぴったり。時期に応じていかようにもルートをく組める。三窪高原、かつての賑わいはないようで、もしかして穴場??。小鳥の声の賑やかな森でした。

(鈴庫山から)
P5230039

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

柳沢峠~六本木峠~丸川峠~裂石

2024.05.11(土) 快晴

沢峠から水源林に入ると、いきなり緑の渦に巻き込まれた。
ブナ・ミズナラはもちろん、ダケカンバも。なにより多いのはカエデ類、

P5110034

ハウチワカエデはもちろん、芽吹きの赤っぽいイタヤカエデや・・、

P5110098

アサノハカエデの 薄緑の「花」も見られた

P5110033

足元も賑やか、シロバナエンレイソウは優雅に葉をくねらせているし、

P5110025

ヤグルマソウの赤茶の幼い葉はテカっている。

P5110065

花の終わったハナネコに今も盛りのツルネコ。コチャルメルソウはしゃんと背筋を伸ばしてる。

Img_1548_20240526205901

ミヤマカタバミと思ったが、コミヤマカタバミというのですって!

1611_20240526205501

道沿いの青いタチツボスミレがなにより美しかったけど良い写真が撮れない。
そうそう、ここはフモトスミレの宝庫

P5110115_20240526210801

休憩は、尾根上で巨木たちと過ごす。眼も、耳も、鼻も、肌も、解放されていく。

Img_1573_20240526210201

鹿柵から出ると巡視路の雰囲気が変わる。ノーメダワあたりと似てるかも~ 相変わらずコケ苔イワ岩、 源頭地形にふさわしい花が次々と・・

P5110148

六本木峠に12:00着、ランチは柔らかな起伏の一角にていただく。そこは背の高い木々が大きなドームを作っている。こんな穏やかな時間の中に自分がいる・・

P5110193

この辺の石を利用したのか?。

P5110208

岩を積み上げたようなピークは「天庭峠」。

P5110231_20240526211201

そのさき、容姿端麗な大ブナが鎮座する

G_20240526211201

三角点は地味に置かれていた。さらに尾根上をゆくと割れた大石にであった、木戸石ってこれ? 

H_20240526211201

丸川荘では、代替わりした方が木の上で、チェーンソー作業中。その時
小屋に戻られた小柄なオジサンは、25年前にお会いした元小屋番(只木さん)。ゲジゲジ眉毛は真っ白になったけど。今日たまたま上がってこられた。

P5110272

25年前と同じに、木彫りのミミズクを購入した

Dsc_0007b_20240526211901

小屋の前で絵を描いていらした「山の絵描き」中村好至恵さん。
山でバッタリは なんと2度目だ。
別れは惜しいけどもう4時前だし、そろそろ下りねば。

P5110277

久しぶりな裂石までの道、たった1時間半がんばるだけと思ったけれど、ホンマに急だで難儀した。

P5110287

岩場には黄色のツルキンバイがてかてか光る。
そして大ブナや、

P5110304

大オノオレカンバがすっくと立つ。

P5110314

やがて沢音が聞こえ、下に堰堤が見えた。道なりに林道に下り、しばらく歩いて徒渉をし、ひと登りで駐車場に出た。

P5110331

ホッとしてタクシーコール。でも「タクイーは出払っているって!?」
しかたなし、裂石18:30最終便に乗るべく、歩くとしましょう。

P5110335

裂石バス停に到着したのは、20分待ちのちょうど良い時間だった。

中央線に乗ったころ、車窓の景色が暮れなずみはじめていた。
今日は十分に山と遊ぶことができました、ありがとうございました。

Img_1620

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

秩父よき町❀よき山美ノ山

2024.05.09(木)どん曇から快晴

昨今の天気は急変する。今朝はどん雲りで冷え冷えとしている。

P5090216

西武線から西武鉄道お花畑での乗り換えの待ち時間は30分以上、自販機の飲み物はすべて"冷"だし、店は準備中だし、でも駅ソバはやっている。仲間と「一杯のかけうどん」を分け合い 人心地がついた。

P5090218

お待ちかねの秩父鉄道はすてきな電車。ガタゴトなつかしい音を立てながら、親鼻駅に到着。

P5090220

関東ふれあいの道の美ノ山登山口スタート。一気に里山に変わる。コナラやエゴノキの新緑が、優しく山を包んでいる。

P5090250_20240519162501

所々、ウツギのほんわか白い花。足元には点々とギンランの花。みんなウキウキとして、えがおが弾ける。

P5090252

山頂は思ったより遠そうだけど、空の一角が青くなり、みるみる晴れてきた。
あ、雲が切れ山々が姿を現す。そして、美ノ山園地の一角の展望台では、両神山までは姿を見せた。奥秩父の山々はまだ雲の中。

P5090265 」

風が冷たいので少し先の広々とした芝地にてランチ。「桜の美ノ山復活・・」

P5090272

食後、公園中心部に向かってゆっくり歩く。見事な花を咲かせたツツジが次々現れる。少し前なら、埋もれるほどのツツジ苑かな?

P5090277

大きな電波塔(美ノ山山頂)の脇をすり抜けると、すてきな庭園に出る。360度の展望台にも上って大きな景色を満喫。公園は整備が行き届き、地元の力の入れようが伝わってくる。

P5090287

下山は下山(しもやま)集落に。今までとはうって変わった普通の山道をジグザグ下る。どこまで下っても続くジグザグ。道は鬱蒼とした木立に包まれ展望がなく飽きてきた。暑いし・・・

P5090291

やがて竹林になり、屋根が見え畑が現れ、下山集落に到着した。
次は和銅掘削跡地だ。和同開珎の和銅がこの地で採掘されていたなんて、全然知らなかった。思いも寄らぬ事だ。奈良時代からこの地は全国に知られていたのか!

P5090297_20240519165301

実際の採掘場とされる所は、何の変哲も無い暗い川筋だけど、傍らに立てられた和同開珎のモニュメントが、ちっとも大袈裟には思えない。

P5090307

本来なら、和銅採掘と深いつながりのある聖神社には詣るべきだった。でも暑いし面倒くさくなって、スルーしてしまったのだ。

帰りの西武鉄道は、たまたま「秩父ジオパークトレイン」、車内にはチチブクジラとかチチブサワラ等の説明があり、楽しい。

P5090328

そうか、銅とかの鉱物が採掘されるということは、秩父の火山活動の結果だし、化石などの発見とも無関係ではないか…などと、ロマンが広がろ。シロウト考えだけど古代からの秩父の繁栄とつながっているような、脈々と流れる歴史・・。

P50903291_20240519170401

西武秩父駅ではお土産もバッチリ購入、順調に電車を乗り継ぎ帰宅した。
秩父の莓「あまりん」は 甘い中に爽やかな酸味が絶妙でした ☆

P5090321

 

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (4)

春は上越・霧ヶ岳

2024.04.27

GW前半は恒例の上越の霧ヶ岳(507m)です。

ちなみに 2023 上越へ恒例の山菜探し花探し: 青空に雲が光る (air-nifty.com)
     2022 恒例の山菜採り: 青空に雲が光る (air-nifty.com)

1522fcad1139a6353d89cb71a53ad44f

今年は雪が少なく、道中の芽吹きはどんどん進んでいました。

ゆあみ口から登山開始。すでに山菜用の眼になっていますので、山菜以外は眼に入りません。送電塔台地で、まずウドとワラビの上物をゲット

急登もなんのその、元気に進んでいきます

P4270019
道中のユキツバキ

まずお目当てのササ地帯でひとしごと済ませ
さえずり広場で軽食をいただき、ワラビやイタドリを少し摘みました

沢は、すっかり荒れてます、お目当てのモミジがサがすっかり育ち諦めです

P4280049

去年のここは足の踏み場もないほどのカタクリだったのに。。。

P4280054

青葉のトンネルに変身 でもよく見ると
オオイワカガミです
P4280063

山頂にでました。越後三山に雪は殆どありません。

P42

急坂を小田島口に下ります。
毎年、雪で覆われている斜面は、カタクリ斜面に覆われ

P4280075_20240514173001

オオバキスミレもてんこもり。

P4280080

ああ、コゴミはすっかり育ちきってました。

P4280078_20240514173101

陽ざしいっぱいで気持ちよい春の景色。

P4280074

そうして無事下山。霧ヶ岳よ、今年もお恵みをありがとうございました。



では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ


 

 

| | コメント (0)

西山峠のニリンソウ

2024.04.23(火)

この春は暑くて半袖で過ごした翌日に セーターを着込むようなご乱調。
ついてゆかれません。うかうかしていたら「キンラン咲いとる」との噂あり、

きょうの道中にもキンランは ひとつみつ。。
P4230036

キンランを見に行くつもりが Pで友人ご一行とばったり。西山峠のニリンソウを見にいくというので行き先変更、途中までご一緒させていただきました。

ウワミズザクラ
P4230041

すっかり春の野草が出そろった道沿いの
ヤマツツジ
P4230033

ひとり取り残された感がして 内心あわてた。
ジュウニヒトエ
A_20240423174701

タツナミソウ
P4160118

そして西山峠のニリンソウは こんなお天気でしたが よいあんばい
P4230024

ニリンソウ
P4230025

ヤマブキソウ
P4230027

イチリンソウは見られなかったけれど、カキドウシの はかなげな紫に心うたれた
P4230029

友と分かれ,来た道を戻る道中のガクウツギ
P4230031

ムラサキケマンもここでは旬で
P4230043

ホタルカズラも
P4230037

えーと え-と コゴメウツギ????だっけ?
P4230040

イカリソウ
P4220016

ということで キンランは またの機会に・・

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (6)

鯖街道 針畑峠と賤ヶ岳

2024.04.05

針畑峠に向かいます(峠越えしないけど)。上根来集落のお休み処・・

P4050153

車道をからみ山道は延びていきなす。
ござ石(むかし若狭彦神ご降臨の祭の台座)など史跡もある。

P4050201

池の地蔵の井戸は江戸時代、小浜住の明庵禅師が鯖街道を行き交う人々のために掘ったとされている。今でも澄んだ水を汲めました。

P4050212

この辺、雪が溶けたばかりか?もうすぐ草が萌えてくる

Img_1386

ブナの森、さすが雪国のブナです  (^O^) 曲がりがいいね

P4050244

はい 針畑峠到着です(お地蔵さん)

Img_1408_20240420060701

さっき道を教えてくださった地元のお二人に、近畿?特有の花を教えていただきました
キタヤマオウレン(バイカオウレンに似る)

Photo_20240419180101

フクワカソウ(イワウチワに似る)

Photo_20240419180102

お二人に案内され、中央分水嶺の尾根なりに進む 気持ちいい

P4050274

おにゅう(遠敷峠)からは林道を行く、雪が所々残ってる

P4050292

崖の岩の地層が面白く、飽きることがない 
逆相

P4050284

褶曲
P4050297

車道を歩いて たくさんのふきのとうや

P4050306

イワナシも見た

Photo_20240419180401

そして赤い屋根の牛舎をすぎ 駐車場所にもどりました。

P4050166

翌日は 賤ヶ岳に登ります
わお、イカリソウ

Img_1465_20240420061601

キバナサバノオがぐんせいしてました。近畿特有の花だそうです・・・

Img_1468_20240420061601

歩きやすい道を~かつては甲冑を着けた人たちも歩いたんだなどと思いつつ

 

登っていくと展望がひらけた。

Img_1481

余呉湖や琵琶湖

P4060383

城は街道の要衝に築かれるそうです 上に登ればよく見える

P4060382

激しい戦が行われたといいます・・・

Img_1487_20240420061901

ついでに小谷城?も訪ねたかったけれど、またの機会と言うことに。。
今回の遠出の目的 じつは熊川宿(まる志ん)の鯖寿司でした・・・

1712468591623_20240420062201

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (2)

小下沢~景信山~城山~高尾山

2024.04.11(木)晴れ~うすぐもり

高尾周回ルートは 小下沢林道から

水場近くのウラシマソウ

P4110014

ヤマルリソウ

P4110016

砂利窪沢にはいります、ネコノメ族はもう終盤

P4110029

大滝の手前で山の道になります

P4110031

歩きやすいです。照葉樹が輝き

P4110041

芽吹きはやわらかく,小鳥はピーチクツーツー♪

P4110037
そして東尾根との分岐点、ここは右の景信山

P4110044

景信山頂到着11時、まだ人はすくない

P4110060

小仏峠の茶店は、すべて閉まった? おじぞうさん

P4110065

あっというまに 小仏城山のガーデン  さすが桜がお見事です

P4110078_20240419174301

美人の木蓮 みんなカメラをむけていました

P4110080_20240419173401

一丁平に向かう道には 大きな桜,満開 いいね いいね

P4110094

千本桜・・・もうぜんたい、弱っている?

P4110091_20240419174701

もみじ台は北側を歩きます
ササバギンランが蕾を出し、ヒトリシズカも咲き始めまして

P4110095

スミレの宝庫でもありました

P4110107

山頂もまいて薬王院には 外人さんが多い

P4110112_20240419175601

お疲れゆえケーブルで下山しましたが
ケーブル駅前の桜は 今年で見納めということでした。

P4110113

駅前におしゃれな店が出来ていてびっくりしました。

では またね   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

まるで初夏の気温,小下沢~ 逆沢ノ頭~景信山~

2024.03.31(日)晴れ

10:00、小下沢林道を歩き出す。初夏のようで、檜林の木陰が気持ちよい。

川沿いのハナネコは減り、ニリンソウやアズマイチゲ、カタクリが顔を見せている。タチツボスミレは今を盛り、ニューフェイスはエイザンの可愛いピンク。

Img_1197

ヤマルリソウがぐんと増えた、

P3310035

ミヤマカタバミも新顔。ヒカゲスミレもね。
・・といってる間にザリクボ沢出合いに到着、ひと休み。

P3310043

ザリクボ沢沿いの登山道は石がち。でも花が多いのでたのしい。ヨゴレネコノメ、ヤマネコノメ、1週間前に蕾だったハナネコはすっかり呆けていた。

P3310047

驚くべしはササバエンゴサク。大きく逞しく育ち数も増え青く華やかに光る。

P3310062_20240410045601

その先の大滝で、はや12:00とは。

P3310067

山道らしいジクザクを登っていく。所々ケヤキの巨木がデンと座ってる。

Img_1253

途中で右に入り、じき図根点標柱に出会う。ここから直登することにした。
「山頂はすぐ上」と思っていたが、標高差100mは甘くはなかった。

P3310086

ザレザレの細粒の地面を、力まかせの筋トレ登山、時々現れる巨木や、あちこちに咲くヒナスミレにパワーをいただきながら・・エイエイエイ・・・

P3310094

逆沢ノ頭に13:10着、自然体なボサボサ山。前回は夏、南から北西に緑の笹を通り抜けただけ、記憶はうすかったので、新鮮に感じ。

P3310107

頂の北端には美しいコナラの大木が佇んでいる。

P3310110

山頂から緩やかに下り(右杉林,桜の大木点在)、

3_20240410050101

鞍部から50mを登ると景信山への登山道に出られる。
三角点の景信山は14:30。人は少なく、落ち着いた雰囲気だった。

Img_1276

下の茶屋は閉鎖し、立ち退き跡がぽっかり、ミツマタが満開だった。

P3310128

下りは登ってきた道をどんどか下る。急な階段が続く。そして東尾根に。

P3310139

なだらかに登れば大久保山。桜の大木が目を惹く。

Img_1295_20240410050501

ミヤマシキミが多く蕾をたわわにつけている。

P3310143

尾根はおおむね緩やかだが,時々現れる急降下。《478mお休み処》急降下《420mヘンテコ灰色の木々》急降下《アカガシ?》とくり返し、

P3310159

やがて右下に中央道を見下し、側溝?のようなのもある。
尾根なりに進むと、下山場所の工事施設が見えてきた。檜林には整備の道が錯綜し混乱してしまう。

P3310175

さらに下ると工事現場との境のフェンスがあらわれ、そのまま進み(扉があり)
小下沢林道に戻った。

P3310177

きょうの前半は花観察でゆっくり、そのあとの尾根歩きは新鮮で面白かった。
高尾山系には、まだまだ知らない、楽しい尾根沿い沿い道があるのかも。

P3310004
朝の高尾山のカツラ林は、ほんのり紅い・・・

遅出の山歩きも気楽でいいな♡  お次は芽吹き?春の野の花もりだくさん?清々しい青葉?それともツツジ?
わくわくしてきた。

 

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

春のきざし? 高尾の裏とか そのあたり

風邪が引き金となった花粉症。重い、つらい。どんどん気力が落ちてくるので、暖かい日にはぼちぼち歩き、春を探すことにした。

2024.03.10 (日)晴れ
春林(しゅんりん)と言う名の雑木林、いちはやく咲いていたウグイスカグラ(*^o^*)

P2260010


2024.03.18 (月)晴れ
花好き仲間が「ヒダカソウが咲いているんだって?」と長野から車を飛ばして来られたので、「カタクリの里」をご案内。

Img_1104

続いて片倉城址公園にカイコバイモを見に行く。こちらは正真正銘の自生だが、あまりに遠くカメラが届かない。
城址公園の丘陵には、カタクリとオオミスミソウが咲きはじめていた。

P3180142_20240326062301

Img_1129

さいきん あちこちで見られるリュウキンカ (増えたの?増やしたの)

P3180165


2024.03.24(日)曇り
裏高尾の コゲサワ(小下沢)~ザリクボ(砂利窪)を歩く。川沿いに下りると株はかなり減ったが、ハナネコノメもユリワサビも復活しはじめていた。
ぷらぷら上流に向かっていると、「ピンクのハナネコがいるらしい」と教えられ、一緒に探しながら進む。微かにピンクがかった縁。

Img_2www

ニリンソウが咲き始めた。ニリンソウ。。なんか増えた。
このあたり、ニホンザル軍団出没中・・・

Img_20240324_100217

広場からザリクボ沿いに入り、上流に向かう。ネコノメさんの多い一帯で、
ヤマネコノメや、

Img_20240324_100443

ヨゴレネコノメ、ニッコウネコ ノメ?、ハナネコさんも続々と。。。

1711336

1711336222502

まだ小さい蕾の塊もあり、ハナネコのこれほどの群生地とは知らなかった。

Img_20240324_105825

平日はだれにも会わない道だけど、日曜ならではでハイカーが多い。
お久しぶりに出会えてうれしい ツルネコさん!

Img_20240324_111549_20240326170301

そして本命のササバエンゴサク。咲き始めで蕾も多数。

1711336216220_20240326061701

なにより細い葉の美しさ

Img_2024032aa

大滝

Img_20240324_110559

 コゲサワ出合いに戻り、ベンチにて美味しいコーヒーと暖めたパンに卵や野菜やハムを挟んでいただいた

Img_20240324_121339

大福にお湯を差して ぜんざい作成中・・おいしかったよ

フサザクラとアブラチャンが満開だ。春の足取りは確実にそこまで

Img_20240324_103450_20240326170501

そのままコゲサワ林道を戻り、アズマイチゲ、ヤマルリソウ、カテンソウなど眺めて歩く。 これからもっといろんな花が増えるだろう。

P3180162

帰りし高速下の展望地から、対岸のカツラの花をながめた、
ほのかに赤みがさした程度、あとひと息だ。 楽しみたのしみ 

Img_20240324_131544

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ 

| | コメント (2)

大磯✩鷹取山の社叢と春めく里

2024.03.14(木)  快晴

大磯丘陵里山歩きマップ(谷戸エリア編)を手に、大磯の町に繰り出した。
生沢の古くからの家が建ち並ぶ通り、前方に小田原厚木道路の高架が見える。

P3140021

手前の立派な長屋門(高島家)では、お家の方が説明してくださり、すぐ先の
二宮家前の空き地にはさびた大釜が鎮座。防火水槽として使われているそう。

0958_20240319145201


高架を潜るとパッと畑地が広がり、眩しい陽ざしが押し寄せる。オオイヌノフグリ、ホトケノザ、大タンポポ、元気なトウダイグサなど、春を謳歌している。

1010_20240319151501

玉子売り場の先には鶏舎らしい建物が連なり、じき谷戸川沿いに延びる道になる。

1035_20240319145701

左は川(対岸は険しい)、右には丘陵が高なり照葉樹の雑木林だ。道沿いはあまり変化もなく、時々現れる橋の名を読みながら、虫窪ルート⑦分岐を目指す。

1052_20240319152101

虫窪ルートとの分岐は右、ゴルフ場の内に延びる車道を進む。じき左に出現したモダンな建築物は「上吉沢配水池」とか。
こんな豪華な配水池なんて、「さすが大磯ね」と感心した。

P3140042_20240319145301

「関東ふれあいの道」の標識が唐突に現れ、エエッと驚く。
台地にあがると大山から足柄の山並みが美しくなびいている。

P3140044_20240319145301

ルート図を熟視し、鷹取山方面に向かう、現場は大磯の道標がないし、
マップには大磯以外の情報がない。道はシッカリしてるのが救いだ。

ゆるい上り、もしや?と思い、右方の高みに立ち寄った。案の定、倒木の荒れた小広場の端っこに三角点。鷹取山の山頂だ。

1210

そのまま道を辿ると、駐車場広場のむこうに鷹取神社の建物がある。

P3140061

まわりの鬱蒼とした木々が圧巻だ。タブノキ、スダジイ、オオヤマザクラ・・「樹齢460~500年の自然環境保全地域」との看板。

1218

先着していたのチョウ観察のグループの方に、産み付けられたばかりのアカタテハの卵を教えていただく。あまりに小さく美しく、感動した。

1228ss

グループが去った後、日当たり場でゆっくりランチを楽しみ、さて出発、

「おっと、その前に十三天に立ち寄ろう」と神社の東、道は殆ど無いが、どうにか踏み跡・・、

P3140082s_20240319145301

あまりの急坂にビビるが「すぐ近くのはずだから」と真っ逆さまに下ると5分くらいで勾配が穏やかになり、前方にぽっかりと静謐な広場が現れた。点々と並ぶ野仏たち、ここは平和な場所。

P3140079

1331_20240319152901

戻りはあっけなく神社の下に、しばし巨樹をたのしみ、かっこいい大タスダジイスダジイと記念写真を撮る。

P3140084_20240319145301

神社から丁寧に作られた階段道&山道をたったか下る。

P3140099

なだらかな みはらし場所にはたわわな夏みかん。
じき道標「関東ふれあいの道→国府本郷、月京」。

(直進の道はこの祠で終わり)

P3140110_20240319150601

私たちは分岐を左にとり、良い道を15分で集落、そして道祖神。

P3140113

生沢の集落を抜けバス通りへ、お庭のこぶしの大木は見事なまでの花ざかり、
暑いほどの陽射し、春・春・春 春まっさかりだった。

P3140119_20240319150601

生沢BSに来ると、15分後に平塚駅北口行きバスがある。ラッキー! 
バスは35分で駅に到着。予定していなかったバスに乗れて嬉しい? ちょっぴりの探究心もが充たされ「次もまた!」と思えてくる。次に大磯方面にきたときは 海を見たいなぁ

1506_20240319150801
生沢バス停の お向かいの池と神社

では またぁ   (^_^)/~



山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (4)

«裏高尾 満開の梅の・・