快晴の秋田駒ヶ岳

2024.07.02(火)快晴

待ってました、青い空! 乳頭温泉発のバスは、秋田駒登山のハイカーたちで埋まっていた。 ↓ バス停から八合目小屋へ向かう登山者
P7020101

そそくさと山に入る。ほとんどのハイカーは阿弥陀池への新道に消え、私たちのシャクナゲ通りは静かだ。  

P7020118

ハクサンシャクナゲの大きな花が、目の前に次々現れ、なによりの励ましに。花の上には青空が広がり、振り返ると乳頭山の尖った頂きが浮かんでいる。

P7020110

小沢のほとりで水飲み休憩。青くさい空気と沢の音に包まれ、
秋田に来ているんだなぁとしみじみ思う。

P7020127

ムシトリスミレやサンカヨウ、ツマトリソウが咲いている。目の前に聳える砂の山が焼森。樹林帯から灌木帯に変わると、マルバシモツケやエゾツツジや、

P7020140

そしてミヤマダイコンソウの黄色の群生。

P7020176

靴の下のスコリアは、昨日までの雨で湿り歩きやすい。一歩一歩登っていると、砂地斜面にポツポツとコマクサが出てきた。

P7020228

焼森のピークが近づくにつれ、強い風が吹き荒れてくる。ウインドブレーカ-のチャックを首まで閉め、フードをシッカリ固定する。砂地に登山道が付けられ、ミヤマダイコウンソウの大きな群落ができていた。

P7020168

横岳との鞍部から灌木帯になり、コミヤマハンショウズル(蕾)、コケモモなど見られ、ここもまたシャクナゲの道だった。

P7020192

横岳には、阿弥陀池からの馬ノ背を伝い、勢のハイカーがやって来る。右の展望は阿弥陀池と男女岳、

3_20240716173801

左側には大焼砂の尾根と馬場ノ小路(ムーミン谷)、そして田沢湖の青い湖面も見晴らせた。なんとも素晴らしい展望。

P7020202

大焼砂に下る道はすさまじい強風が吹き荒れる!!再び、ウインドブレーカ-のチャックを閉め、フードの固定をした。

P7020220

足元にはイワベンケイとかオノエランとか…、。。。じき灌木が消え、

P7020215

コマクサやタカネスミレの住処になった。ついコマクサに気をとられ、タカネスミレは葉っぱばかりを見ただけあが、花の大群落があったらしいが見逃した。

20240702

風が強すぎて、花に酔いながら歩けない。ひたずら下り、国見温泉との分岐にきて、ホッとする。風に煽られるのはこれでおしまい (^o^)

P7020232

右折して相変わらずのスコリアの道も、風は弱まっている。それにこちらのコマクサの数の多いこと!

P7020228

じき青々とした草地に変わり、馬場ノ小路が始まる「。少し歩いただけでチングルマの大群落が現れた。

G_20240716174601

素早くベンチを確保。周りをぐるり、緑の丘に囲まれ、青い空が突き抜け、真っ白の雲が浮かんでる。耳元には小川のせせらぎ。そよ風が吹く。

P7020250

大きなの池を渡ると、今度はゆるい登りに。
笹が増え、草丈が増し、花の種類が増える、

Gg

ミヤマカラマツ、ミヤマダイコンソウ、オノエラン、ヒナザクラ…。

P7020291

わお!シラネアオイやショウジョウバカマ、サンカヨウも残っていた。オオバキスミレやミヤマキンポウゲ、雪が溶けたばかりのお花畑。

P7020303

ついに馬ノ背への急登にかかった。見るからに大変そうな壁は実際もキツかった。すぐそこに思えるのに、登っても登っても上がある。楽しいのは岩稜の花が増えたこと。

P7020312

 

Ee

ようやく馬の背稜線に立ち阿弥陀池を見下ろし、どれほどホッとできただろう

阿弥陀池周りの花は終わり、荒れ果てた雰囲気だった。木道が古く歩きづらかったせいもある。懐かしの避難小屋とトイレに立ち寄り、男女岳はパスし、八合目までの新道に進む。

F_20240716175701

新道には、意外や花が多い…さすがに秋田駒は花の山。どこも花で溢れている!!  そして真ん丸の田沢湖の、その青さのなんという美しさ。

Ff

ただ足元は石ゴロゴロで非常に歩きづらく。片倉岳展望台までが長く感じられて悲しかった。

P7020332

でも木道になれば八合目までは直ぐ。バスの10分前に小屋に着く。
ザックに荷物を押し込み、バスのシートに座り、ようやくホッとした。

P7020348

10年越しの願いがかなった「馬場の小路のチングルマ」。満足の山旅だった

1719915420422

よろしければ・・こりらは大昔10年前の記録です 秋田駒ヶ岳~乳頭山①

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

梅雨前線の秋田駒

初日 6月30日(日)雨

楽しみな宿屋2泊登山、ことしは秋田駒ヶ岳という、なにからなにまで。。。

P7150001_20240715092701

私の少ない経験からしても、秋田の山は雨が多い気がする。

前泊は田沢湖温泉、宿泊客は女性ハイカー1人。明日の雨予報でキャンセルが多かったそうだ。夕食後、天気予報・雨雲の動きを見ても望み無し。宿の人がいうには、「ここで雨がふってなくても、山の上は霧が濃く風が凄く強い、登らない方が良い」とのこと。さてどうする?  しかしウソのような急変!「あさっては快晴」と出た❗

ということで登山は明後日とし、明日は八合目下見&乳頭温泉散策に変更。

二日目 7月1日(月)  曇/雨  
同宿の女性ハイカーも登山は明日に変更し、さっさと乳頭温泉に行いかれたとか

激しい風雨も9時過ぎには収まる、ホテル隣の郵便局に切手を買いに行く。
絵はがきを窓口に出せば、独自のスタンプを押して貰えるそうだ。

Dsc_0052

10時すぎ、バスで八合目小屋に向かう(驚いたことに登山者が数人)。
バス停/駐車場には強風が吹き抜け、濃い霧でうす暗く、夕方のよう。

小屋には管理のオバサマが毎日通ってこられているとか。しばし談笑す。

P7010039_20240714161101

小屋のベンチでおにぎりをいただき、さて下見と参りましょう。

P7010040_20240714160501

雨混じりの強風も樹林に入ると弱まる。
すぐ焼森/阿弥陀池分岐だが、焼森方面の道は見落としそう。

P7010042

きょうは阿弥陀池方面に行ってみる。足元にはハクサンチドリが群れ咲き、

P7010045

イワハゼ(アカモノ)とか、

P7010049_20240714160801

ゴゼンタチバナ、オニシモツケ・・など、数分歩いただけでこれほどの花の数。

P7010051_20240715090701

さすが秋田駒!橋を渡り尾根を回り込んで下見を終了。明日に期待しよう!

P7010048_20240714155901

さっきの外人さんも戻ってきた、「サムイデスゥ」そりゃそうでしょう。 

バスで乳頭温泉に行き まず今夜の蟹場温泉にチェックイン。
いただいた絵地図のブナ林を通って黒湯まで散策した。

P7010077

妙の湯はお洒落な高級旅館風。休暇村は予約がとれない人気ホテル。

P7010075

歩いて歩いて、ようやく黒湯に到着した。
バス停から遠いので、登山後歩くのはツラいかも。

P7010086

さぁ、今夜はたくさん食べて、早く寝て、あすの登山に備えなきゃ。

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

 

 

| | コメント (0)

燕岳~ 何年ぶり?? 

2024.06.17(月)晴れ 合戦尾根を登る

1718829141897
kさん撮影

北アルプス三大急登のひとつの合戦尾根、登山道の工夫や整備が行き届いていて、案外歩きやすい。

P6170477_20240705060201

道中も花が多く、階段や急坂に喘ぎながらも、ハイな気持ちで行かれる。
イワカガミ wさん撮影

1718828496090_20240704172101
イワナシ
P6170520
いつの間に第一,第二、第三ベンチとすぎ、急になったり緩やかになったり。
バイカオウレン
P6170498

所々、展望がひらける。増えてきた雲。これから天気が悪くなるのかと心配だ。
合戦小屋ベンチで小休止する。展望がぐっと広がり、槍の頭がツンと覗く。

P6170547_20240704172501

合戦ノ頭からは爽快な尾根歩き、芽吹いたばかりの若い緑のまぶしさったら。

P6170538

登山道に残る雪も、溶けかけてるので不安はなかった。

P6170537

ミネザクラに歓声を上げ、
P6170544

初々しい緑のダケカンバに有頂天。
目指す、燕山荘~燕岳~北燕~のゴツゴツの山並みが目の前に迫っていた。

P6170540

まだ夏道は開放されていないので冬道を行く。

のぼるにつれて 高山の花々が。。ミヤマキンポウゲ

P6170603

あれよあれよと小屋の脇に出ると、目の前にひらけた大展望。

1718829200795 kさん撮影

けど立ち止まるのはもっと上にでてからと、足元を睨んで一歩一歩。

ハクサンイチゲ、ミミナグサ?、コマクサは少し少しで咲きそう!
P6170589

燕山荘に荷を置いて燕岳に向かう。見事な展望に酔いながらい行きたいけれど、岩場は緊張!

P6170596

タカネスミレ、白いシャクナゲ、イワウメ、
P6170609

そしてヒメイチゲ、

P6170652

ハクサンイチゲは高山植物の女王♪~心を巡らせながら、一歩一歩。

P6170577

面白い石の造形、芸術作品を巡っているような優雅な気持ち~だ ♡。

P6170613

山頂近くになると険しくなり、落ちないよう気をつけて、狭い山頂に立つ

P6170626

燕岳 山頂の景色の、言葉にならないってこういうこと・・

P6170625_20240704173101

P6170650

小屋に戻ってのお楽しみは、ケーキセットだ

P6170663_20240704173301

夕食の自炊(暖めるだけ)は食堂の一角でいただけた。おおだすかり。

そして食後に待っていたのはm素晴らしき夕焼け。
刻々と変化していく赤い空と山々の影に、しばし見とれる。
kさん撮影

B_20240704172101

これほどの美しさ。。ふと五竜のキレット小屋を思いだす。ということは、
明日は大荒れ?

よなかの雨音 ☔☔☔ やみません



2024.06.18(火)雨  下山

案の定、雨降り、でも大したことはない。5時過ぎ小屋を出発する。

P6180690_20240705062101

茫洋とした空に、槍がずっと姿をみせてくれてたし、 
さっきまで下方にいた有明山がだんだんせり上がってくる。

P6180700_20240705061301

樹林帯に入り、各ベンチを過ぎるにつれ、雨足は強まり気温も下がってきた。

P6180730

 イチヨウラン

P6180712_20240704173401

ゆっくり、それでも粛々と歩き、無事下山する。

P6180735_20240704173401

同行のお二人には たいへんお世話になりました。
さすが北アルプスは 景色が違います。
こんな景色を見せていただけて 本当にありがとう ❗

P6170632
kさん撮影

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

 

 

| | コメント (0)

緑の渦の豊かさよ☆☆☆嵯峨塩~隠れッ窪~境沢ノ頭~大滝不動尊【大菩薩】

2024.06.09(土)晴れ

そろそろ梅雨が始まる、きょうは気持ちよい晴天の最後の一日かも。。という思いで出かけた。 8時すぎ甲斐大和駅の上日川峠行バス停には長蛇の列。

P6080003_20240622084001

定刻の8:10発に乗り切れず,臨時の9:20便に乗って嵯峨塩鉱泉に。
下車したとたん、
春ゼミの声と緑の渦に巻き込まれた。

源治郎岳入口 の階段をひと登りして森に入る。
若い軽やかな雑木林には、ときおり大ブナや大ミズナラも点在する。

Img_1705

踏み跡は、いったん右に曲がり左に大きくカーブし隣の尾根に乗り、そのまま北西にほぼ一直線。

Img_1714

水道施設やアンテナを過ぎ、標高1350mを越えた辺り、
すらりとした白っぽい木肌のシナノキが、次々と現れた。

Img_1732

やがて老いた巨木が目立ってくる。よく見ればクリの木。

Img_1739

すぐ先で林道にぶつかる。右は源次郎岳、私たちは左に進む(11:15)
林道沿いに咲く初夏の花たちが楽しい
サワフタギ

Img_1751_20240622084901

30分ほどでゲートに出た(牛奥峠)。左に公園。

Img_1763

林道のゲートを潜り「かくれッ窪」を探しながら歩く。
左の崖はずんずん高まり、右の谷はかなり深い。今は舗装されているけれど、往時は険しく寂しい道だったろう・・・(振り返って写真)

P6080094

その時、路肩に石碑(甲陽東山妙見損力縁起)を見つけた。

P6080109

崖の裏に回ると、大岩の裏の窟に、星の精のような妙見尊石像が祀られていた。綿々と地元に守られてきた神さまだ。

P6080102_20240622085501

ご神木の大椹(さわら)は切り株になってしまったけれど、傍らに二代目がすくすく育つ。

次は、境沢ノ頭を目指す。尾根道の緑の清涼感と豊穣さに圧倒された。
ここもクリの大木が多い。全身をが大きくねじらせ、個性をアピールしている。

B_20240622090001

じきポンと「仮称牛奥山1490m」に出た。

P6080133

さらに進む。相変わらずクリの大木が多いが、オノオレカンバ、ミズナラ、ブナなども。

P6080165

D_20240622090301

P6080172

勾配は殆どないし足元は涼やか、、こういった森が、どうかどこまでも、そしていつまでも、続きますように。

P6080162

到着した境沢ノ頭は、予想外の殺風景。三角点と山名標でそれと知れた。

P60

次の目標は深沢峠。尾根上に時々仕事道が現れたが・・尾根を通す。

P6080182

じき尾根突端から舗装路に降り、2、3分歩くと深沢峠の名標があり、北への林道にはゲートがかかっていた。

P6080194

いっぷくして正面の尾根をよじ登る(直ぐ終わる)
宮宕山(大滝山)に向かう尾根道は歩きやすい

Img_1810

宮宕山(大滝山)には30分後、次の棚横手山は20分後に到着。

P6080207

皆伐されたのは30年以上は前のことと思う。ひらけてはいるが、今はそれほどの展望はない。

登山道は日当たりがよく、コアジサイが咲きだしていた。夏はきっと花の道。

P6080221

不意に林道に下りた。エアリア地図を見ても複雑な分岐の所、
私たちは大滝不動尊を目指し、車道を左折。

車道から山をへずる杉林の道に。

P6080236

思ったより長く感じる。じき、遠く滝の音が聞こえ、木立の切れ目から一瞬、真っ赤なお堂も見えた。でも道のりは長い。

P6080248

最初の方丈には「金界坊阿闍梨」と染め抜かれた紫の幕がかかる。
大滝不動尊をこの地に開いた偉い方のよう。

P6080250

この先、階段や急坂ヶ続くようになり、浮き石も多く歩きづらい。ゆっくり下りねば。
所々小さなお堂、天狗堂?やら、弁財天?やら(雨乞い場?)。

遙か高みから落ちる大滝以外にも、多くの滝があるようだ。

P6080257

壮大なお寺に圧倒されながら、下り続け 本堂の前に出た。
大滝を背負って、堂々たる赤い建物は威厳がある。

P6080363_20240622093001

本堂脇に置かれた古い童子像たち

P6080314

最後に仁王門を潜り、林道におりるた、やっと、終わった。

P6080406

と思ったは甘く、タクシーを呼ぶにも圏外とは。慌てて林道を少し下り、どうにか繋がりホッとした。この時間、駅まで歩くなんて、、、もってのほか・・じゃん? 

きょうは、なんの目論みもなく出かけたのに,なんとも大きな恵み(豊かさ)を、かみさまとなかまに教えてもらえた。すてきな山の中で、人っ子一人 会わなかったなぁと 帰ってから気がついた。 

林道脇の崖地に・・ヒメシャガ

Photo_20240622092301

甲斐大和→嵯峨塩鉱泉09:50-林道11:15-牛奥峠11:35(20)-かくれッ窪12:05(20)-牛奥山13:00-境沢ノ頭(50)-深沢峠14:55(10)-宮宕山15:30(10)-棚横手山16:00-林道16:40-大滝不動尊(17:0~仁王門1730)17:40(タクシーコール)18:05→勝沼ぶどう郷駅

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

はるばる湯河原☆観光モード~ 星ヶ山公園+万葉公園

2024.06.06(木)晴れ

きょうは二本立て、まず第一弾・星ヶ山公園。
星ヶ山は展望なしのヤブ山、中腹の星ヶ山公園の一画が「さつきの郷」だ。
期間中は湯河原駅からの無料バスに乗って行かれる。
カーブのきつい山道をグイグイ乗ること30分ほどでさつきの郷に到着すろ。

P6060024

まず展望広場に登ると、曇りとはいえ、海には初島が浮かび、真鶴半島やうっすら伊豆半島も見晴らせた。隣の丘に目立つ塔のような煙突は美化センターだ 

1717711873671

広場の「どこでもドア」や「友達の鐘」などで遊んでから、丘を下ると地場産おミカンを販売中。(私たち)「これから歩くのに重いわ」(商売上手おばさん(^▽^))「お昼過ぎると全部売り切れちゃうよ」てことで、大きなミカンを購入しザックに詰めこむ。

P6060034

「見晴らし広場」は一面のサツキのピンク、オー!!ビューチフル!
間道をぼーっと通り抜けつつ、「これだけ広い場所のお手入れは大変でしょうね」と感心するばかり。ピンクに白や赤やミックスも混じり、なかなか壮麗だ、

P6060041_20240613175001

さて「小道地蔵」には車道を行く。
車道の脇にはタブノキが塀のようで、塀の中は茶畑だった。

P6060052

サイハイラン、スイカズラ、 ハコネウツギ、ウツギ、足元のニワゼキショウ。 

P6060091

途中、左に「星ヶ山展望台」がひらけた。わ~、すてき!!広ーい草地だ。
が星ヶ山、優しそうだけどハコネザサのモウレツなヤブ漕ぎ必須という。

P60600812_20240613175301

しばしくつろぎ、「小道地蔵」に向かう。屋敷跡はひっそりした林の中で、お地蔵さんを抱いた「純海上人」像と、大きな石碑と、謎めいた吉祥天?などなど。

P6060103

星ヶ丘展望台に戻りランチにした。芝地の南端には見目よき桜?の大木が枝を広げ、晴れていれば向こうは青い大海原だったろう。なんとも気持ちよい。

P6060076

さつきの郷に戻り、13:05のバスまでサツキを見下ろしながら漫遊した。
🚌
第二弾は万葉公園「惣湯」散策 河原駅からバスで「落合橋」下車、
驚くほどの予算をつぎ込んだらしき町営公園だ(2021.07.31オープン)。

P6060150

老若男女、だれでも歩けるよう設計整備された道は、これでもかっというほど趣向がこらされている。

P6060124_20240614050901

デザインも材質も、よほど考え抜いて作られたのだろう。

P6060145

外国人観光客へもアピールしそう、高級ホテルのラウンジ??  果たしてこれからも、これだけのレベルを維持し続けられるのか??ああまた老婆心が、、

P6060144_20240614051501

「玄関テラス」に戻り、戸外のテラスでコーヒーをあじわい、足湯も楽しんだ

P6060127_20240614052001

湯河原よい町、よい所、でもチョット遠いかなぁ、とはいえ観光案内所に寄って資料をゲットした、これからも多様な楽しみがみつかりそう。

P6060154_20240614051701

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

柳沢峠~鈴庫山~三窪高原 ☆

2024年5月23日 (木) 曇~薄曇り

柳沢峠は標高1472m、いきなり爽やかな高原の空気を吸い込める。
苔むし階段を上り「柳沢ノ頭→」の道標から山道をゆるく登っていく。

P5230004

森の緑はうら若く、カエデ類や、すらりとしたカラ松、そして大きなブナが次々と現れる。

P5230009_20240527215801

三角点の柳沢ノ頭からは、木の間越しに南アルプスが望める。

P5230020

で、ツツジの花は?よく見ればほぼ蕾。それでも南斜面には・・、

P5230012

木々の葉が小さく優しげな、今限定の景色にいやされた。

下った東屋の鞍部の木々は白い花で包まれていた。なんとここはズミの森、

P5230082_20240527212401

お次は鈴庫山に登る.
 なのに下りばかりとはこれ如何に?? 

P5230027

ケーブルが左にそれた所から岩っぽくなり、5分ほどグイグイ登ればっ!。

P5230030

「わ~~い!」誰もが歓声を上げる鈴庫山の山頂だ(1600m)。

P5230041

展望と静けさという贅沢を味わいつつ、ランチをいただいた。

P5230035

さて、来た道を戻るわけだが、あれほど下りたからには登らにゃならんということだ。お腹いっぱいの身体はやけに重く、ヒーヒーあごを出した。
分岐は左に、でも直角にでなく初めは尾根に沿い、徐々に左に回り込む。

P5230046

苔むし階段を降りてからさらに大きく左に巻き・・じき、山腹に作られたシッカリした道になる。

P5230052

苔むし階段をまた下った対岸の丘には、三角小屋がポツン。

P5230054

山道に戻り、無人中継塔を目指すべく、歩きよい緑の道をすたすた歩く。

(スズタケの残骸が残って、灰色に見える)
P5230059

13:30中継塔。車道が上がってきている。私たちは右下の草原に降り、壊れた東屋と対面。東屋もレンゲツツジも今は昔。

P5230066

最後に目指すは「ハンゼノ頭」、「展望台」というだけあって「さ~すが!」、広々とした雄大な景色が待っていた。富士山、御坂、身延、南アルプス、秩父に続く山山など・・、快晴でなくてもこれだけの見晴らし!

P5230078

そしてここは ミツバツツジの花盛り。

P5230077

今朝のズミの東屋から、四つ辻を左折する。

P5230081_20240527220001

ザ・雑木林。なだらかな丘にはナラやブナの森が広がり、林下も涼しげ、気持ちがよい。

P5230088

斉木林道に下りたあとも下り勾配をスイスイと歩き、ゲートの向こうの青梅街道に出て10分で柳沢峠に戻。

P5230095

タクシーにお願いし、”裂石”に寄っていただくことになった。
旧青梅街道ぞいの、まず「峠の清水」をいただき

P5230100

『萩原口留番所跡』(説明文を読む)

その奧の”裂石”を見物、
想像をはるかに越える大岩が、パカッと割れていて実に迫力がある。

P5230106_20240527215601

きょうのルートは楽ちんである上、高原気分を味わえるし、のんびり登山にはぴったり。時期に応じていかようにもルートをく組める。三窪高原、かつての賑わいはないようで、もしかして穴場??。小鳥の声の賑やかな森でした。

(鈴庫山から)
P5230039

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (2)

柳沢峠~六本木峠~丸川峠~裂石

2024.05.11(土) 快晴

沢峠から水源林に入ると、いきなり緑の渦に巻き込まれた。
ブナ・ミズナラはもちろん、ダケカンバも。なにより多いのはカエデ類、

P5110034

ハウチワカエデはもちろん、芽吹きの赤っぽいイタヤカエデや・・、

P5110098

アサノハカエデの 薄緑の「花」も見られた

P5110033

足元も賑やか、シロバナエンレイソウは優雅に葉をくねらせているし、

P5110025

ヤグルマソウの赤茶の幼い葉はテカっている。

P5110065

花の終わったハナネコに今も盛りのツルネコ。コチャルメルソウはしゃんと背筋を伸ばしてる。

Img_1548_20240526205901

ミヤマカタバミと思ったが、コミヤマカタバミというのですって!

1611_20240526205501

道沿いの青いタチツボスミレがなにより美しかったけど良い写真が撮れない。
そうそう、ここはフモトスミレの宝庫

P5110115_20240526210801

休憩は、尾根上で巨木たちと過ごす。眼も、耳も、鼻も、肌も、解放されていく。

Img_1573_20240526210201

鹿柵から出ると巡視路の雰囲気が変わる。ノーメダワあたりと似てるかも~ 相変わらずコケ苔イワ岩、 源頭地形にふさわしい花が次々と・・

P5110148

六本木峠に12:00着、ランチは柔らかな起伏の一角にていただく。そこは背の高い木々が大きなドームを作っている。こんな穏やかな時間の中に自分がいる・・

P5110193

この辺の石を利用したのか?。

P5110208

岩を積み上げたようなピークは「天庭峠」。

P5110231_20240526211201

そのさき、容姿端麗な大ブナが鎮座する

G_20240526211201

三角点は地味に置かれていた。さらに尾根上をゆくと割れた大石にであった、木戸石ってこれ? 

H_20240526211201

丸川荘では、代替わりした方が木の上で、チェーンソー作業中。その時
小屋に戻られた小柄なオジサンは、25年前にお会いした元小屋番(只木さん)。ゲジゲジ眉毛は真っ白になったけど。今日たまたま上がってこられた。

P5110272

25年前と同じに、木彫りのミミズクを購入した

Dsc_0007b_20240526211901

小屋の前で絵を描いていらした「山の絵描き」中村好至恵さん。
山でバッタリは なんと2度目だ。
別れは惜しいけどもう4時前だし、そろそろ下りねば。

P5110277

久しぶりな裂石までの道、たった1時間半がんばるだけと思ったけれど、ホンマに急だで難儀した。

P5110287

岩場には黄色のツルキンバイがてかてか光る。
そして大ブナや、

P5110304

大オノオレカンバがすっくと立つ。

P5110314

やがて沢音が聞こえ、下に堰堤が見えた。道なりに林道に下り、しばらく歩いて徒渉をし、ひと登りで駐車場に出た。

P5110331

ホッとしてタクシーコール。でも「タクイーは出払っているって!?」
しかたなし、裂石18:30最終便に乗るべく、歩くとしましょう。

P5110335

裂石バス停に到着したのは、20分待ちのちょうど良い時間だった。

中央線に乗ったころ、車窓の景色が暮れなずみはじめていた。
今日は十分に山と遊ぶことができました、ありがとうございました。

Img_1620

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (0)

秩父よき町❀よき山美ノ山

2024.05.09(木)どん曇から快晴

昨今の天気は急変する。今朝はどん雲りで冷え冷えとしている。

P5090216

西武線から西武鉄道お花畑での乗り換えの待ち時間は30分以上、自販機の飲み物はすべて"冷"だし、店は準備中だし、でも駅ソバはやっている。仲間と「一杯のかけうどん」を分け合い 人心地がついた。

P5090218

お待ちかねの秩父鉄道はすてきな電車。ガタゴトなつかしい音を立てながら、親鼻駅に到着。

P5090220

関東ふれあいの道の美ノ山登山口スタート。一気に里山に変わる。コナラやエゴノキの新緑が、優しく山を包んでいる。

P5090250_20240519162501

所々、ウツギのほんわか白い花。足元には点々とギンランの花。みんなウキウキとして、えがおが弾ける。

P5090252

山頂は思ったより遠そうだけど、空の一角が青くなり、みるみる晴れてきた。
あ、雲が切れ山々が姿を現す。そして、美ノ山園地の一角の展望台では、両神山までは姿を見せた。奥秩父の山々はまだ雲の中。

P5090265 」

風が冷たいので少し先の広々とした芝地にてランチ。「桜の美ノ山復活・・」

P5090272

食後、公園中心部に向かってゆっくり歩く。見事な花を咲かせたツツジが次々現れる。少し前なら、埋もれるほどのツツジ苑かな?

P5090277

大きな電波塔(美ノ山山頂)の脇をすり抜けると、すてきな庭園に出る。360度の展望台にも上って大きな景色を満喫。公園は整備が行き届き、地元の力の入れようが伝わってくる。

P5090287

下山は下山(しもやま)集落に。今までとはうって変わった普通の山道をジグザグ下る。どこまで下っても続くジグザグ。道は鬱蒼とした木立に包まれ展望がなく飽きてきた。暑いし・・・

P5090291

やがて竹林になり、屋根が見え畑が現れ、下山集落に到着した。
次は和銅掘削跡地だ。和同開珎の和銅がこの地で採掘されていたなんて、全然知らなかった。思いも寄らぬ事だ。奈良時代からこの地は全国に知られていたのか!

P5090297_20240519165301

実際の採掘場とされる所は、何の変哲も無い暗い川筋だけど、傍らに立てられた和同開珎のモニュメントが、ちっとも大袈裟には思えない。

P5090307

本来なら、和銅採掘と深いつながりのある聖神社には詣るべきだった。でも暑いし面倒くさくなって、スルーしてしまったのだ。

帰りの西武鉄道は、たまたま「秩父ジオパークトレイン」、車内にはチチブクジラとかチチブサワラ等の説明があり、楽しい。

P5090328

そうか、銅とかの鉱物が採掘されるということは、秩父の火山活動の結果だし、化石などの発見とも無関係ではないか…などと、ロマンが広がろ。シロウト考えだけど古代からの秩父の繁栄とつながっているような、脈々と流れる歴史・・。

P50903291_20240519170401

西武秩父駅ではお土産もバッチリ購入、順調に電車を乗り継ぎ帰宅した。
秩父の莓「あまりん」は 甘い中に爽やかな酸味が絶妙でした ☆

P5090321

 

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (4)

春は上越・霧ヶ岳

2024.04.27

GW前半は恒例の上越の霧ヶ岳(507m)です。

ちなみに 2023 上越へ恒例の山菜探し花探し: 青空に雲が光る (air-nifty.com)
     2022 恒例の山菜採り: 青空に雲が光る (air-nifty.com)

1522fcad1139a6353d89cb71a53ad44f

今年は雪が少なく、道中の芽吹きはどんどん進んでいました。

ゆあみ口から登山開始。すでに山菜用の眼になっていますので、山菜以外は眼に入りません。送電塔台地で、まずウドとワラビの上物をゲット

急登もなんのその、元気に進んでいきます

P4270019
道中のユキツバキ

まずお目当てのササ地帯でひとしごと済ませ
さえずり広場で軽食をいただき、ワラビやイタドリを少し摘みました

沢は、すっかり荒れてます、お目当てのモミジがサがすっかり育ち諦めです

P4280049

去年のここは足の踏み場もないほどのカタクリだったのに。。。

P4280054

青葉のトンネルに変身 でもよく見ると
オオイワカガミです
P4280063

山頂にでました。越後三山に雪は殆どありません。

P42

急坂を小田島口に下ります。
毎年、雪で覆われている斜面は、カタクリ斜面に覆われ

P4280075_20240514173001

オオバキスミレもてんこもり。

P4280080

ああ、コゴミはすっかり育ちきってました。

P4280078_20240514173101

陽ざしいっぱいで気持ちよい春の景色。

P4280074

そうして無事下山。霧ヶ岳よ、今年もお恵みをありがとうございました。



では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ


 

 

| | コメント (0)

西山峠のニリンソウ

2024.04.23(火)

この春は暑くて半袖で過ごした翌日に セーターを着込むようなご乱調。
ついてゆかれません。うかうかしていたら「キンラン咲いとる」との噂あり、

きょうの道中にもキンランは ひとつみつ。。
P4230036

キンランを見に行くつもりが Pで友人ご一行とばったり。西山峠のニリンソウを見にいくというので行き先変更、途中までご一緒させていただきました。

ウワミズザクラ
P4230041

すっかり春の野草が出そろった道沿いの
ヤマツツジ
P4230033

ひとり取り残された感がして 内心あわてた。
ジュウニヒトエ
A_20240423174701

タツナミソウ
P4160118

そして西山峠のニリンソウは こんなお天気でしたが よいあんばい
P4230024

ニリンソウ
P4230025

ヤマブキソウ
P4230027

イチリンソウは見られなかったけれど、カキドウシの はかなげな紫に心うたれた
P4230029

友と分かれ,来た道を戻る道中のガクウツギ
P4230031

ムラサキケマンもここでは旬で
P4230043

ホタルカズラも
P4230037

えーと え-と コゴメウツギ????だっけ?
P4230040

イカリソウ
P4220016

ということで キンランは またの機会に・・

では またぁ   (^_^)/~
山域別レポ一覧は   あしあと へ

| | コメント (6)

«鯖街道 針畑峠と賤ヶ岳